ここから本文です
教育や宗教は基本ボランティア(ホスピタリティ)でしょ。 金儲けでウハウハの宗教や教育産業は消えろ!

書庫塾・家庭教師・教室

記事検索
検索

上三川町塾講師

>小山署は17日、自動車運転処罰法違反(発覚免脱)と道交法(救護措置義務)違反の疑いで、上三川町、塾講師日岐敏容疑者(31)を逮捕した。
逮捕容疑は、16日午前6時10分ごろ、小山市の路上を、酒気を帯びた状態で乗用車を運転し、信号待ちで停止中の同市、会社員少年(19)の普通貨物自動車に追突、少年にけがをさせ、車を現場に放置したまま逃走、付近の民家敷地に隠れて過ごすなどし、酒気帯び運転が発覚することを免れようとした疑い。
同署によると、同日午前9時40分ごろ、民家敷地への住居侵入の疑いで現行犯逮捕されていた。(15/6/17 下野新聞)

>警察の調べによりますと、日岐容疑者は、16日午前6時10分ごろ、小山市の市道で、酒を飲んだ状態で乗用車を運転し、信号待ちをしていた車に追突する事故を起こして男性に軽いけがをさせたうえ、飲酒運転を隠そうとその場から逃げたとして、「発覚免脱」とひき逃げの疑いが持たれています。
日岐容疑者は事故から3時間半後、現場から200メートルほど離れた住宅の駐車場で寝ていたところを住居侵入の疑いで警察に逮捕されていましたが、その後の調べで事故を起こして逃げた疑いが強まったとして、17日、再逮捕されました。
調べに対し、日岐容疑者は容疑を認めているということで、警察は、酒を飲んで車を運転した経緯などについて調べています。(NHK)


栄光ゼミナール navio自治医大校 室長

この記事に

開くトラックバック(0)

元英語塾経営者

>「ハワイへの留学をあっせんする」などとうそを言い、現金およそ110万円をだまし取ったとして、74歳の元個人塾経営の男が警視庁に逮捕されました。
詐欺の疑いで逮捕されたのは、東京・小平市の元個人塾経営・淺川肇容疑者(74)です。
淺川容疑者は、おととし3月から5月にかけて、葛飾区に住む会社員の女性(45)に対し、実在するハワイの大学の名前を挙げて、「息子(当時18)の留学をあっせんします」などとうそを言い、現金およそ110万円をだまし取った疑いが持たれています。
淺川容疑者は「私にお金を預けていただければ、ビザの申請や学校への支払い等は全てやります」などと話し、実際の応募書類に記入させ、信じ込ませていたということです。
「(淺川容疑者は)非常に温厚そうな、優しい雰囲気」(近所の住民)
取り調べに対し、淺川容疑者は容疑を認めたうえで、「だまし取った金で妻と一緒に3泊5日のハワイ旅行に行った」「自分の子どもの生活費に充てた」と供述しているということで、警視庁が詳しいいきさつを調べています。 (15/5/8 TBS)

>女性は浅川容疑者の塾に長女を通わせていたことから、長男の留学を相談。
浅川容疑者は旅行先のハワイで実在する大学の書類を持ち帰って女性に渡すなどしたが、ビザ申請などはしていなかった。
手続きが進まないことから、女性が今年3月、同署に詐欺罪で刑事告訴していた。(産経新聞)


この記事に

開くトラックバック(0)

雲母学園園長

>18歳未満と知りながら、15歳の少女にわいせつな行為をしたとして、京都府警は30日までに、児童買
春・ポルノ禁止法違反の疑いで、大津市の認定こども園「びわこきららこども園」の園長・熊本真季雄容疑者(37)=京都市西京区=を逮捕した。
府警少年課によると、熊本容疑者は1月17日、京都市伏見区のホテルで当時中学3年だった15歳の少女に現金2万円を渡し、わいせつな行為をした疑い。
「18歳以上だと思っていた」と容疑を否認している。
少女らの証言などから、熊本容疑者は昨年4月ごろから20回以上、未成年の少女を指定するなどし、紹介を受けたとみられる。
15歳少女は、「10回以上指名を受けた」と話している。
また、熊本容疑者が利用した売春クラブを約2年半前から営業し、少女を客に引き合わせ売春をあっせんしたとして、永(なが)敬介容疑者(26)=大阪市港区=ら2人が、同法違反(周旋)の疑いで27日に逮捕された。
永容疑者は容疑を認め、「熊本容疑者は常連客だった」と供述している。
あっせんしたのは、十数人とみられ、1人1回の行為につき、客は1万4000円〜3万円を支払っていたとみられる。
永容疑者はクラブを2012年10月ごろから営業し、5000万円以上の売り上げがあったという。(15/4/30 スポーツ報知)

>調べによると、熊本容疑者は、いつも未成年を指定し、2014年4月ごろから、20回以上買春を繰り返していたとみられている。
熊本容疑者は、警察の取り調べに、「年齢が18歳以上だと思っていた」と話し、容疑を否認しているという。
しかし、警察によると、熊本容疑者は、売春クラブと少女の年齢を確認するメールのやり取りをしていたという。(FNN)


学校法人雲母学園 熊本マリ子
京都きらら幼稚園(旧 洛北せいか幼稚園)
いわくらきららナーサリィ
びわこきららこども園

くま塾工房


この記事に

開くトラックバック(0)

高槻市私立保育園園長

>大阪府高槻市の私立保育園の女性元園長(62)が、給食の食材を購入する際に領収書を偽造するなどの手口を繰り返し、運営費約4900万円を着服した疑いのあることが20日、園を運営する社会福祉法人などへの取材で分かった。
同法人は今月15日に元園長を懲戒解雇し、刑事告訴も検討している。
同園は高槻市から補助金や運営費を受給。平成25年度には約1億7千万円が市から園に支払われていた。
同法人や関係者によると、元園長は給食の食材を発注した際、金額を大幅に水増しした領収書を偽造。
実際に支払った額との差額を着服していたという。
同市内のある業者との取引では、着服は20年4月から今年1月までの7年間にわたり、ほぼ毎月行われていたという。
実際の支払いは数万円だったのに、領収書には「数十万円」というように、額面に1桁を加える手口で計約3700万円を着服していたとみられる。
また、同市内の別の店舗との取引では、園の活動に無関係なブランド品や宝飾品、絵画などを「保育園用品」として購入していたこともあった。
さらに、園の公用車ではない車の整備費用を経費で支出した領収書も見つかったという。
同法人によると、元園長は30年以上前からこの園で勤務。
16年から園長を務めていた。園には出納担当の職員もいるが、経費の管理は元園長が実質的に行っていた。
職員の内部告発により不正が発覚。元園長は法人理事長に対し、領収書の偽造を認める一方、「すべて園のために使った」などと釈明したという。(15/4/20 産経新聞)

>同法人によると、元園長は1979年から勤務し2004年から園長。実質的に1人で会計を担当していた。
「園長になって2、3年後から着服を始めた。ブランド品の購入などに使った」と話している。
既に4500万円を返還したという。(スポニチ)


藤の里保育園


この記事に

開くトラックバック(0)

>JPホールディングスは17日、外部の弁護士などで構成する第三者委員会が、創業者の山口洋前社長によるパワハラとセクハラを認定したと発表した。
第三者委の報告書によると、山口氏は社長在任中、会社のフロア全体に響き渡るような怒声を発したり、物を投げつけたりして部下を叱責。社員旅行などでの性的言動も認められた。
一方、山口氏に比べ頻度は少ないが、現社長にもパワハラ行為があったとしている。
会社側は「山口氏が当社の経営に不適格であると相当程度裏付けられた」と指摘。
山口氏側の広報担当者は「そのような事実はない」と主張している。
同社は山口氏の要求で22日に臨時株主総会を開く。
山口氏は株主提案で取締役1人の退任などを求めており、会社側は拒否している。(17/11/17 産経新聞)

>山口氏は退社後の16年6月、自身にとって2度目の創業となる株式会社保育サポート(東京都新宿区)を設立し、子育て支援事業を立ち上げるが鳴かず飛ばず。
山口氏がJPHDから身を引いた後に手がけている社会福祉法人では、18年4月に東京都足立区で3園目の保育園設置を目指しているが、人材難から実現が危ぶまれている。
そうしたなかで山口氏はJPHDの経営権奪取を目指したのではないかと関係者は見ている。〜
山口氏側は委任状争奪戦で奔走しているが、JPHD社内ではこうした前社長による経営への関与や経営復帰の可能性に危機感が募り、保育の現場を預かる保育士たちが反対運動を展開。10月25日からの短期間で、2800名以上の保育士をはじめとするグループ従業員たちから、山口氏の経営への関与に断固反対するという署名と請願書が会社に提出された。〜(11/13 Business Journalより)

>本誌は関係者から、「JP社の社内調査によって出てきた」という複数の写真を入手した。
その中の1枚で、山口氏は両脇に若い女性社員2人を抱きかかえた満面の笑みで露天風呂に入浴している。
女性は浴衣こそ着ているが、身体に浴衣がぴったりと張り付き、太腿は露わになっている。
関係者によると、2014年2月、福井県の温泉旅館にて行なわれた社員旅行で撮影されたもので、ほかにも宴会場で別の女性社員と肩を組んでカラオケを共にする山口氏の写真などがあった。JP社はこれについて、
「どのような写真なのかわかりかねるため、回答はいたしかねます」としたうえで、
「第三者委員会による調査の対象は、プレスリリースで指摘した『重大なセクシャル・ハラスメント』に限定されるものではなく、これと関連性を有する事実も調査対象になっていると聞いております」と回答した。〜
一方の山口氏は個人代理人を通じて、「会社側に一度も認めたことはありませんし、被害者とされる方から訴えられているという事実もございません」とセクハラ疑惑を否定。写真についても「仲よく混浴風呂に入った1枚でしょう。女性はタオルなどを巻いていましたし、入浴を強要した事実もないため何が問題なのか分からない」と説明した。〜(11/12 週刊ポスト)

>JPホールディングス(HD)は17日、2015年に辞任した山口洋前社長に関するセクハラ問題を調査するため、弁護士による第三者委員会を設置すると発表した。
一方、筆頭株主の山口氏は9月下旬、取締役全員の事実上の即時解任を求めて臨時株主総会の開催を要求。対立は「お家騒動」の様相を呈してきた。
同社の発表によると、山口氏は社長在任中、女性社員に重大なセクハラ行為を行っていた。
山口氏本人も「問題となった行為の事実を認め、辞任する意向を示した」という。
山口氏はJPHDの創業者だが、15年2月の退任発表時は「体調不良による入院のための辞任」とされていた。(10/17 時事通信)


>志木市の認可保育園「アスク志木駅前保育園」で発生した集団嘔吐で、県は8日、外部業者が園内で調理した給食で発生したノロウイルスによる食中毒が原因だったと発表した。
朝霞保健所は同日、給食業者「ジェイキッチン」(名古屋市)に対し同園での3日間の給食停止処分にした。
県食品安全課によると、同園で4日昼に給食を食べた園児28人と職員7人のうち、1〜3歳児14人と20、40代の職員6人の計20人が嘔吐や下痢を発症。
園児ら7人と調理担当者1人からノロウイルスが検出された。(15/3/9 産経新聞)


>ジェイ・プランニング(名古屋市、山口洋社長)が2000年から昨年にかけて受給した国の雇用対策助成金のうち、約3300万円が不正受給に当たるとして、愛知労働局などが支給を取り消していたことが3日、分かった。
同社は今年1月、取り消し分を返還した。
不正受給したのは、厚生労働省や同省の外郭団体が支給する3つの助成金。
いずれも、職業安定所の紹介を受けた雇用や異業種進出に伴う雇用など、一定の条件を満たした場合に支給される。
愛知労働局などによると、同社は求人誌で募集した母子家庭の母親ら24人に、採用後になって職業安定所の紹介を受けさせ、「特定求職者雇用開発助成金」約877万円を不正に受給。
同様の方法などで「新規・成長分野雇用創出特別奨励金」910万円を不正受給した。(03/2/3 共同)


JPホールディングスグループ
日本保育サービス(アスク保育園)
ジェイキッチン
ジェイキャスト
ジェイプランニング販売
四国保育サービス
日本保育総合研究所

この記事に

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事