ここから本文です
教育や宗教は基本ボランティア(ホスピタリティ)でしょ。 金儲けでウハウハの宗教や教育産業は消えろ!

書庫塾・家庭教師・教室

記事検索
検索

熊本市塾講師

>学習塾で講師をしていた男が女子生徒への強制わいせつ容疑で警察に逮捕されました。
男は授業のない日曜日に生徒を教室に呼び出し犯行に及んだということです。
逮捕されたのは事件当時、熊本市中央区の学習塾で講師をしていた太田敬一容疑者(42)です。
警察によりますと、太田容疑者は2月1日、当時勤めていた学習塾の教室でこの塾に通っていた女子中学生に背後から抱きついたり、体を触ったりするなどのわいせつな行為をした疑いです。
事件当日は日曜日で授業はなく、太田容疑者は個別に指導をすると言って生徒を呼び出し、教室で犯行に及んだということです。
生徒から話を聞いた家族が警察に被害届を出し、警察が10日逮捕しました。
調べに対し太田容疑者は「いけないこととはわかっていたが魔がさした」と供述しています。
事件後、太田容疑者は勤めていた学習塾を解雇されています。(15/3/10 TKU)

>逮捕容疑は2月1日午前10時半ごろ、勤務先の塾で、個別指導していた中学の女子生徒を背後から抱きしめるなど、わいせつな行為をした疑い。
熊本東署によると、太田容疑者は「魔が差した」と供述している。
女子生徒から話を聞いた保護者が熊本東署に被害届を出した。
ほかの生徒への被害は確認されていないという。(共同)

>熊本市を中心に展開する学習塾の元講師で、施設の1つの責任者を務めていた男が、先月、塾に通う女子中学生に抱きつくなどしたとして強制わいせつの疑いで逮捕されました。
逮捕されたのは熊本市を中心に展開する学習塾の元講師で中央区にある施設の責任者を務めていた太田敬一容疑者です。
警察によりますと、太田容疑者は、先月1日自分が受け持つ施設内の教室の1つで、塾に通う女子中学生に抱きつくなどしたとして強制わいせつの疑いが持たれています。
この日は、塾の授業はありませんでしたが、被害者の女子生徒が太田容疑者に、前もって勉強を教えて欲しいと伝え、教室で待っていたということです。(NHK)

この記事に

開くトラックバック(0)

福井予備校理事長

>福井市内の予備校の一室で女子生徒の体を触るなどしたとして準強制わいせつの罪に問われた予備校の元理事長に対し、福井地方裁判所は9日、無罪を言い渡しました。
無罪となったのは、福井市にある福井予備校の松田正人元理事長(50)です。
柔道整復師の資格を持つ松田元理事長は、平成25年12月30日、予備校の一室で当時18歳の女子生徒に対し、施術を装って胸や下腹部を触ったとして準強制わいせつの罪に問われていました。
元理事長は一貫して無罪を主張し、裁判では、被害を訴える女子生徒と、この部屋に泊まりこんで勉強していた男子生徒の証言の信用性が争われていました。
9日の判決公判で福井地裁の及川勝広裁判官は「女子生徒の供述には信用性に疑問があり、証明するに足りる証拠はない」として元理事長に無罪を言い渡しました。
会見を開いた元理事長は「正しい判断をもらって安心した。警察や検察は起訴前の捜査を慎重に行ってほしい」と話しました。
一方、福井地検の岡本貴幸次席検事は控訴するかどうかについて「判決内容を精査し、適切に対応したい」とし、また県警捜査一課の佐孝滋次席は「警察として答える立場にない」と文書でコメントしました。(15/12/9 福井テレビ)

>判決で、福井地方裁判所の及川勝広裁判官は「被害者の話は、事件があったとされる日に現場の部屋にいたという男子生徒の証言と矛盾する点がある」と指摘しました。
そのうえで「男子生徒が偽証をしてまで、元理事長に有利な証言をするとは思えない。被害者の話は信用性に疑問があると言わざるをえず、犯罪が行われたとする証明がない」として無罪を言い渡しました。(NHK)


>予備校の一室で女子生徒にわいせつな行為をしたとして、福井県警福井署は4日、予備校の元理事長松田正人容疑者(49)を準強制わいせつと監禁の疑いで逮捕した。
松田容疑者は柔道整復師の資格を持っており、「整体だった」と容疑を否認している。
同署の発表では、松田容疑者は、福井予備校(同市宝永)の理事長だった昨年12月、10歳代の生徒を空き部屋に呼び出し、胸を触るなどした疑い。
今年1月、生徒の親が同署に被害を相談。松田容疑者は今月3日付で、理事長を辞職した。(14/12/4 読売新聞)

>逮捕容疑は昨年12月ごろ、当時理事長をしていた福井予備校(福井市)の一室に整体の施術名目で、県内の高校に通う女子生徒を呼び出し、胸を触るなどした疑い。女子生徒は予備校に通っていた。
福井署によると、松田容疑者は「整体の施術行為だった」と容疑を否認している。
松田容疑者は柔道整復師の資格を持っているが、女子生徒は施術を頼んでいない。(共同)

この記事に

開くトラックバック(0)

糸島市幼稚園教諭

>福岡県警糸島署は19日、小学生の女児を撮影したとして、強制わいせつ容疑で幼稚園教諭、稲毛智史容疑者(30)を逮捕した。
逮捕容疑は、7月13日午後、市内で女児に声を掛け、シャツをめくり上げて携帯電話で撮影したとしている。
糸島署によると、2人に面識はなかった。
女児から話を聞いた親が110番した。(14/11/19 産経新聞)

>警察によると稲毛容疑者は、今年7月、糸島市内で小学生の女の子に声をかけて、その後、シャツをめくって携帯電話で裸を撮影した疑い。
女の子から話を聞いた母親が警察に通報して事件が発覚し、警察は付近の防犯カメラの映像などから稲毛容疑者を特定した。
警察の調べに対し、稲毛容疑者は「間違いない」と容疑を認めているという。(NNN)


この記事に

開くトラックバック(0)

奈良県塾講師

>携帯電話で女性のスカートの中を盗
撮したとして、奈良県警奈良西署は18日、県迷惑防止条例違反容疑で、奈良市、塾講師、代古(だいご)克巳容疑者(45)を逮捕した。「撮りたかったから盗
撮した」と容疑を認めている。同署によると、代古容疑者は女性客に犯行を目撃され、
駅員から問い詰められた際、ホームから線路に飛び降りて逃走。
約100メートル走ったところで取り押さえられた。
電車の運行に影響はなかったという。
逮捕容疑は17日夕、奈良市の近鉄大和西大寺駅で、ホームから改札に向かうエスカレーターに乗っていた女性の後ろに立ち、スカート内を携帯電話で動画撮影したとしている。(14/11/18 産経新聞)


この記事に

開くトラックバック(0)

>福島県警郡山署は17日、経営していた保育園の園児に対しわいせつな行為をしたとして、強制わいせつなどの疑いで、福島県郡山市、元保育園経営の無職小林洋一容疑者(37)を再逮捕した。
再逮捕容疑は、10月中旬ごろ、自分が経営していた保育園内で、園児にわいせつな行為をし、その状況を携帯電話のカメラで撮影した疑い。
容疑を認めており「児童に興味があった」などと話しているという。
郡山署によると、小林容疑者は、保育時間中にわいせつ行為をしていたという。
保護者からの被害届はなかった。
小林容疑者は10月20日、経営していた保育園の別の園児に対し、わいせつな行為をしたとして、強制わいせつなどの疑いで逮捕、起訴されている。(14/11/17 共同)

>福島・郡山市で、保育園の経営者が、預かっていた園児にわいせつな行為をしたとして逮捕された。
強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、郡山市内で保育園を経営する小林洋一容疑者。
警察によると、小林容疑者は先週の保育時間中に、ホームセンター内のトイレで、預かっていた園児に対し、わいせつな行為をした疑いがもたれている。
調べに対し、小林容疑者は、容疑を認めているという。
園児の保護者からの届け出により小林容疑者の犯行が発覚したもので、警察が犯行の経緯や余罪についても慎重に調べを進める方針。(10/20 NNN)

>郡山署は20日午後3時10分、強制わいせつの疑いで郡山市の認可外保育施設園長小林洋一容疑者を逮捕した。
逮捕容疑は今月中旬ごろ、同市のホームセンターのトイレで、小林容疑者が園長を務める市内の施設が預かっていた園児に、わいせつな行為をした疑い。
同署によると、園児の両親から「子どもがいたずらされた」と同署に届け出があった。(福島民友ニュース)

>同署によると、小林容疑者は保育時間中に園児を連れ出し、わいせつ行為をしたという。
保護者から被害届が出され、発覚した。
郡山署は、動機などを詳しく調べている。(共同)


この記事に

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事