気まぐれ日記

日々行っていることを書いています。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
キハ183−0番台 カツミ HOゲージ

購入したキハ183 カツミを観察?んんんん・・・・
新特急色どちらが正しい塗り分けでしょうか?
検索してもよく分かりません。
イメージ 1
前面へのラインも長さが異なります。

イメージ 2
手前はブラウンが繋がっています。
検索ではブラウンが分かれている方が写真であります。


手前は組み立て品?しかし、塗装のやり方が全く同じです。
組み立て品だと塗装の厚みが薄いのが多いので、組み立て品では無いような感じです。

どちらにしろ、手前は塗装の傷が激しいので剥離します。
とかち色に塗り替えます。

剥離したらアップします。



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

キハ40 HOゲージ

↑クリック 1つ前のブログの車両は以前紹介した。可哀そうな車両です。
イメージ 1

酸化膜を落とし
イメージ 2

イメージ 3
左は渡り板を取り付け塗装しています。
右が 酸化膜除去→プライマー→白サフまで行いました。
ライトレンズ除去を忘れていました。
屋根のベンチをもぎ取られた部分の見た目は何とかなっています。
イメージ 4

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ブラス気動車 キハ40 下地処理 HOゲージ

下地処理剤はエスクリーンを使っています。

ここの方から拝借しました。👇クリック
助かります。ありがとうございます。
イメージ 1
イメージ 2
酸化膜などが取れるとこんな感じです。
この後、#1500番まで研磨します。

https://item.rakuten.co.jp/sasaki-c/s-800fr/ ☚エスクリーン購入先

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ブラス気動車 キハ40-100 北海道 HOゲージ

キハ40-100 フジモデルキット組み立て(右)と
キハ40-100 エンドウ完成品(左 MP片側駆動)と比べます。
イメージ 1
光沢クリアを吹いていないだけで色は遜色ありません。
これから渡り板を取り付けます。

イメージ 2
正面を比べるとフジモデルは幅が広いかなという感じです。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

キハ183 マイクロ HOゲージ 8

キハ182 とかち色塗装終わりました。
イメージ 1

キハ183−0番台 4両編成が揃いました。
イメージ 2
キロハ182加工は、屋根上機器がまだ残っています。


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事