「スーツフェア」

efg storeでは、『テーラーefg』スタートを記念しまして、月末まで「リングヂャケット」及び

「オーダースーツ、ジャケットフェア」を開催しております。

スーツ、ジャケットをお作り頂いたお客様には、上着の衿を飾るブートニエールを

進呈しております。
                    efg store

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

「ハリソン再入荷」

完売しておりましたハリソンのスリッポンソックスが再入荷しました。

とにかく、脱げにくく、靴の中でもずれない。

そのクオリティーは自信を持ってオススメできます。

1,000円で買える名品はいかがでしょう。

                          白頭


イメージ 1




この記事に

開く コメント(0)

efgオリジナル仕様にしたドレスシャツのゲージサンプルが届き『オーダーシャツ工房efg』整いました。

ケージサンプルを着て頂き細かいサイズ、ディテールなどを修正いたします。

生地もトーマスメイソン、カンクリーニ、アルビニ、リバティなどのインポート、上等な国産生地約500種類から

選べます。値段は8,500円〜20,000円。

オーダーシャツは、たくさんのエリ型、豊富なオプションがあり、カッコよくもなれば悪趣味にもなります。

ある意味、店の次第でしょうか。ご注文から2週間で仕上がります。

                                                   白頭

イメージ 1
イメージ 3
イメージ 2



この記事に

開く コメント(0)

スプリングコートのレザーシリーズに新しくパンチングレザーが加わった。

最近は全く流行ってないので、履いてる人もほとんど見かけない。

むしろそれが良くて提案している。

履き心地もローテクスニーカーにしてはすこぶる良い。

この力の抜けたフォルムがefgのスタイリングには欠かせない。
                                               白頭


イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

「黒いスーツ」

男服には必ず持っていなければならない物がある。

冠婚葬祭に使う黒いスーツ。

持ってなくてダークネイビーとかチャコールグレーを葬儀に着て行くと、はっきり言って恥をかくことになる。

「違うだろ〜違うだろ〜ボケ!」と豊田議員がいたら面罵されるだろう。

今すぐ必要でないと言われる方もおられると思うが、急に必要になることもある。

テーラーefgでは、一着でほぼ通年着れるよう、目付260gの生地を何種類かご用意しております。

                                                                白頭

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

ジャミのニットベスト、愛用者の多いスロウガンの大人のスタジャンの中にもオススメ。

スタジャンを脱いだ時にシャツ一だとちょっとさびしい。それにベストを着れば真冬でも大丈夫。

ちなみに、ジャミーソンズを扱う輸入代理店は複数あるが、代理店によって値段も違う。

どうやら、ウチのお付き合いさせて頂いてる代理店の20,800円は最安値のようだ。

                                                          白頭

イメージ 1

イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

「即戦力」

この季節、ブログで紹介するモノが暑苦しいと思われるお客様もおられると思う。

そこで、たった今入荷の即戦力のご紹介。

秋のシーズン初めから重宝するスロウガンの比翼シャツ。

ワシは個人的に普通のシャツをアウター替わりに羽織るのは好きではない。

スロウガンの比翼シャツは、比翼仕立てでサイドポケットも付いており、羽織り物としてTシャツの上に

CPOっぽくサラリと着れる。小寒くなってきたらベストのインナー使いやコートのインにも丁度良い。

チェックと無地で4色。22,000円と19,000円。
                                                      白頭


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

この記事に

開く コメント(0)

いかにもスコットランドらしい製品、素朴な質感が国民性を表しているような、

もちろん、行ったことも会ったこともないのだが…。

1893年から作り続けられているジャミーソンズのニットベスト。

代表的なフェアアイル柄と一見らしくないイタリアっぽい柄を選びました。

シャツに合わせて着て下さい。とても暖かいです。

メンズウェアの世界では定期的に必ず来る英国ブーム、英国調。今年でしょうか。

ある意味全ての紳士服のルーツとなった国なので特段意識することもないでしょうが。

ジャミのニットベストは、ブルゾン、コート、ジャケットなどのインにオススメです。

パンツを今どきのモノと合わせて頂くと、より洗練された着こなしになります。

ジャミのニットベストと好相性のツイードやフラノのジャケットもテーラーefgにてオーダーいただけます。

                                                               白頭


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3



この記事に

開く コメント(0)

「ストライプ柄の…」

オーダースーツの値段は、生地代と仕立て代で決まる。

efgでは58,000円〜128,000円で御紹介しておりますが、店によっては有名な生地を使い安い仕立てで

売っているが、ワシとしては生地も重要ではあるが、むしろ仕立ての方が重要だと思う。

テーラーefgの仕立て方は一種類なので、58,000円でも78,000円でも88,000円でも128,000円でも同じように

オススメ。お客様が値段にとらわれず選べればいいと思う。

スーツに多い柄といえばストライプ。オススメのストライプを値段ごとに並べてみた。
                                                              白頭

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

この記事に

開く コメント(0)

「ANDALSの靴」

何ですかこれは?の第2弾。

スペインのアンダルシア地方で作られる『ANDALS』の靴。

元々、18世紀に伐採されていく山々を守るために始められたアンダルシアの狩猟。

このラストは、ハンターたちの足を守る為に、機能、道具として生まれたそうだ。

その歴史は、ソールのイノシシの刻印が物語っている。

この独特のフォルム、力の抜けた雰囲気が、うちの店の提案する着こなしにも良く似合う。

普段履きできるグッドイヤーの靴としてオススメしたい。

そして、37,000円という価格はかなり良心的だと思う。

                                   白頭

イメージ 1

イメージ 2




この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事