本当に寒いですね。まだ11月だというのに、もう真冬のような寒さです。これだけ寒いと気分はダウンです。
ということで、今週のウインドディスプレイはダウンジャケットを使ったコーディネート。

ダウンジャケットは、スロウガンのALL JAPANマウンテンコートとDSカモマウンテンコート。オールジャパンというだけあって、全て日本製にこだわったダウンジャケットです。

表地は、世界的に評価の高い福井の第一織物の合繊とUSアーミーのデットストックのデジタルカモプリント。とても軽くて暖かく、デザイン、雰囲気も良いスロウガンならではの拘りのダウンジャケットです。ダウン専業ブランドとはまた違った魅力のダウンジャケットです。

インナーはセーターを、ボトムスはデジタルカモにはキレイ目なジーンズを、オリーブカラーにはホワイトラインのファーパンツを、オリーブにマスタードカラーのファーパンツが効いています。
靴は、サンダースのジョッパーブーツとパラブーツの名作アヴォリアーズを合わせました。帽子はキジマのウールのワッチキャップ。

スロウガンのダウンジャケットを使った、今週のウインドディスプレイの紹介でした。

                                                               英

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3



この記事に

開く コメント(0)

「ピレネックスの…」

ピレネックスのダウンジャケットで、一番人気だとワシが勝手に思っているのが、アヌシージャケット。

カラーは、ブラックとオリーブ。

デザインはもちろん良い、そして何より中に詰まっているダウンのクオリティーが良い。

それもそのはず、ピレネックスは1800年代からダウンを製造している会社です。

なので、MやCにもダウンを供給しております。

どんなに寒い日でもアヌシージャケットなら大丈夫だ。

ちなみにレトロなブランドマークも良い。

                                                    白頭


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3



この記事に

開く コメント(0)

11月トリプルフェアのご案内です。

まず、ワシも履き心地の良さとフォルムが気に入って愛用しております英国靴サンダース、
11月30日迄『サンダースフェア』を開催しております。ご購入頂きましたお客様には、お手入れグッズを進呈しております。

イメージ 1


そして、シャツ工房efgでは、ワシも楽しみにしておりました『トーマスメイソンフェア』を12月10日迄開催しております。トーマスメイソンとは、由緒正しい高級シャツ生地ブランド、肉に例えるならA5ランクの松坂牛のようなもの。通常\18,000〜\22,000なのですが、限定30柄については、刻印入り白蝶貝のボタン付き、オリジナルノートのおまけ付きで、\16,000でお作り致しております。

イメージ 2

イメージ 3


最後にテーラーefgでは、『注文服祭り』を11月30日迄開催しております。
英国「ホーランド&シェリー」、日本「葛利毛織」でスーツ、ジャケットをご注文頂いたお客様には、エリザベスパーカーのタイバーを。その他の生地でご注文頂きましたお客様には、ハリソンの名作ロングホーズソックスを進呈致しております。

イメージ 4


お時間ございましたらお気軽にお立ち寄りくださいませ。
                                            efg store

この記事に

開く コメント(0)

「チーフの新ネタ」

洒落たポケットチーフが届いた。ナポリのTEFE。

イタリアのチーフらしい色使い、シルクも肉感があり、表面を毛羽立たせたりと

冬物のジャケットやスーツに合わせてもバランスが良い。

イタリア製、6,800円。パッケージも面白い。
                                               白頭


イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

この季節限定、恒例のホワイトハウスコックスの2トーンカラーシリーズ〝ホリデイライン゛が入荷しました。

今年のカラーは、マリーン×イエロー、ブラック×マリーン、マリーン×レッドになります。

毎シーズン配色が変わるので、シーズンによっては不人気なカラーもありますが、

今シーズンは、どれも良い配色です。私が言うのも何ですが、売れそうな配色でまとめてます。

                                                          英

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

最近一番よく履く英国靴サンダース。

エクスクルーシブのジョッパーブーツは早速愛用している。

着用レポート、以前ワシが履いていたモデルと比べてみた。

まず、軽くて楽です。

履き心地が革底に近い感じがする。

ソールの返りが良い。

ソールの底の丸く突起している部分からの突き上げ感が無い。

元々履き心地の良い靴だが、更に履き心地が良くなり、より使える靴になっております。

                                                        白頭

イメージ 1

イメージ 2


この記事に

開く コメント(0)

英国の小さなダウン工房ピーターハッチソン。

非常に手間のかかる作り方をしているので、日本への入荷枚数も全モデルで数百着。

巷で人気のダウンブランドの何百分の一。

品質へのこだわりを保つにはこれぐらいが丁度良いとワシは思うのだが…

efgらしい商材です。今年は、カラフルなオレンジ、ターコイズブルーも素敵です。

                                                       白頭

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


この記事に

開く コメント(0)

大分寒くなってきたので、巻物が欠かせなくなってきた。

UKライダースの首元にオススメの巻物をまいてみた。

ジョシュアエリスのカシミヤマフラーにカメルッチのプリントストール。

ハードな印象のレザーライダースにエレガントな巻物を合わすのもefg的着こなしの一つ。

                                                        白頭

イメージ 3

                    イメージ 2 

イメージ 1

efg storeでは、HPのUKライダースのコーナーに出て頂けるお客様を募集中です。今までにルイスレザー、ジェームスグロースのライダースをご購入頂いたお客様、ご協力いただけましたら幸いです。
今度、店に来られる機会には、是非、ライダースで着て頂けると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

                                                           efg store

この記事に

開く コメント(0)

日本の繊維産業で日本に流通している日本製の洋服は全体で3%未満。

ニットに至っては1%を切っているでしょう。

コムアーチのニットは、ニットのスペシャリストTさんが、そんな日本の物作りの現状を憂い

日本の素晴らしい物作りを絶やしてはいけないと、志を持って一人で立ち上げたニット専門ブランドです。

今でも一人です。efgは、Tさんの意気に感じ、ブランド立ち上げから取り扱っております。

数シーズン経過し、物作りのグレードもさらにアップしています。

このタートルネックのセーターは、貴重な手横編み機のみでニットを作っている職人さんにより作られています。

素材も最高品質のスーパーエクストラファインラムを使用しております。それでいてお値段は良心的です。

日本最高レベルの物作りを、実物を見て、触って、感じて頂ければと思います。

                                                      白頭


イメージ 1

イメージ 2


この記事に

開く コメント(0)

アウターは、ミラレーンのワックスコットンを使用した英国ジェームスグロースのツーリングジャケット。

ナチュラルで味わいのあるセーターはハーレーオブスコットランド。

ボトムスは、スティルのベーカーパンツを、ユルメのリラックスしたベーカーパンツをコットンではなく

敢えてウールギャバでキレイ目に仕上げています。

靴はクラウンの英国製スエードデザードブーツ。

ワッチキャップとマフラーはスコットランド製のロバートマッキィ。
    
冬に向け、ワックスコットンのツーリングジャケットを使って、味わいと温もりのある雰囲気の中にも、

洗練された大人の着こなしをイメージしてみました。

                                                      英

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3



この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事