EFINKの なんか作ってるんですけどブログ

ネコミミとライトセイバーが大好きなよろずお絵描き職人EFINK(えふぃんく)がなんか作ったりしてるのを報告するぜ

スタデポスタ〜

実は今年に入ってから
趣味にほとんど時間を使っていないんだぜ。

この前ワンフェスに参加してきたけど、
それが今年初めて趣味に使った時間なんじゃないかと思ったくらいに
趣味に時間を使えていないんだぜ。

まあ去年の秋くらいからちょっと色々とピンチな状態に陥っているので
それの解消の為に色々と動いてると言う感じなんだぜ。



・・・そう思っていたら、
ひとつだけ趣味に時間を使っていた事があったんだぜ。

それは



スタデのポスター作り。




実はオレ様の部屋には自作のスタデポスターが貼られているんだぜ。

こんなの。
イメージ 1


SWクロニクルのスタデの項をスキャンしたものなんだぜ。


作ったのは約16年前。

大きさは68センチx90センチ。

出力サービスにこのサイズを注文すると高価なので
セブンのカラーコピーで拡大に次ぐ拡大を行い
それを継ぎはぎで貼り繋げていったという
セコさゆえの涙ぐましい努力によるシロモノなんだぜ。

確か製作費7〜800円くらい。

だからこのポスターを裏から見ると
メンディングテープの切り張り跡が確認できるんだぜ。



で、先述の通りこれを作ったのは16年前なので
いい加減くたびれてきたんだぜ。

そこでこれを新しく作り直す事にしたんだぜ。

それが、今年に入って唯一
ワンフェス前に趣味に使った時間だったと言うワケなんだぜ。



画像を見るとわかる通り、
スキャンしたものまんまなので
色にムラがあるんだぜ。

バックの黒が
左側が薄くなってるのがわかると思うんだぜ。

当時はどうも
取り込んだ写真を色調整しようと言う発想がなかったようで
そのままの状態でプリントアウトしてしまっているんだぜ。

スタデがポスターになるだけで十分嬉しかったと言う事なんだろうか。

まあその辺が今となっては気になるので
今度はその辺をしっかり修正したのを作ろうと思ったんだぜ。


どんなのが出来たかはまた後日レポするんだぜ。

スタデ制作記も止まったまんまだからいつになるかわからないけど(爆)。
おほほ。





業務連絡〜。

お二人のブログのコメントでも書きましたが
3月上旬に(4,5,11,12のいずれか)でミーティングしませんか〜。
お二人の希望日をヨロシク〜。

この記事に

開く コメント(17)

開く トラックバック(0)

きんがしんねん

あけましておめでとゴザます。

やっと年賀絵が完成したんだぜ。

全然更新してないのろのろブログですが
今年もどぞヨロシク。

イメージ 1


この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

相変わらずのノロノロ更新だけど、気長に進めて行くんだぜ。


さて、艦橋土台の前部分の出っ張りに移るんだぜ。


艦橋土台の前部分は上から見るとこんな感じなんだぜ。
右側が切れてるのは単に紙が足りなかっただけ(笑)なんだぜ。
でもここは左右対称だから特に問題ナシなんだぜ。
イメージ 1


ところが実はこれが結構ややこしい形をしていて、
垂直や直角が一切ないので割り出しも結構面倒だったりするんだぜ。


ひとまず側面部分を切り出すんだぜ。
イメージ 2


このように上面の角度をつけて切り出したんだぜ。
イメージ 3


一通り側面を切り出したけど、
形が微妙なのでしっかりどこのパーツかを書いておかないと
面倒な事になるんだぜ。
イメージ 4

このようにちゃんと右とか左とか書いておいたんだぜ。


接着したんだぜ。
角度が微妙でやりにくいったらないんだぜ。
イメージ 5


上面も切り出したんだぜ。
イメージ 6


上面を側面に貼り付けたんだぜ。
イメージ 7

普通こういう構造の時は
側面のパーツに乗せるように接着するもんなんだけど、
今回それをしてないのは
この上面パーツをゲージの代わりにしたからなんだぜ。

5ミリ板の全ての面に角度がついていて
更にそれが山型の構造だったりするので
その時の流れで考えた時にこうするのが一番楽だったんだぜ。


土台全面パーツが出来たんだぜ。
イメージ 8

でも実はこの後微調整で結構四苦八苦したんだぜ。
やはり垂直直角じゃないと色々面倒なんだぜ。


土台パーツに接着したんだぜ。
イメージ 9

おお、スタデの土台っぽくなってるんだぜ。



お次は土台の側面を作るんだぜ。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

遅ればせのDORO☆OFFレポ

DORO☆OFFが終わって早や二週間。

遅ればせだけどもうひとつDORO☆OFFレポなど。

いつもは人の作品紹介は他の方々に任せちゃうんだけど
今回は気が向いたので珍しく人の作品もレポしてみるんだぜ。

それほど撮ってなかったつもりだったんだけど
思ったよりかは撮影してたみたいだったんだぜ。

でも困った事にとにかくピンボケ率が高すぎて、
使えそうなものだけをチョイスする事にするんだぜ。

もうこの手の展示会の時は違うカメラ使わないと
オレ様の腕ではダメかも。


池田さんのデススターⅡ。
イメージ 1

デカいんだぜ。
水分農場組合で一度見た作品なんだけど、
やっぱりこのスケールは何度見ても圧巻なんだぜ。



ぴあさんのくまモン。
イメージ 2

下からのライティングのせいで若干怖い感じに(笑)。



ぴあさんの「ファースト・キス」。
イメージ 3

非常にラブリーな作品なんだぜ。
実はこの作品結構好きだったりするんだぜ。



SOLさんのスノースピーダーのジオラマ。
イメージ 4

もう見事としか言いようがないんだぜ。
超カッコいいんだぜ。



いそじマさんのザブングル。
イメージ 5

好き勝手にアレンジしてるとの事だけど、
このアレンジは結構好みなんだぜ。



個人的にツボだったohtoroさんのカウンタックLP500。
イメージ 6

スーパーカー世代的に嬉しいチョイスなんだぜ。



ohtoroさんのフェラーリ512Sとポルシェ917。
イメージ 7

この小ささで実に丁寧な仕事で超シビレるんだぜ。
正直、欲しいー!と思ったんだぜ。



フクイさんのAウイング。
イメージ 8

もう全てがカッコよく出来てるんだぜ。
Aウイングはもちろんの事、ベースもかっちょいいんだぜ。



ROKUGENさんのタイ・アドバンスド。
イメージ 9

ROKUGENさんの作品は、何と言うかエッジが立ってる感じがするんだぜ。
シビレるんだぜ。



ROKUGENさんのタイファイター。
イメージ 10

アドバンスドと一緒にロングで撮影すればよかったんだぜ・・・。


MASAKIさんの水没ジオラマ。
イメージ 11

オレ様MASAKIさんのこのシリーズすげえ好きなんだぜ。




そして、個人的に気になるスタデ作品群。

どろぼうひげさんとジルさんのビークルモデルスタデ。

こちらがどろぼうひげさんの。
イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14


こちらがジルさんの。
イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

うぬおぉーあんな小さいのにどうしてこんな電飾出来るんだ!?
とは思いつつも、いずれはオレ様も挑戦せねばと思ってるんだぜ。

ちなみに、同じモデルながらやはり違いがあって
こんな小さなモデルでも作り手によって個性が出るのは面白いんだぜ。



そしてぎゃんご・ふぇっとさんのスタデ。しかも I 型。
イメージ 18

イメージ 19

ディテールの正確さよりもMPCらしさを生かした作りになってるんだぜ。
MPCがここまでカッコ良くなればもう言う事ないんだぜ。

しかもご本人Mk I 改修型をちゃんと意識してるのがニクイんだぜ。
イメージ 20

ぎゃんご・ふぇっとさんは
オレ様が迷っている箇所に関しては左右対称を選択したようなんだぜ。
わかりやすいのは艦橋土台横部分にある4連砲塔。
プロップは右側 (この写真で言うと左側) の部分に支柱が刺さってるので
ここをどう処理するかは作り手次第なんだぜ。

全体のスジ彫りがキレイに決まってて、見てて気持ちいい作品だったんだぜ。


てなワケで、
何とか使える写真による今年のDORO☆OFFレポですた。

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

DORO☆OFF自スペースレポ

遅ればせながらDORO☆OFF自スペースレポなどお送りするんだぜ。


まずはオレ様の紙スタデ。
予告通りやっと楔形を披露できる状態になったんだぜ。
イメージ 1

まあ、とにかくデカいんだぜ。
全長は約90センチ。

ところが、今回展示してみて気づいたんだけど
なんだか全体的にフォルムがどこか寸詰まりな印象があるんだぜ。

このスタデはプロップの9割程度の大きさなんだけど
90センチになってしまったのはホントはむしろオーバースケールのハズなのに
寸詰まりに見えるのはどこかおかしいんだぜ。

クロニクルによればスタデMk1のプロップサイズは
46x91x46との事だけど、
高橋清二さんのプロップ再現モデルとの比較からしても
オレ様のがプロップよりも小さいことは明らかなので、
オレ様の割り出し方が根本的におかしい可能性が出てきたんだぜ。

まあ最初は艦橋だけの予定だったし
結構テキトーにやってきたのでそれがいけなかったようなんだぜ(笑)。

その辺に関してはいずれ調べていくと言う事で。


セイバー二本。
イメージ 2

今回のセイバーは、
ベイダーのは3年ほど前に展示したものそのままなんだけど、
ROTJルークV2も数年前に展示したものではあるものの
新しいディテールが判明したので部分的にパーツを入れ替えてるんだぜ。

「ネジの解釈をP&Sのものをあえて残したまま」 とプレートには書いたけど、
実は単純にその部分を作る余裕がなかったんだぜ(爆)。

まあでもそのネジ部分は陰になって見えない位置にあるので
誰も気づかなかっただろうから別にいいや(笑)。

詳しい解説をしたい所だけど、今回は割愛。



ケンケンさんのスペースなんだぜ。
イメージ 3


ケンケンさんの戦士の銃。
夢工房宝島の殿手ver。
イメージ 4

イメージ 5


今回のケンケン作品の目玉、レイのブラスター。
イメージ 6

イメージ 7

銀SUNが大活躍。
もう金属にしか見えないんだぜ。
さすがは銀SUNマスターなんだぜ。


奥にこっそり置かれていたネビィラさん原型の戦士の銃。
実物を見ると巨大なんだぜ。
イメージ 8



カムロさんのスペースなんだぜ。
イメージ 9


カムロさんの遊べるR2と3-PO。
イメージ 10

去年はR2のみだったけど今年は3-POが加わりいい感じに。


カムロさんのフラップター、というかドーラ。
イメージ 11

本人曰くフラップターはフィギュアの為のベースなのでオマケとの事なんだぜ。


カムロさんのホバギー、というかラグ。
イメージ 12

本人曰くホバギーはベースなのでオマケとの事なんだぜ。


カムロさんのカイに乗るナウシカ。
イメージ 13

本人曰くカイはオマケ・・・とは言ってなかったんだぜ。


カムロさんのナウシカのラストシーン。
イメージ 14

カムロさんの自レポートの写真が「おわり」にピントが合わなかったの対して
こちらはザクの頭にピントが合ってないんだぜ。


カムロさんの作品はパンデモニウムとガミラス艦もあったんだけど、
ピンボケでダメダメだったので割愛させていただくんだぜ。





電飾ターイム。

イメージ 15

今回の電飾で今までのお城ライティングから行燈ライティングに変更。
こちらの方が紙で作ってある事がアピールできるので
閲覧者にも紙製である事をわかってもらえる事が判明したんだぜ。

ちなみにこれはカムロさんのアイディア。
カムロさんに超感謝なんだぜ。



前から見るとこんな感じなんだぜ。
これはホントにプラでは出来ない電飾なんだぜ。
イメージ 16


上から見るとこんな感じ。
イメージ 17


セイバーは内側の方を光らせてシルエットで楽しんでもらう形にしたんだぜ。
イメージ 18



カムロさんの電飾タイム時の展示なんだぜ。
イメージ 19


ケンケンさんの電飾タイム時の展示を撮影してなかった・・・。
申し訳ないっす。



てなワケで、DORO☆OFF自スペース編ですた。

この記事に

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事