生涯現役ランナー!死ぬまで走るぞー!!

年中夢求な熟年ランナー「egaさん!」の練習日誌で〜〜す!

がんばろう、熊本!西原村に行きました!!

イメージ 1

10月17日(火)、今日の練習は、朝5時半過ぎから、筑後川コースを傘をさして、30分のウォークだった。
今日で、3日連続の雨だったので、さすがにウンザリしたが、植物たちにとっては、恵の雨だと思っている。

さて、昨日の月曜日のことだが、「ろうきん友の会」のバス旅行で、熊本県阿蘇郡の西原村に行ってきた。
その目的地は、西原村の俵山交流館「萌の里」と、隣のコスモス園だったが、雨で、景色がイマイチだった。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 15

まあ、コスモスだけだったら、地元のJR神埼駅北のコスモス畑は、とても綺麗で、テレビでも有名になっている。
ここの西原村は、熊本地震の被災地だが、佐賀県全体が復興のお手伝いをする「担当市町村」になっている。

佐賀県内からも多くの行政の職員が入って、復興の手助けをしているので、我々も援助金を持参して行った。
そして、私は、生まれて初めて、「復興住宅」を見たが、4つの自治会があり、その数の多さにとても驚いた。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

そこの被災者から、生の声を聴いたが、佐賀でも震度「5」を記録しているので、とても恐い体験が蘇った。
西原村の復興になるように、交流館(物産館)で、昼食をとり、お土産を沢山買って、少しのお手伝いをした。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 11

イメージ 14

なお、私が、「萌の里」で買った、リストは・・・中玉トマト、黒糖パン、味パン、くまもんバター、馬肉の燻製2個、 地域限定コカコーラ、花苗5個他・・・と、頑張って買ったので、地域振興に少し?役に立ったと思うのだが!?

しかし、被災者の"生の声"で、印象に残ったのは、水&食料は、最低1週間分を用意して置くこと!だった。
そのことは、被害の無かった我々も実践できることなので、何とか準備をして置きたいと思ったしだいだった。

私の住む、筑後川下流域でも、昭和28年に大水害が発生して、2階の窓から出入りをしていたらしいのだ。
のど元過ぎれば・・・の格言に従い、何時被害に災害に会うか分からないので、油断なく過ごして行きたい。

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事