いいじお日記

昔あるところに「egeo:いいじお」と称する地質調査屋がおったと。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全258ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

望月氏のABC予想「証明」、独創的すぎて数学者も苦闘

この記事に

開く コメント(0)

賢い人がいるものだ

外れ馬券、大量購入継続なら「経費」認める 最高裁


問題になったのは、週末を利用して馬や騎手の特徴を独自に分析し、馬券を購入していた北海道の40代公務員男性のケース。2005年から6年間で約72億7千万円分を購入し、約5億7千万円の利益を得た。

この記事に

開く コメント(0)

good

プーチン大統領、ドーピング問題「ロシアにも一部悪いところがあった」ドゥボルコビッチ副首相は「(個人資格での参加でも)私たちは選手らがロシアを代表すると知っているのだから(五輪に)行く価値がある」と述べた。

http://www.sanspo.com/sports/news/20171207/oly17120700530001-n1.html


この記事に

開く コメント(0)

みっともない。
ある程度の範囲で連続性のない降下火山灰なんてないから、ねつ造したんでないの。

泊原発、地震想定が白紙に 「活断層なし」立証できず

北海道電は2013年に申請した再稼働の審査で、敷地内に断層が複数あることは認めている。ただ、これらは泊1、2号機を建設した当時の掘削調査で見つかった約20万年前の火山灰の層を横切っていないため、動いた時期はそれより古く、活断層ではないと評価。規制委も了承した。
 一方、規制委は、火山灰の層がそこでしか確認されておらず、掘削地点も建設に伴ってすでに削り取られていることから、別の場所を掘るなどして証拠をさらに積み上げるよう求めた。
 これを受けて北海道電が今春から新たに敷地内外の6カ所を掘ったところ、どこからも明確な火山灰の層が見つからなかったという。証拠の確実性が失われた形で、規制委の更田豊志委員長は「出るはずのものが出ず、大変驚いた。審査に大きく影響することは間違いない」と語った。

ちゃんとした審査をやる環境になれば、人工的に露頭を作るのは不可能だから再稼働は当分考えられない。

活断層否定の火山灰が見つからない! 再稼働へ苦難続く北海道・泊原発

http://www.sankei.com/premium/news/171212/prm1712120007-n3.html

この記事に

開く コメント(0)

むむ...

最高裁、外れ馬券の経費算入認める 国税通達に影響か

http://www.sanspo.com/geino/news/20171215/sot17121516200011-n1.html

原告は、北海道に住む40代の男性公務員。「回収率が100%を超える馬券を有効に選別する」というノウハウに基づき05〜10年、インターネットで約72億7000万円分の馬券を購入。約5億7000万円の利益を上げた。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全258ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事