みずき りょう

「Buddha-ism」「仏教の原点と本質に迫る 」「雑文」 「ガーデン」「仏教タントリズム」

全体表示

[ リスト ]




「日本庭園と日本外構」:NO326

「小泉潟公園・水心苑」と言う庭園?


引き続き「田治六郎」作庭の「日本庭園」を紹介します。この項で取り上げるのは秋田市金足にある「秋田県立小泉潟公園」内にある日本庭園「水心苑」。
 
「秋田県立小泉潟公園」はその名が示す通り大きな2つの池を中心(男潟・女潟)とした秋田市有数の文化施設でもあります。従って、同公園内には「秋田県立博物館」「重要文化財・旧奈良家住宅」「パークセンター」「噴水広場」「多目的広場」「野外センター」「フィールドアスレチック」「サイクリングロード」「テニスコート」などがあり、住民のスポーツ・文化活動や憩いの場となっています(公園案内図参照)。勿論、この項の本題となる「水心苑」もその中核施設の一つ。
 
日本庭園「水心苑」は秋田県で初の本格的林泉廻遊式庭園との事で、1979年(昭和54年)4月に開園。前述の通り「田治六郎」の作庭(設計・監修)によるもので、秋田の農業推進に貢献し農聖と言われた石川理紀之助(18541915年、農業指導者)が詠んだ一首「足引きの 山田に落ちて 行の 易くも 身はなりにけり」から「水心苑」と言う名が付けられました。
 
「水心苑」には下の池・上の池と言う2つの池があり、その2つを回遊しながら様々なフォーカルポイントや施設が設けられるなど、来園者を楽しませるための様々な工夫が施された庭園。また、四季の変化を楽しむと言う面でも優れた構成となっており、公園的色彩の濃い日本庭園とも言えます。ランドスケーパー「田治六郎」の面目躍如と言ったところでしょう・・・
 
一口アドバイス。
「秋田初の本格的林泉式廻遊式庭園=水心苑。そこに田治六郎イズムが・・・」
(みずき りょう)


イメージ 1

                                 重要文化財・旧奈良家住宅


イメージ 2

                                                              公園案内図


イメージ 3

                                        「水心苑」案内図


イメージ 4

                                             下の池


イメージ 5

                                          下の池と築山


イメージ 6

                                       下の池と雪見灯籠


イメージ 7

                                              上の池


イメージ 8

                                        上の池に泳ぐ鯉


イメージ 9

                                           遺水(小川)





.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事