ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全296ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

7月から9月までの大作教室 トラブルスタート
 F50号 「Kasumi」
100号の地塗りしたキャンバスを用意し、ルンルンで画友の車に便乗し出発・・・・
 20分くらい経過しただろうか?・・アイドリング時に変な音と振動・・・地震かな?  イヤイヤ 電線が揺れてない!
大阪市内に入り、状況は悪化、走行中もシャクル感じとなり、最終エンジン警報が表示され、スタンドへ入り相談、近くの修理工場でエンジン診断すると、4気筒のうち1気筒が失火!!!でアンバランス!
部品無しなので、ごまかし運転で教室へ・・・・
すでに大作教室はポーズ・衣装・席取りが終わり・・ショック
今回は当該車のM氏が当番で、彼が招聘した美術大学生モデルさん、遅れなかったら、彼がポース・衣装を決め、一番の席で描くダンドリだった・・
気を取り直し、隙間にイーゼルを立て、50号でスタート
わずか 2ポーズ半しかできなかった。
夜はその教室で夜の裸婦教室参加・・・あぁシンド
だましだましの運転で帰宅!

イメージ 1

この記事に

信越写生旅行・完成 その5
F10号 「黒姫から妙高」
黒姫高原の童話館付近の丘から描きました。
2万年前に妙高が噴火したときには、今の東京も火山灰に埋まったという・・
「山」という漢字は妙高山の山容から生まれた・・
向こうの雪山は火打山

この記事に

地元美術展の ご案内
第58回八尾美術展(記念すべき? 50回目の出品)
嫁も出品していますので、よろしくご高覧下さい。
背景は奈良大和高原並松池のカフェ、紫陽花は池田教室で描いたのをコピー
モデルさんは4ヶ月やりました
F50号 「窓辺」
イメージ 1

7月4日~9日 10時から18時まで(最終日は17時まで)
八尾市 生涯学習センター かがやき 4f

イメージ 2


この記事に

信越写生旅行・完成 その4
F10号 「戸隠・本院岳」
屹立したピークが象徴的です、当初この山が戸隠山と思って描きましたが、大きな山塊が二つあって、東側山塊に戸隠山1904m、西側山塊にこの
本院岳2030m、少し左のピークが奥側で低く見えますが西岳2053mです。

アメリカ在住の著名な日本人現代美術画家(お連れ様がそう言ってた・・)が横で描いていましたが・・・
私など完全に無視!!・・お連れ様「あなたの絵の方が、分かりやすい!」

イメージ 1

この記事に

信越写生旅行・完成 その3
F8号 「戸隠・鏡池」
戸隠山が映るので鏡池、戸隠山は多分左から2番目のピーク?
分かりにくい山で、海底隆起なのでこの山容です。
信州はほぼ描きつくしましたが、ここ鏡池が雪などで行けずに、宿題になっていたが、やっと描けました・・
中景の緑の山懐が、戸隠神社の奥社で、平安時代はお寺であって、参道は今もたくさんの宿坊跡が残る。明治の廃仏毀釈で奥社・中社・宝光社の三つとも神社に・・・と聞きました。
信仰の山だったので修行僧が五穀断ちを行い、五穀ではないそばが珍重され、名物となる。
戸隠流の忍者の里でもあります ニンニン

イメージ 1


この記事に

全296ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事