写真・俳句ブログ:犬の散歩道

毎日思うにまかせて自己流の俳句を詠んでいます。

全体表示

[ リスト ]

■ 名乗るなら諸葛菜が格好いい 
    ( なのるなら しょかつさいが かっこういい )



イメージ 1今日取り上げる植物は、花壇や野原などでよく見かけるが、いろいろな名前で呼ばれている。

良く知られているのは「紫花菜(むらさきはなな)」。これは、花の形が花菜(菜の花)に似ており、花の色が紫なのでつけられた。

「花大根(はなだいこん)」という名前もあるが、これは、大根の花に似ていて、花が美しいことから付けられたとのこと。

更に「諸葛菜(しょかつさい)」とも呼ばれているが、これは、三国志に出てくる蜀漢の政治家・軍師「諸葛孔明(しょかつこうめい)」が、この植物を広めたという伝聞から付けられたそうだ。









イメージ 2

そのことを知り、かつて以下の句を詠んでいる。

 孔明も愛でし花らし花大根

「孔明」と「大根」の取り合わせが何となく面白いと思い詠んだ。ただ、本句では「孔明も愛でし花」としたが、本当のところは、兵士の食糧として栽培したようである。

イメージ 3さて、この花の名前の話は、これで終わりではない。別に「大紫羅欄花(おおあらせいとう)」という名前がある。厄介なのは、この名前が標準和名になっているということ。

そこで、その由来について調べて見たところ、「紫羅蘭」は漢名からきており、「アラセイトウ」は園芸品種の「ストック」の別名だとのこと。それが、なぜ「大紫羅欄花」に使われているのかは、調べてもはっきりしなかった。

イメージ 4本日の掲句は、このようにいろいろな名前で呼ばれているが、どれが一番格好良いかと問われれば、自分なら「諸葛菜」だなと思って詠んだ句。「諸葛菜」は春の季語。

イメージ 5「諸葛菜」こと「大紫羅欄花」は、アブラナ科オオアラセイトウ属の越年草。原産地は中国。日本には江戸時代に輸入され栽培されていたが後に野生化した。

花期は3月〜5月。四弁花で花色は始め紫色だが、次第に薄くなり最終的には白色に近くなる。

イメージ 6名前がいくつもあると、どの名前で句を詠むか迷うが、調べてみると「大紫羅欄花」は名前が難しいせいかあまり詠まれていない。また、「紫花菜」は名前が長く、他の花菜と混同されるためか、これもほとんど使われていない。

一方、「諸葛菜」や「花大根」で詠んだ句についてはままあるが、以下には特に「諸葛菜」で詠まれたものをいくつ参考まで掲載した。(過去に掲載したものを除く。)

 【諸葛菜の参考句】
  諸葛菜といひ花大根といひ花ざかり (岸田稚魚)
  病室にむらさき充てり諸葛菜      (石田波郷)
  諸葛菜晩年の文字美しや        (角川源義)
  あるままに余生過さむ諸葛菜     (水原春郎)
  碑の丈の高さに諸葛菜         (高澤良一)

イメージ 7

閉じる コメント(10)

顔アイコン

諸葛菜の名前の由来は俳句をやってすぐ覚えました。花大根よりこの方がいいですね。

2019/4/17(水) 午後 5:14 徒然庵 返信する

顔アイコン

> 徒然庵さん こんばんは。

そうですね。花大根ではあまり風情がありませんね。
逆に面白い句が作れそうですが。

2019/4/17(水) 午後 5:38 遊雀 返信する

顔アイコン

今日は。
なるほど、句の通りですね。

2019/4/17(水) 午後 6:04 狂治 返信する

顔アイコン

2019/4/17(水) 午後 6:23 [ 明日 良い天気 ] 返信する

顔アイコン

> 狂治さん こんばんは。

コメントありがとうございます。

2019/4/17(水) 午後 8:37 遊雀 返信する

顔アイコン

> 明日 良い天気さん こんばんは。

ナイスありがとうございます。

2019/4/17(水) 午後 8:37 遊雀 返信する

顔アイコン

この花、私の近くにも沢山咲きます、。

諸葛孔明も見たかと思うと、悠久のロマンが拡がりますね、、、。

2019/4/17(水) 午後 9:09 [ ろっぺい ] 返信する

顔アイコン

> ろっぺいさん こんにちは。

あるところで根付きますと、まさに一所懸命に咲きますね。
諸葛孔明なん本当に懐かしいですね。

2019/4/17(水) 午後 10:44 遊雀 返信する

顔アイコン

おはようございます。
昨日もこの花が咲いているところを歩きました。見事にたくさん咲いていますので華やかでした。戦後引揚げて来た方が
、中国から種を持ち帰り列車の窓からまいたなんて話聞いたことがあります。本当でしょうか?

2019/4/18(木) 午前 6:45 [ cfa***** ] 返信する

顔アイコン

> cfa*****さん こんにちは。

この花、結構いろいろなところで見かけるようですね。
戦後引き上げの方も種を持ち帰られたかもしれませんが、
どうも、江戸時代には既に輸入されていたようです。

2019/4/18(木) 午後 0:06 遊雀 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事