写真・俳句ブログ:犬の散歩道

毎日思うにまかせて自己流の俳句を詠んでいます。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全455ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

■ 電飾の花というべし灸花
    ( でんしょくの はなというべし やいとばな )



イメージ 1先日、いつもの散歩道を歩いていると、灌木に蔓を絡ませながらが花を咲かせている「灸花(やいとばな)」見た。

花名についている「灸(やいと)」だが、若い人はほとんど聞いたことがないかもしれない。今は「お灸(きゅう)」と言った方が通るかもしれない。

辞書には、「漢方療法の一つで、体表のつぼ(経穴(けいけつ))などの上にもぐさを置いて燃やし、温熱刺激を与え、治療効果を得るもの」という説明がなされていた。

「灸花」の名前は、花の真ん中が赤く灸(やいと)の跡に似ていることから付けられたとのこと。そう言われても実際に見たことのない人にはピンとこないかもしれない。








イメージ 2

本日の掲句は、今風に言うなら、「灸」というよりも「電飾」だろうと詠んだもの。百聞は一見に如かず。写真を見れば分かって頂けると思う。「灸花」は夏の季語。

ところで、この「灸花」の本名は「ヘクソカズラ」という。カタカナで書けば、あまり気にならないが、漢字で「屁糞葛」と書くことを知ると大抵の人はドン引きする。

イメージ 3何故、このような名がついたかというと、葉や茎などを揉むと異臭が出るためだそうだ。そこで、試みに葉をちぎり揉んで臭いを嗅いだが、それほど強烈な臭いはしなかった。

嗅覚が鈍いせいだと思うが、ネットで調べると、草を刈る時など、銀杏(ぎんなん)の実の腐った臭い、あるいはスカンクのおならの様な臭いがするそうだ。それ故、英名も「Skunkvine(スカンクのつる草)」というそうだ。

イメージ 4話は戻って、「屁糞葛」に関しては、過去に以下の句を詠んでいる。

  【関連句】
   ① 可愛くも屁糞葛じゃ恥かしい
   ② 案外と屁糞葛も艶めかし    *艶めかし(なまめかし)
   ③ 隙間よりはみ出る屁糞葛かな

イメージ 5①は、この名前を初めて知って、可哀想な名前だなと同情して詠んだ句。
②は、名前は酷いがしっかり見ると艶めかしいと詠んだ句。不思議なもので、酷い名前も慣れてくると、あまり気にならなくなる。
③は、ある廃ビルを囲んだフェンスの隙間から蔓を伸ばして花を咲かせているのを見て詠んだ句。何となく面白いと思って詠んだ句だが、何が面白いかは、ご想像にお任せする。

イメージ 6屁糞葛(蔓とも書く)は、アカネ科ヘクソカズラ属の多年草。東南アジア、東アジアが原産地。花期は7月〜9月。花は、先が浅く5裂して平開した細長い鐘形の合弁花。

花言葉が「人嫌い」「誤解を解きたい」であるというのは頷ける。

イメージ 7「屁糞葛」を詠んだ句は少ないが、「灸花」で詠まれた句は結構ある。以下には、ネットで見つけた句を参考までいくつか掲載した。(過去に掲載したものを除く。)

  【灸花の参考句】
   雨の中日がさしてきし灸花  (清崎敏郎)
   灸花無数に咲けば疎まるる  (檜紀代)
   廃村をゆく霧青し灸花     (橋本榮治)
   宮城野と思ひぬ灸花にさへ  (後藤比奈夫)
   灸花首を傾げて見る人も   (高澤良一)


イメージ 8
【お知らせ】
先にご案内の通り、今週末の7月20日に、データをAmebaブログに完全移行します。その後、本ブログは閉鎖されアクセスができなくなりますことご了承ください。
尚、引き続きご愛顧くださる方は、下記にアクセスして下さいますようお願いいたします。(ブログは3月に開設済。現在本ブログと同じ記事を掲載中。)



開く コメント(2)[NEW]

開く トラックバック(0)

■ 人恋いの鬼百合揺るる川辺かな          (再掲)
        ( ひとこいの おにゆりゆるる かわべかな )


イメージ 1一昨日は、箱館山ゆり園で見た「透百合(すかしゆり)」を取り上げたが、今日は別種の「鬼百合(おにゆり)」を取り上げたい。

この百合は、街中の道端や川辺などでも自生し、近辺でもよく見かける。

以前にも記したが、この百合を見ると、いつも思い出す童話に「泣いた赤鬼」がある。人間と友達になりたくてたまらなかった赤鬼が、友達である青鬼の犠牲的な計らいで人間と仲良くなるという、とても切ない話。

実のところ、それをモチーフとして、これまで何句か詠んできた。今回も新しい句を詠もうと思ったが、過去に詠んだ句以上の句ができなかった。

そこで、今回はかつて詠んだ句で、比較的気にっている句を再掲することにした。「鬼百合」は「百合」と同様、夏の季語。




尚、同じ着想では、過去に以下の句を詠んでいる。

  山里に泣いた赤鬼百合の揺る
  鬼百合は寂しがり屋の百合ならん

イメージ 2また、別の着想では、以下の句を詠んでいる。

  【関連句】
   ① 鬼百合が熟女に変わる逢魔時
   ② 鬼百合やちょうちん横丁縄のれん

イメージ 3①は、鬼百合という花の奇異な名前と逢魔時(おうまどき)の怪しげな雰囲気を結びつけて作ったイメージの句。  *逢魔時=夕暮れ時
②は、赤い鬼百合が俯きかげんに、いくつも咲いている姿を、居酒屋の赤ちょうちんが並ぶ横町に重ねて詠んだもの。

イメージ 4鬼百合は、ユリ科ユリ属の植物。原産地は、日本、中国、朝鮮など。花期は7月から8月。花弁は赤色(オレンジ色)で、黒紫色の斑点があり、強く反り返る。

名前は、その花姿が赤鬼に似ていることからつけられたとのこと。ちょっと可愛そうな名前だが、そのお陰で名前がよく知られているように思う。

イメージ 5尚、この鬼百合の変異種で「黄金鬼百合(おうごんおにゆり)」がある。長崎県対馬だけに自生していたそうだが、今は愛好家により栽培されているのが現状。それを植物園で見て詠んだのが以下の句。

   黄金に染むも鬼百合鬼は鬼

*黄金鬼百合
イメージ 6
更に、近縁種で「鹿の子百合(かのこゆり)」がある。花の形は鬼百合と変わらないのだが、花色がピンク色で名前も愛らしい。それに関して詠んだのが以下の句。
*「鹿の子」とは、子鹿の背の白いまだらに似た絞り染めのこと。

   鬼百合もピンクを着れば鹿の子百合

*鹿の子百合
イメージ 7


「鬼百合」を詠んだ句はままあり、以下にはネットで見つけた句をいくつか掲載した。(過去に掲載したものは除く。)

  【鬼百合の参考句】
   鬼百合にそふいばら木の籬かな   (伊藤信徳)
   鬼百合や蒟蒻玉の一むしろ      (正岡子規)
   鬼百合の向きの気になる墓参道   (大木あまり)
   鬼百合がしんしんとゆく明日の空  (坪内稔典)
   鬼百合も写ってしまう心電図     (岸本マチ子)


イメージ 8
お知らせ
先にご案内の通り、今週末の7月20日に、データをAmebaブログに完全移行します。その後、本ブログは閉鎖されアクセスができなくなりますことご了承ください。
尚、引き続きご愛顧くださる方は、下記にアクセスして下さいますようお願いいたします。(ブログは3月に開設済。現在本ブログと同じ記事を掲載中。)



開く コメント(6)[NEW]

開く トラックバック(0)

2011年の7月15日に開設した本ブログも昨日で丸8年経過しました。ご訪問いただきました方々も累計で40万を超えました。これだけ、長く続けることができたのも、ご訪問いただきました方々、中でもナイスやコメントを寄せていただいた方々のおかげと、ここに深く感謝申し上げたいと思います。

つきましては、これを機にAmebaブログの方にデータを完全移行したいと思います。実施するのは、今週末の7月20日と考えております。(それまで記事は掲載。)移行すれば、本ブログは閉鎖されアクセスができなくなりますことご了承ください。

尚、Amebaブログでは、これまでと同様、俳句と写真及び解説を掲載していきたいと思っていますが、引き続きご愛顧くださる方は、下記にアクセスして下さい。(ブログは3月に開設済。)


長年親しんできたYahooブログが終了すること、誠に残念ですが、ご愛顧くださいました方々のこれまでのご厚情に重ねて深謝し、最後のお知らせとさせていただきます。


イメージ 1




開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

■ 較ぶれば大和撫子お淑やか
        ( くらぶれば やまとなでしこ おしとやか )


イメージ 1本日取り上げる「大和撫子」は、秋の七草の一つで秋の季語にもなっているが、既に方々で咲いている。

花期が6月〜9月なので、立秋以後に取り上げることも考えたが、現在、「大和撫子」以外にもナデシコ科ナデシコ属の花が盛んに咲いているので、それと合わせて取り上げることにした。

具体的にどんな花が咲いているいるかというと、まず、「唐撫子(からなでしこ)」とも言われる「石竹(せきちく)」、「アメリカ撫子」が上げられる。

また、「カーネーション」もナデシコ属の一種で「オランダ撫子」という。更に、園芸品種も沢山作出され、「ダイアンサス」という名で流通している。

*これらの写真は、一番最後の方に掲載しているので、ご参照いただきたい。



イメージ 2

本日の掲句は、それらのナデシコと較べてみると、「大和撫子」は、お淑(しと)やかに見えると詠んだもの。 *お淑やか:身の振る舞いや話し方が落ち着いていて上品なさま。

いろいろな植物を見てきて、最近特に思うことは、国民性というのは、その地に自生する草花に影響されるのではないかということ。

イメージ 3深くは研究してないが、日本に自生する植物を見ていると、いずれも色や形が控え目であり、大きなもの、派手なものはどちらかと言うと敬遠される。

その観点から見れば、唐撫子=石竹は大柄で派手、アメリカ撫子は、様々な色の物があり賑やかである。何となく、かの国の国民性を表している感じがする。

イメージ 4話は戻って、「撫子」に関しては、過去に以下の句を詠んでいる。いずれも五輪での女子選手の活躍を「大和撫子」に重ねて詠んだ句。 *単に「撫子」という場合は、「大和撫子」のことを指す。

  【関連句】
   ① しなやかに楚々ときめたり大和撫子
   ② 淑やかな撫子強しリオ五輪

イメージ 5①は、ロンドン五輪で、サッカーの「なでしこジャパン」が見事にゴールを決めたシーンを見て詠んだ句。この五輪では銀メダルをとった。     
②は、4年後のリオ五輪で、日本女子レスリングが、6階級で4つの金メダルと1つの銀メダルをとったことを称えて詠んだ句。

イメージ 6「撫子」は、ナデシコ科ナデシコ属の植物の総称。日本に古くから自生している多年草で、一般的には、「河原撫子(かわらなでし)」という。「大和撫子」はその異名で、中国原産の「石竹」=「唐撫子(からなでしこ)」など外来種のものと区別するために用いられたと言われている。

「撫子」の名前の由来は、花の色や姿から、愛児に擬して「撫でるように可愛いい子」→「撫でし子」になったという説が有力である。


*白色の撫子
イメージ 7「撫子」を詠んだ句は結構あるが、その中から比較的イメージしやすいものを選定し以下に掲載した。(過去に掲載したものを除く。)


  【撫子の参考句】
   撫子にかかる涙や楠の露      (松尾芭蕉)
   撫子も草の庵も富士のもの     (高浜虚子)
   撫子や高野の道の地蔵堂      (河東碧梧桐)
   撫子の咲き澄む泉汲みにけり   (中村四峰)
   撫子を摘みし束の間富士を見し  (山田弘子)

▼▼
石竹 (唐撫子)
イメージ 8▼▼
アメリカ撫子
イメージ 9▼▼
カーネーション (オランダ撫子)
イメージ 10▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

■ 箱館山ゆり園にて 二句

   ○ 百合園や既に終わりしものもあり
       ( ゆりえんや すでにおわりし ものもあり )
   ○ 梅雨晴間笑うがごとく透百合
       ( つゆはれま わらうがごとく すかしゆり )

イメージ 1先週は、雨が降ったり止んだりの梅雨らしい天候が続いたが、丁度土曜日が終日くもりで雨が降らないという予報だったので、滋賀県の箱館山(はこだてやま)ゆり園に行ってきた。

自宅からバス、JRを乗り継ぎ現地までは約2時間ほど。山の麓からゴンドラで約8分で頂上に到着。降りると高原一帯に色とりどりの百合が植えてあるのが見えた。

本格的な百合園に訪れるのは初めてだったので、その壮大さに少し興奮した。













イメージ 2
【箱館山ゆり園】
箱館山スキー場のびわ湖側の丘に開設。敷地面積約5万㎡に約50種35万球、250万輪の百合が植栽されている。植えてある百合は、7月中旬に咲く「スカシ系」と8月上旬に咲く「ハイブリッド系」の2種類。標高680mの山頂からは、びわ湖や滋賀県最高峰の伊吹山などの豊かな大自然が一望できる。

イメージ 3ただ、ゆり園の入り口付近のところでは、花が散って萎れたものも散見された。少し遅かったかなと思いつつ、リフトで見晴らし台のある山頂へ向かった。

イメージ 4本日の第一句は、そんな百合園に入った時の印象をそのまま詠んだもの。「百合園」は、「百合の花」と同様に夏の季語。

その後、山頂から萎れた百合、これから咲く百合などを見ながら歩いて降り、別の区画へ移動した。そこには、丁度盛りを迎えた百合もかなり見られた。

イメージ 5本日の第二句は、その時に詠んだ句。入園した時の印象とは大分違って、全体が華やかだった。

尚、「透百合(すかしゆり)」は、後述の通り、杯状の花を上向きに咲かすのが特徴。その姿が、何かしら笑っているように見えた。「透百合」は、「百合」の一種で夏の季語。「梅雨晴間」も夏の季語なので本句は季重なり。

イメージ 6ところで、百合は、原種だけでも100種以上あるといわれているが、花の形からテッポウユリ系、ヤマユリ系、スカシユリ系、カノコユリ系の4つに大きく分類される。

イメージ 7テッポウユリ系には、鉄砲百合(てっぽうゆり)、笹百合(ささゆり)、高砂百合(たかさごゆり)などがあり、清楚で上品な美人を連想させる。

ヤマユリ系には、山百合(やまゆり)やそれを改良した「カサブランカ」などがあり、どちらかというと大柄で男前、あるいは男前の女子といった感じである。

イメージ 8スカシユリ系は、杯状の花を上向きにつけることが特徴で、色も 派手で艶やかな感じ。透百合(すかしゆり)、姫百合(ひめゆり)などがこちらに分類される。

カノコユリ系には、鹿の子百合(かのこゆり)、鬼百合(おにゆり)などがあり、花弁が強く反り返るのが特徴で、美人というよりも可愛いと言った方が良いだろう。

イメージ 9尚、最近では、様々な百合を交配させた「ハイブリット系」と言われるものが沢山出回っており、分類が非常に複雑になってきている。

「透百合」は百合の中でも非常に艶やかな花だが、その名称を使って詠まれた句は、ネット上ではほとんど見つからなかったので、参考句は割愛する。


*琵琶湖と竹生島
イメージ 10

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

全455ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事