ここから本文です
K's garage
イメージ 1

今更な感じですが、、久々のNゲージ、C62 山陽形 (呉線)です。

イメージ 3


イメージ 2

なかなか購入する気になれなかったのは、北海道形以降改善される見通しの無い火室下の隙間、、、
いつもこちらのPDFを使わせてもらって処理していますが、最近の蒸気モデルの完成度と比較すると明らかに不細工、、
手抜きと言ってもいいレベルです。

イメージ 4

ATS車上子の表現も大きく改善されましたが、、

イメージ 5

C59の車上子の方が更に繊細な仕上がります、、なぜ?

イメージ 6

ちなみに蒸気機関車を購入するたびに面倒な思いで作ってたMT-7改のマグネマチックカプラー、
最近はマグネティックナックルカプラーS短を使用してます。非対応ですが一応ちゃんと作動してます。

イメージ 7

デフの表現は本当に良くなりました。ここまでくるとデフステーも何とかしたくなってきます

イメージ 8

上記のウイークポイントが改善されない限り新規のC62を購入するつもりは無かったのに、
その気が変わったのはこの話題の映画に感化されて、、

いい映画でした。やっと、この時代をニュートラルに描ける時期が来たのかなって思います。

同じ呉線のC59と。
昭和40年頃の設定になるので映画からは20年後ぐらいになるのか。
急行だけじゃなく普通列車も牽引してたようなので、広島に帰る時にすずさんも乗ったかもな、、

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事