人良し、治安良し、食べ物美味し、物価安し♪ ただし国交なし。
というソマリランド
無政府状態の危険な国ソマリアじゃないからね、
国連は国として認めてないけど、独立して自治もしっかりして自国通貨もある。
http://blog.livedoor.jp/yamusicnifty/archives/1540765.html

年末年始、本気で行こうと考えて調べてるんだけど、
何しろ国として認められてないから
“リアル 北斗の拳”とまで言う人もいるソマリアの一部と認識され、
国交がなければ在日大使館もない=ビザが日本で取れない・・・続きを読む
【2012年1月5日 】トレッキング1日目:カロー→LATHAGONE

GOLDEN KALLOW INN 朝食は写真を見せられ、好きなメニューを選べた。
なんだっけ、ミャンマーのトラディショナルな麺。
モモンガじゃなくてモヒカンじゃなくて、モヒンガー?を選んだ。
汁なし麺だったけど、それもモヒンガーと言うのだろうか。。

8時に SAM'S FAMILY RESTAURANT に行き、
25歳だというヤングなガイドが紹介された。なかなかの好青年。
2泊3日の必要な荷物だけ持って、大きな荷物は置いて出発。

『名前は?僕は KO CHIT って言うんだ。』
「コーチ?」
『うん、KO CHIT』
微妙な発音で コーチとしか言えない( ̄◇ ̄)ゞ
どこでもそうだけど、みんな上手に英語をしゃべるなぁ・・・

『今日は市が立ってる日なんだけど、見て行く?』
「うん!!」
http://nanseka.up.seesaa.net/image/E6B091E6B38AE38388E383ACE38383E382ADE383B3E382B0EFBCA0E382ABE383ADE383BCEFBC91.tiff
ミャンマーのこの辺りは初春という感じなのだろうか、
菜花や空芯菜なんかの葉ものがとってもおいしそう♪
あれこれ買い込んで、自炊したいくらいだ。
お花も売っていて(お供え用?)咲き始めたばかりだという桜の枝も売られていた。
市場は楽しい!(*^▽^*) 続きを読む
【2012年1月4日 】バガン→カロー

旅程が短い事、長距離バスでお尻がツラかった事などの理由を掲げ、
朝、バガンからインレー湖(ヘーホー)まで飛行機を使った。(1人63ドルだったような)

バスだと10時間くらいかかるらしいが、プロペラ機であっという間!
ヘーホーからカロー(トレッキングの拠点の村)まで
乗り合いバス的な乗り物は無いらしく、タクシーを使うしかないらしい。
日本人カップルに声をかけて行き先を聞くも、
インレー湖方面に行くらしく、しかも宿に予約済みで送迎車が来るらしい。残念。

仕方ないのでタクシーでカローへ。
幹線道路は所々アスファルト舗装中だった。そして、ほとんどの作業が人力!
http://nanseka.up.seesaa.net/image/E38388E383ACE38383E382ADE383B3E382B0E68BA0E782B9E381AEE5B08FE38195E381AAE794BAEFBCA0E382ABE383ADE383BCEFBC91.JPG
道路脇ではドラム缶に入ったタール?が薪で熱せられ、白い煙(水蒸気?)がもくもくだった。
重機は使わんのか、重機は!
さすがミャンマー。
重機を導入するより、安い人件費で人間を雇った方が良いらしい。(推測)
女性もたくさん働いていた。
作業員が工事中暮らしているんだろうな、という掘建て小屋もあった。
町と町を結ぶ幹線道路、通勤するには遠すぎるのだろう。(憶測) 続きを読む
今朝のNHKで知った。
公式ブログのほぼ全部目を通したけど、涙なくして読めないっす。。
いたたまれない現実。戦っている人たちが居る。

もうすぐ1年。

******* 以下、転載です。********

http://fukushima-farmsanctuary.blogzine.jp/blog/image/fs_title.jpg

いのち 〜警戒区域の動物たち〜 」
このVTRは、警戒区域内で、実際に現実として起きた事実を映像にまとめたものです。
首を伸ばし、水、ご飯を求めながら遠のく意識。
水も餌もない牛が一生懸命生きようと口に含んでいるのは排泄した尿。
まるで彫刻のようなあばらと皮になったおなか。
見捨てられてしまった死。
目を覆いたくなる悲劇ですが、実際に起きた現実であり
震災から半年が経とうとしている今もなお続いているのです!
*(閲覧の際のご注意)
動物たちが餓死した姿や蛆がわいている様子など悲しい映像が含まれています。


「いのち」警戒区域の動物たち
【2012年1月1日 :元日】

夕方4時、首都ヤンゴンから長距離バスでバガンに向かう。
バガンに行く目的は、友達が5年前に撮った写真を私たちが届けよう という企画ww

バスは “元・日本レコードセンター株式会社” の送迎バスか。
http://nanseka.up.seesaa.net/iphone/image-20120104223417.png

続きを読む
http://nanseka.up.seesaa.net/iphone/image-20120103200005.png【2011年12月30〜31日】

TOKYOゲストハウスと言う安宿で
知り合った日本人2人とうちらと、
4人でゴールデンロックへ行った。

ミャンマーの長距離バスは日本の中古観光バスが多い。
日本製だから乗り心地はそれなりだけど、
古い&整備不行き届き&
元 長距離用バスではないから、
オケツが結構痛くなる。

夜9時のバスに乗り、トイレ休憩が2回あって、
夜中の2時半、最寄りの村(?)に到着。

到着した場所から徒歩で5時間かけて参拝する人もいたが、
うちらは早朝4時発のピックアップ(トラックを改造した乗り合いバス)を待つ。

しばらくすると、
難民を満載したかのようなトラックが走り去って行った。続きを読む

2012年あけおめ!

モウレツに遅ればせながら・・・
明けましておめでとうございます♪
そして、ただいま!!
1/9、ミャンマーより無事帰宅しました。

年末年始のご挨拶にも伺えず、コメントの返信もなかなか出来ず、申し訳ないです。。
が、みなさん、どうぞ今年も気長にお付き合いをよろしくお願い致します♪

http://nanseka.up.seesaa.net/image/2012E5B9B4E8B380E78AB6.jpg

ミャンマーに居ます

なんて世界はおもしろいんだ!

ミャンマーにて、本家にアップしました。
本編をご覧になってない方、コチラからどうぞ。

『空港に泊まれる♪』と学習した えじぷ〜♪は、次の沖縄行きの時に
張り切って “始発便” のチケットを取った。

友だちに高速代を払って空港まで送ってもらった。
夜11時。空港内の照明は落とされて、薄暗かった。
出発ロビーのある2Fの入り口で降ろしてもらう。

ありがと〜!いってきま〜す\(⌒o⌒) 友だちは帰って行った。

前にも車から降りる人が居ました。
同じこと考えてる人がいるんだ、やっぱり。

さて、と。
また寝場所を確保せねば・・・ と入り口へ向かう。

とっ、ところがっっ!!!Σ( ̄□ ̄;  続きを読む

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事