こけしおばちゃん

伝統こけしを訪ね歩いています

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1 イメージ 2

イメージ 2

 

 鳴子こけし工人松田忠雄(昭和31年生まれ)は、祖父は松田初見。父は松田三夫工人。父、三夫(昭和3年〜平成22年)は、昭和23年より父、初見の指導をうけ、初見の中年時代の作品に近いこけしをつくり続けていた。真面目な人柄が作品にもあふれていて、初見の名跡を立派継いでいたが、平成22年12月亡くなられた。
 長男の忠雄工人は、昭和51年に木地修業を始め、こけしを作っている。初見こけしの様な、素朴・そして大人のこけしを描きたいと頑張っている。弟子や息子に伝えていくでしょう。しかも、忠雄の妻・真澄も平成8年よりこけしを作っている。伝統はしっかり継がれていますね。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事