こけしおばちゃん

伝統こけしを訪ね歩いています

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全690ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

長谷川優志こけし

イメージ 1

イメージ 1

 長谷川優志工人は昭和53年、長谷川健三工人の長男として青森県弘前市に生まれた津軽系こけし工人です。平成16年より父である健三工人の元で木地修行を開始、コマを中心とした木地玩具の制作から、平成20年よりこけし作りに取組みました。現在弘前城そばの「津軽藩ねぶた村」にて実演・製作しています。
 写真のこけしは、5種類で、右から三上文蔵型、黄胴に花模様の佐々木金次郎型、頬紅をつけた長谷川辰雄型重ね菊、福原英次郎型ボタン模様です。
 津軽系、特に大鰐のこけしは古い様式を残して土臭く、独特の情味を持っています。師匠である健三工人は、その情味を本人のものとして長谷川辰雄型を完成させました。優志工人も早くから古作こけしの復元に取り組み、様々な型を自身のものにすべく試行錯誤されていると感じます。素朴で特異な大鰐こけしの魅力を受け継ぎながら、新しい時代にマッチしたこけしに挑戦する優志工人、今後ますますご活躍されることと期待します。 『東京こけし友の会』参照。

開く コメント(0)

鈴木征一工人

イメージ 1

イメージ 1

 鈴木征一こけし工人(昭和19年生まれ)は、東京都で生まれ、5歳より山形県大蔵村肘折で育った肘折系こけし工人です。
 昭和47年より奥山庫治工人の元で木地修行を開始、昭和52年に独立し、翌年より自分名義のこけし発表。小中学校前の高台に工場を構え、秘湯肘折を訪れるこけしフアンのランドマークになっています。写真のこけし4種類で、右から斎藤伊之助黒頭重ね菊模様、奥山喜代治型撫子模様、奥山運七型重ね菊模様、柿崎藤五郎型菊模様です。全ての型が見事に描き分けられ、小寸のうちに伝統の風格を漂わせた素晴らしい出来栄えです。
 肘折系は、柿崎酉蔵、藤五郎、運七と続く独特の情味で古き佳き時代のこけしを伝える系統です。現在地元肘折でこけしを作り続けているのは征一工人一人になりました。厳しい雪国のライフラインを支える除雪の仕事に従事して肘折の風土を見つめながら、笑顔を絶やさず伝統の火を灯し続ける征一工人。今後ますますご活躍されることと期待しております。

開く コメント(0)

伝統こけしたち

イメージ 1

イメージ 1

 写真の右から
 ´◆…天攘蓮小島利夏こけし工人作(6寸)。昭和54年生まれ。本人型。鳴子の後藤晧工人の下、木地を修行。父、故・小島俊幸工人の血を脈々と繋ぐ。画描は優しさが溢れる。楓模様と牡丹模様。待望のこけしです。
  南部系・田山和泉こけし工人作(6寸)。昭和56年生まれ。坂下権太郎型。胴型は廃絶の途にあったがご遺族の依頼により和泉工人の手で復活を遂げる。溌溂さを感じさせる目元が印象的である。
 ぁ〔效六碍蓮沼倉孝彦こけし工人作(6.5寸)。昭和28年生まれ。伊藤常治型。面描は久太郎を胴模様の花は留三を彷彿させる。
 ァ ̄鶸田系・佐藤康広こけし工人作(6寸)。昭和51年生まれ。松之進型。工人の思いを載せた松之進、えじこは小寸にも気を抜かぬ技の冴えが伺える。
 Α〇碍膳蓮δ甲川正司こけし工人作(5.5寸)。昭和12年生まれ。吉太郎型。高齢を感じさせない筆致で
吊り上がった眉と眼、胴には花冠を抱かせ、三段の五弁の梅が引き締める。
 А‥敕魴蓮Υ簓躓狙気海韻傾人作(6寸)。昭和23年生まれ.由吉型。ラッココレクションの地蔵型の写しか。太めの胴にアルカイックスマイルが綻ぶ。

開く コメント(0)

伝統こけしたち

イメージ 1

イメージ 1

 写真の右から
  ‥敕魴蓮西山敏彦こけし工人作(エジコ)。昭和34年生まれ。このエジコは秋がテーマ。きのこの中に小寸こけしが6本入っています。他にりんごやハロウィン等、いつも楽しませてくれます。
 ◆‥敕魴蓮β静長Ы澆海韻傾人作(8寸)。昭和14年生まれ。目の描彩を少し考えていて、素朴な表情でろくろ模様と良く調和している。
  遠刈田系・日下秀行こけし工人作(5寸)。昭和52年生まれ。遠刈田の若手工人で哲郎型、吉弥型を作る。若々しい表情で今後の成長が楽しみです。
 きァ〔鳥匏蓮Τ掻契Эこけし工人作(6寸入れ子)。昭和49年生まれ。表情、胴模様共に素晴らしい。木地も大変良く出来ている。
 Α〔效六碍蓮柴田良二こけし工人作(6寸)。昭和19年生まれ。鉄蔵型。第61回全国こけしまつりで審査員奨励賞を受賞。とぼけた表情が良いですね。
 А…天攘蓮λ婿垣梗こけし工人作(6寸)。昭和22年生まれ。幸兵衛型。胴模様にダルマとぼたんを入れている。幸兵衛型をよく研究しています。
 『東京こけし友の会』参照。

開く コメント(0)

伝統こけしたち

イメージ 1

イメージ 1

 写真の右から
  ‥敕魴蓮西山敏彦こけし工人作(えじこ)。昭和34年生まれ。いつも豊富なアイデァで楽しませてくれます。これは盛夏がテーマで、夏の高校野球百周年に因んだエジコです。豆こけしが入っています。
 ◆‥敕魴蓮高橋賢三こけし工人作(5寸)。昭和14年生まれ。久しぶりのこけしです。老齢とは思えない艶やかなこけしになっています。
  土湯系・野地三起子こけし工人作(5寸)。昭和32年生まれ。師匠で父の野地忠男工人の鉄兜。シルクハットや髷などの各種こけしを工夫して作っている。
 ぁ〔效六碍蓮Πど市五郎こけし工人作(6寸)。昭和20年生まれ。関係者の了解を得て小椋石蔵型に挑んでいる。やや優しい表情の石蔵型こけしです。
 キΝА〇碍膳蓮小林清こけし工人作(7寸・孫持ちこけし)。昭和26年生まれ。木地技術の高さを十二分に発揮した孫持ちこけしです。厳しい表情と達筆の胴模様が印象的である。小林家の後継者として今後の活躍も楽しみです。
 ─ ̄鶸田系・佐藤正廣こけし工人作(パッチン)。昭和13年生まれ。蓋がパッチンと気持よく締まる。木地屋の技術である。中のコマは菅原勘一(昭和16年生まれ、正廣の弟子)の作です。

開く コメント(0)

全690ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事