オートバイと僕

初代Venture,Beat,Figaro,農機具なブログです。

FLH80

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全32ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

燃えたエアクリーナースポンジは、形状に合わせて再セットして完成なので写真も無い。
さて、ブレーキの続きですが、なんとも三ヶ月ぶりですか。
イメージ 1
カバーの下で結露を心配して、オープンにしてたので埃まみれになりました。
イメージ 2
ニューピストンとシールキットは到着しております。
イメージ 3
太い溝には丸いオーリング。バナナキャリパーは普通のキャリパーとは違いますね。
ブーツも外から被せるのではなく、内部の溝へ納まります。
これが曲者で、初めて触る人は挿入自体ができません。外のブーツリップ部が狭いから、広げてっとで入れていくとアララ、せっかく溝に合わせたブーツが外れてしまいます。
イメージ 4
どうやって入れるんだ、これ?ってなりますよね。
当然、先にピストン入れてからブーツをはめるってのも無理。
イメージ 5
薄い板。ポリカー、自分の場合は弁当の蓋。
ピストンリングよろしく、こいつを筒状にして差し込んでから、ブーツ部分を広げる要領でピストン挿入でOKですな。
垂直がきっちり出てればスコンと嵌ります。
しかし!!!

先端で引っかかる感じで入って行きませんですがな。
先っちょだけは入ったんだがなーー、ブーツがめくれた?ってなことを繰り返しましたね。
ジャぁ、ゴム関係を全部取って、ピストンだけでっと

イメージ 6
このアルミカラー部分。これってフリーのワッかになってて、ケツからウェーブスプリングで押されています。
ドーナッツ型のそれは、芯が較差の関係であっち行ったりコッチいったりと決まりません。
センター出してもキャリパーシリンダーへ入ろうとしません。
計測しました。。。
径が、、、、デカイ。
内部径よりでかいんだから入るわけが無い。笑
ここはキツキツに較差とってる径なんですが、デカイと入らない、あたりまえ。
寒いときにパーツを作って、暖かくなると大きくなる。そういう膨張を考慮しないものづくりはこうなるという見本。
しかたないので、旋盤で100分の じゃなく、10分の2ミリも削りましたがな。
イメージ 7
むにゅ、と入ったですな。
イメージ 8
あっけなく完成。
あ、そうそう。ピストンの奥側は構造体になってたりで、エアの抜けが悪い場合があります。
挿入時には”呼び水”ならぬ、呼びオイル。ブレーキオイルでビショビショにして挿入すると後処理(エア抜き作業)が楽です。

開く コメント(4)

 明るいうちに30分でも続きをと!
日が長くなったのには助かりますなぁ。
朝だって、自動車のガラスが凍ることなくなりましたね。

イメージ 1
弄り遊びをしてるとアクセス数が増えるという♪ だれだぁ〜見てんのはぁ。
無い工具は作りましょうとー、まぁピン穴二つをクリンと回せばケツのスプリングストッパーを回して、板ばねとフリーリングが取れてオーリングも羽目易くなるし、オーリング溝のお掃除もし易くなるのですが。
エイや!!
で、
イメージ 2
ストッパーリング・ナット・・割れました。
ワシ、そんなに馬鹿力してませんけど〜、脆かったのか、ちゃんとバーナーで炙ればよかったのか、
ジワーとしないとダメね。
イメージ 3
ピストン側の雄螺子も痛んでるし、そもそもピストンがキチャナイです。サクサク磨いてもみましたがイマイチきにいりませんね。
イメージ 5
新品買いましょう。
割れたナットだけはパーツ提供がありません。しかしピストンキットで個別販売があります。
それも、おかしなアジア製じゃなく、それよりお安いメイドインジャパン製がありますね!
イメージ 6
うちのFLH、5年まえの輸入元さんですわ。リーズナブルでありがとう〜。5980円
(いつ買うんだろう?) ちょっと各部チェックの上、最終に始末します。

イメージ 4
オーリングタイプのシーリングなんで、ブーツまでは少し染みます。
ブーツはシリンダー内部へ取り付くタイプなので、ブーツをセットしてからピストン納入という、まことに面倒な仕掛け。
シリンダーはお綺麗。
イメージ 7
溝の底から染み出てはいけませんので、溝掃除って大事ですよ。
ここで止まって、与圧が抜ければ○タイプのオーリングからはジンワリと戻っていかないといけませんからね。
しかし、溝にセットしても、シリンダー内壁との加圧予定代が少ない気もしますね。ヘタってるのでしょう。
もっと内へ押してくれてもいいような。
イメージ 8
白餡子モリモリの跡は、こういう感じになります。ブーツの内面まで圧跡が残ります。
今日はついてないのか、この破壊モードと、初爆誘発で吸い込ませたパーツクリーナーが多すぎてバックファイアからエアクリのスポンジが燃えてしまいました。あぶねぇなぁ♪
次回・スポンジフィルター作ろうの巻

開く コメント(2)

開く トラックバック(1)

キャリパーOH:FLH

 スティックモードを変更レッスン中のヘリ修行は、ポテポテと墜落ばかりで恥ずかしく!まともな記事が書けません♪

 正月の初乗り時から”おっかしいな〜”と懸案事項だったFLHのブレーキ!
イメージ 1
キャリパー下にブレーキオイル、流れてた。。アカン。
ま。この状態にしてブレーキのことはほっちらかして、貰ったもの・買ったようなものの中に、いくつものマフラーパイプがあるので、差し込みながら”どれかエエ感じの音にならんかのー”とスッポンスッポンと抜き代えテストなんかして遊んでました。
そういえば、日本上陸が2011末で2012に初登録して、3年車検から始まり・2015にはちと休憩して2015/3に受験して!来月車検ですよぉぉぉぉ。
おっと、今年も1/6が終わろうとしています。こりゃ大変。花見の準備だ。
マフラーよりもキャリパー対策が先でしょう。と、俄然やる気。 気温も上がってきたからね。
イメージ 2
2012に片っ端から分解した記憶があるのですが、前は固着気味だったのでOHした記憶。
保存写真からは、どうもリアは開けて閉めただけのような…
予備パーツは片チンになってるので、奇数在庫はおかしいでしょう! たぶん交換してないな。
(開けてないかもしれない)
イメージ 3
うへ、餡子詰まってるし。Oリングも硬いし。
例のバナナキャリパーってやつです。ピストンのケツに板バネタイプで、少し戻りを助けてますが、基本的にOリング断面が四角じゃなく○な輪ゴム♪
抜き出しに皆さん苦労されるタイプです。ブレーキホースを緩める>軽く締める>ピストンはペダルのオイル送りで出しましょう。>ジャバジャバとピストン周辺からオイルが出だしてからホース外す>キャリパー単体になる。
あとは垂直に抜き出すわけですが、少しでも傾くと引っかかります。
プーラーでブーツの段付き部分を加えてオトナシク・スライディングハンマーで引き抜いてもいいかと。
イメージ 4
白餡、、、
こりゃ分解もしてないなー、でした。
イメージ 5
アルミピストンの上っつら餡子なんで磨けばOK。
シリンダー側は鋼なんで綺麗なものです。
しかしなー、丸いオーリング、使うかねぇ。トランプさんに文句言ってもだめですね。
旋盤に加えて回してお掃除します。溝も綺麗になるでしょう。

開く コメント(4)

開く トラックバック(1)

年賀初乗り

明けましての2日目、恒例となりました初乗りランチツアー。
道中の一本松では”毎度”の賀正・顔見せですね。
イメージ 1
ブレーキオイルをしこたま使用してのメンテナンスから始まりましたので、待ち合わせ地点まではブレーキチェックと試運転になりました。いい感じ。パニックブレーキもテストです。

腰痛のKeppa体調がお休みで、本日は5台でいきましょう。
イメージ 2
生存確認気味に賀正挨拶に回ります。一年ぶりの方も多く、またココでしか話できないって人も居る。
イメージ 3
クリップタイプのレンズとスマフォでは、汚れてたのかセンターずれしてたのか、ピンボケ写真ばっかりでした。
雰囲気だけ。
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8
人探しっても、あちらから見つけてくださって、ありがとうございましたですわ。
イメージ 9
ファミレスは満員でしょうし、三が日閉店も多いし、毎度の赤穂まで人っとび。
ブルーラインが日生をパスし、寒川まで延びたのは嬉しいですね〜 かきオコのタマちゃんあたりまで延びてます。
ステーキやさんでランチします。今年は待ち時間がなくゆっくり座れましたね。
イメージ 10
オーダーも毎年変わらず。ハンバーグゥ♪
とっととカフェケーキやへ移動
イメージ 11
食った、飲んだで15時には帰宅でしたね。
本日 150km

開く コメント(12)

FLH・元旦から弄りで

イメージ 1
元旦、やっと妹が帰って静かになりました。おっと!!

イメージ 2
明日は、正月二日目ということで、ここらで定番となりました、ポンマツ年賀集合・顔見世団ですがーーー。
今年もあるのかな? 障がい者パークには停めないようにしましょうねー。
一昨年はFLHで行って、昨年はYAMAHAで行きました。
ぜんぜん動いてないFlHで行きたいのですが。
keppa体調がお休みということでどうなることやらん。
イメージ 3
充電はしてたので、ブルンブルンと始動はOKなんですが、なんと
リアもフロントもブレーキがスッカスカ。ストライキですねー。

イメージ 4
Oリングタイプのバナナキャリパーがオンボロちいので。ピストン戻りすぎ。
一度開いてピストン出して組み上げ、引きずりますのでゴムハンでシバイてショックで戻しーの、でついでにエア抜きして何とかストロークが出ました。

イメージ 5
前は塗装がデロデロになったマスターシリンダーはさておき、オイルが行方知れず気味なのでエア抜きしておしまい。漏れもないんだがなー。
タイヤエアチェック、エンジンオイル漏れ無し♪ 滲みは普通。笑
まぁ天気もエエとの事なので、行ってみまひょ。

開く コメント(8)

開く トラックバック(2)

全32ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事