ここから本文です
華美さまに太陽あれっ!のブログ
いつでも明るく・どこでも明るく・・。

イメージ 1

認知症とか言いますが、ボケや痴呆という言い方が差別的なので、認知症と言い換えただけの話でしょう。
しかし、言い換えたために、本来の意味からズレている気もします。
それに言い換えたとしても、意味が同じであれば、やがてそれも差別的な言葉になることでしょう。

そもそものところが、間違っている気がします。


さてラジオを聴いていたら、認知症予防には、タバコをやめるとかすると予防効果があるとかの研究結果が出たとかのニュースが流れていました。
とはいえ、その数値も、微々たる物のように思いました。

そもそも、認知症の予防をしようという努力や意思のある人は、基本、認知症にはなりません。
なったとしても、他人に迷惑をかけるほどの厄介な認知症にならないでしょう。

個人的な経験ではありますが、認知症になる人は、他人の意見に素直に耳を傾けない人であります。
もっと言えば、頭のいい人、頭がいいと思っている人、頑固な人であります。

正しいと思えば従いもするでしょうが、基本、頑固であります。
前向きに捕らえれば、しっかりとした考え方を持っているともいえるでしょう。
だから、考え方に合わなければ、従おうとはしない。

表面的には従うそぶりをしていても、深層部分では頑固と言う人もいらっしゃいます。
そんな人は、他人に対しては、聞き分けの言い穏やかなように見えて、家族の中では、あるいは一人になった時に、その本質が見えるものです。
だから、表面的に穏やかだからと言って、認知症にならないとも限りません。

認知症にならないようにしようという気持ちのある人は、認知症にはならないでしょう。
認知症になる人は、そんな柔軟な考え方が出来ないものであります。

自分が正しいと思っているがゆえに、他の意見に素直に耳を傾けない。
くどいけども、頭がよくて頑固な性格でしょう。

とはいえ、年を取ることは、体もそうですが、心も硬くなることでもあります。
柔軟性が失われていく。
しかし、年をとっても、心も体も柔軟性を失わない人は、認知症にならないし、そもそも病気にもなりにくいでしょう。

年を取って、特に認知症になった時に、その人の本性が出てくるような気がします。

がんと言う病気は恐れられていますが、覚悟を決めれば、旅立つ準備の出来る病気でしょう。
認知症とか突然死、姉のように何年も寝たきりの生活で生きているほうが幸せとも限りません。

人間、いやでも旅立つ存在であります。
覚悟を決めて、旅立つ備えをするのか、いやだから、ぎりぎりまで知らないほうがいいのかは、その人それぞれの生き方、考え方の問題でしょう。

覚悟を決められない人にとっては、認知症も悪くはないと思います。
場合によっては、いつ旅立つのか分からない。
回りは迷惑千万ですが、当人は夢の世界で暮らしている感じがあるかもしれません。
だとしたら、認知症が悪いとも言えないでしょう。

姉のように、意識はしっかりしているのに、身動きが出来なくて、ひたすら痛みや苦しみと向き合うことが、必ずしも幸せとも限らないでしょう。

「どんな死に方が理想か。」とかよく耳にしますが、選べたとしても、後悔や悔いが残る物でしょう。
一番いいのが、お任せするということでは無いかと思います。

数年前、肩の骨折をして手術をすることになりましたが、基本、選択肢はありませんでした。
不安もありましたが、それ以上に、なぜかわくわくしたものであります。

年を取るほどに、出来る事が限られてきますので、どこかしらで開き直ってお任せするという気持ちを持つことは、とても重要なことだと、個人的には思っています。

お任せするといえば、姉など、お任せしないと生きられない環境であります。
それを思いっきり背負わされているのが私でしょう。
でも、背負わされているからと言って、責任重大とも思っていません。
家族介護30年もしていれば、誰かに操られているかのように感じるものであります。

特に最近はそう思うことが多くなっています。
だから、医療行為が入っているような姉の介護が出来ているのでしょう。
私も、ある意味、お任せで生きているようなものであります。

と言うことで、今日も誰かの意思によってこき使われつつ、姉の介護にそこそこ励もうかと思っています。


今日は訪問看護に訪問入浴、訪問診療があります。
梅雨明けしましたので、暑さ本番でしょう。
胃ろう状態でありますので、水分管理は重要であります。
特に姉の場合、理由は分かりませんが、激しく体を動かしますので、熱が出てしまいます。
まぁ、動きによる熱なので、水分管理をしっかりしていれば、たぶん問題はないでしょう。
寝たきりであっても、動いて汗をかけるというのも、ある意味すごいことかのかもしれません。

日々の介護でありますが、じっくり見てみると、学ぶべきことが多くあります。

先の長いのが介護でありますので、できるだけ無理のないように心がけたいところであります。
が・・。
この暑さ・・・。
暑いだけでも大変であります。




私の本の出版契約は、 再延長契約に入っています。
あと、3年は入手可能であります。
可能性は低くても、 私の物語を広めるためにも、頑張るぞぉ〜〜・・。
とか思っていたりします。

文庫本でも手に入るようですが、基本、電子ブックでの販売であります。
電子ブックのほうが安くなっています。

と言うことで、興味のあられる方は、ぜひ触れてみてください。

ちなみに、このブログに関しての、苦情等は、毎度の事一切、受けかねますので、ご了承ください。
苦情を言われる方には、神様の恵みが、減らされる可能性があるかも・・・。

”華美さまに太陽あれっ!”の、雑記は、たぶん、こっちから・・。
[http://www1.odn.ne.jp/god_in_the_sun/menu.html ]
(トラックバック機能が停止されるそうなので、URSをクリックしても、ホームページに飛ばないようです。)
※ 更新停止は、いまだに、却下されています・・。
週1回、月曜日の更新中。
毎度の事、ムシ(無視)ぃ〜〜〜が、大発生中かも・・・。(当然だが・・。)

追記・・・・。
”華美さまに太陽あれっ!”の文庫本は、まだまだ、手に入るはずであります。
定価700えんと、消費税。
ISBN-9784286128016

電子ブックでも買えます。
値段490円と税金・・。
文芸社より発行中のはず・・。
さてさて・・・・。

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 真偽のほどは?!・・。

    2017/7/20(木) 午前 5:23

    ここの所、ヒアリの話題をちょくちょく耳にしていました。 ヒアリは毒があって、時には死に至るとかの話でした。 しかし、役所ではヒアリによる死者が確認できなかったとかで、死者の部分に関しては削除されたとかの話であります。 (ちなみに、いつものことですが、確認はしていません。) でも、オカルト的なサイトでは、子供がヒアリに刺されて死んだとかの記事も ...すべて表示すべて表示

  • 昨日は久方ぶりの雨でした。 ただ、涼しくはなりませんでした。 かえって湿度が高くなって、蒸し風呂状態であります。 お天気といえば、最近の豪雨。 そして、昨日、都心では雹が降ったとか。 しかも、珍しいくらいに大きいもののようです。 時間雨量100ミリ超の雨が降るくらいですので、それくらいの氷の塊が浮いていてもおかしくは無いの ...すべて表示すべて表示

  • 土、日、月と3連休でした。 我が家を除いては・・・。 家族介護をしていますので、24時間365日休みなしであります。 訪問看護や診療、入浴にヘルパーさんなどもいらっしゃいますが、基本的には祝祭日や土日は休みであります。 昨日も訪問者がいらっしゃいませんでしたので、車でのドライブであります。 ドライブ中にラジオなどを聴きますが、 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事