ここから本文です
華美さまに太陽あれっ!のブログ
いつでも明るく・どこでも明るく・・。

イメージ 1

経済に関して、興味深いニュースを目にしました。
高齢化や人口減少に伴い、今までの資本主義経済の常識が通用しなくなったという話です。

経済を活性化すれば成長するという考え方が通用しないということでしょう。
その原因は、少子化と高齢化と言う話です。

人口だけではなく、あらゆる物が高齢化しているのが今の社会でしょう。

高齢者の特徴で言えば、老化現象であります。
老化現象は、子供のように食べて動いて大きくなるという事とは真逆の現象でしょう。
食べても太らない。
そもそも、そこまで食べられない。
そして、いろんな機能が衰えていく。
今まで出来たことが出来なくなってしまう。
頭の中は若いままなのに、体のほうが衰えて考えについていけなくなっている。
場合によっては、認知症になって、正確に自分のことや回りの状況を認識できなくなっている。

まさに、今の世界で起きている現象そのものでしょう。
だから、どんなに経済を刺激しても、よくなるわけが無い。

高齢者は、そもそも働けても若い頃ほどには行きませんし、場合によっては、身の回りのことが自力で出来ればめっけものレベルです。
人によっては寝たきりで自力では生きられない。
ただ、生きているだけと言う状況もあります。
そして、当然収入は年金だけ。

そんな状態の経済で、何が出来るというのでしょうか。

いつまでも若いと錯覚した経済政策では、破綻するのは素人目でも明らかでしょう。
厄介なのが、経済を扱う人が、高齢化と言う事実を認識していないように思います。

たぶん、世界全体がかつてないほどに、高齢化社会に突入しているという未知の領域を理解できていないのでしょう。

高齢化するだけで、今までの常識が通用しない社会になっている。
今までの発想では、決して乗り越えることは出来ないでしょう。

下手をすれば、認知症でも分かるように、現在の状態を正しく認識できないから、なんら適切な対策を打てない可能性もあると思います。

私は長いこと介護をしてきました。
私自身も、着実に老化しています。

回りの老化を見、自分自身の老化を感じていますが、それを認識するのは、簡単なことではありません。
年をとるのは自然の摂理ですが、それに合わせた生活や習慣を身につけることは、簡単なことではありません。

昨日できたことが、今日は出来なくなってしまう。
今日、出来たことが、明日には出来なくなってしまう。
努力をすれば、出来なくなることを最小限度に抑えることは出来ても、止めることは出来ません。

どこかで、必ず出来なくなるものです。
その現実にどう向き合い、正しく対策が出来るかどうか。

老後に備えて貯金をしようという話をよく聞きます。
確かに、貯金も備えにはなるでしょうが、貯金さえあれば安心な老後が迎えられる保証はありません。
むしろ、貯金だけに頼った老後対策は、害にしかならないように思います。

お金があれば、勝手に老後に備えてくれるわけではありません。
それを自分のために使えるかどうかであります。
なにより、認知症や寝たきりになった時に、誰がそのお金をその人のために使ってくれるのかと言うことこそ、重要でしょう。

老後の備えでまず重要なのが、お金以上に人間関係でしょう。

今の社会全体の状況の悪化の原因は、人間関係の劣化でしょう。
周りを見る余裕がなくなっている。
自分のことだけしか考えられなくなっている。
場合によっては、自分のことも、正しく考えられなくなっている。
本能や欲望むき出しの考え方。
だから、正義顔して他者を攻撃しているのでしょう。

年を取るのは好むと好まざるとにかかわらず、必ず起きることです。
否応なしに、老化を受け入れないといけない。
いたずらに抵抗するほどに、正しく現状を受け入れられなくなってしまうのでしょう。
それが今の社会全体の問題の根源かもしれません。

年を取ったら、年を取ったなりの生活スタイルにする必要があるものです。
一番の問題は、体が思った以上に動かないという現実を正しく認識することでしょう。
そうすることで、衰えた体にあった無理のない生活が出来るものでしょう。
それを、無理して若さを保とうとしている。
そして、一気に老化現象が進んで、寝たきり生活になってしまうのでしょう。

年を取ることの一番難しいことは、年を取ったという現実を受け入れることそのものかもしれません。
現実を受け入れないからこそ、厄介な問題が発生するのでしょう。

介護をしていて、他人の老化を見、そして自分自身も着実に老化をしている。
いつまでも若いとありたいと願うこととは裏腹に、現実は、出来なくなってきているものです。
それをいかに上手に受け入れていくのか。

特に顕著に出ているのが、老眼であります。
文字を見るのに、あるいは書くのにめがねが欠かせません。
見栄を張って、メガネを拒否することは、愚の骨頂でしょう。
老眼を受け入れ、素直にメガネをかける決断をする。
それが、老化に正しく向き合う代一歩では無いかと、個人的には思っています。


老化現象が進む中、今日も介護であります。
私は姉よりも10歳余り年上ですが、肌の色艶だけは20代であります。
年を重ねても若い部分もあるものです。
そして、なにより経験の蓄積は年を重ねないと出来ないことであります。

出来ないことに目を向ける必要もありますが、年を取らないとできないことにも目を向けるべきでしょう。

そのためには、若さへのこだわりをあまり持たないことでしょう。
程よく老化と付き合う心の余裕こそ、老後に備える確かなものかもしれません。

老後に備えるためにも、あわてることなくほどほどに過ごしたいものであります。
疲れたら休むのではなく疲れる前に休むこと。
これも、正しく老化に備える方法だと思います。





このブログに関しての、苦情等は、毎度の事一切、受けかねますので、ご了承ください。
”華美さまに太陽あれっ!”の、雑記は、たぶん、こっちから・・。
[http://www1.odn.ne.jp/god_in_the_sun/menu.html ]
(トラックバック機能が停止されるそうなので、URSをクリックしても、ホームページに飛ばないようです。)
※ 更新停止は、いまだに、却下されています・・。
週1回、月曜日の更新中。
毎度の事、ムシ(無視)ぃ〜〜〜が、大発生中かも・・・。(当然だが・・。)

追記・・・・。
”華美さまに太陽あれっ!”の文庫本は、まだまだ、手に入るはずであります。
定価700えんと、消費税。
ISBN-9784286128016

電子ブックでも買えます。
値段490円と税金・・。
文芸社より発行中のはず・・。
さてさて・・・・。

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • ステルス値上げ・・。

    2019/2/23(土) 午前 5:09

    個人的に好きだった飲み物が製造中止になるそうです。 気がつかなかったのですが、言われてみれば、発売当初から中身がずいぶん少なくなっていたようです。 値段変わらずで、発売当初220gが最近は120gとか。 それ以外にも、安くて量が多かったお菓子が、軒並みパッケージデザインを変えて、中身を少なくして値段が同じか若干高くなっています。 ...すべて表示すべて表示

  • 地震だそうです・・。

    2019/2/22(金) 午前 5:16

    北海道で地震ですか・・。 被害に会われた方には、お見舞い申し上げます。 まぁ、考えてみたら、地震というのはいつ、どこで起きてもおかしくないものでしょう。 地球の構造で言えば、溶鉱炉の溶けた鉄の上に張った幕のような場所で私たちは生活をしていると言っても間違っていないでしょう。 つまりは、液体の上に張った膜の上で生活をしている。 ...すべて表示すべて表示

  • 散髪・・。

    2019/2/21(木) 午前 5:33

    自慢ではありませんが、私の場合、髪の毛が伸びてくると、東洋医学で言うところののぼせの症状が出てきます。 頭痛、口内炎、倦怠感などであります。 口内炎が出来ると、頭に熱感が出ます。 体温を測っても熱はありません。 まぁ、放っておけば1〜2週間で治りますが、時には痛くて耳鼻科で処置をしてもらうこともあります。 直接関係があるかどう ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事