ここから本文です
華美さまに太陽あれっ!のブログ
いつでも明るく・どこでも明るく・・。

イメージ 1

老化のせいもあってか、電気毛布が手放せません。
電気毛布と言っても、掛け敷きと両方あります。

体の上から掛けるのか、体の下に敷くのか。
あと、値段は、敷き毛布の方が掛け式の毛布の半額で手に入ります。

で、どう敷くべきなのかと言う話であります。
個人的には、敷き毛布は敬遠したいところであります。
理由は、低温やけどの問題であります。

低温とはいえ、同じ場所に当たり続けると、やけどをしてしまう。
しかも、低温の場合、皮膚の奥のほうまでダメージを受けるので、高温のやけどよりも厄介だったりします。
まぁ、健康な人の場合は、そこまで心配する必要はないのかもしれません。

では、使う場合、どう使うのか。
個人的には、直接、肌に触れないようにしたほうがいいと思います。
特に敷き毛布の場合は、敷き布団の下に敷くべきでしょう。
そうすることで、発熱用のコードのいやな触感もなくなるはずであります。
その場合、電気毛布の下に断熱仕様のマット等を敷いたほうがいいと思います。
そうすることで、マイルドな保温が出来るし、敷き毛布のいやな触感も軽減できるでしょう。

同じことは、掛け毛布にも言えると思います。
まずは、肌掛け用の毛布を敷いて、その上に電気毛布をかける、
さらにその上に、毛布もしくは掛け布団を掛ける。
少なくとも、直接電気掛け毛布を着ないほうがいいと、個人的な体験では思っています。

そういえば羽毛布団も、有効に使うには、羽毛布団の上に、薄い毛布などをかけた方が温かいとかの話もあるようであります。

寒い冬、少しでも温かく過ごすために、些細な知恵にもならない話でありました。


とか温かい話をしていたら、今日あたりから、少し温かくなるとか。
しかも、お天気が崩れそうであります。
水曜日には親戚の方の通院介助の予定なのですが、どうなるか分かりません。

姉のほうは、特に変わりなしであります。
今日は訪問入浴の予定となっています。

そういえば、式布団の上に毛布をひくと温かいとかの話もありました。
ただ、毛布ではなくボア調の敷きマットを引くという手もあるように思ったのですが・・。

寒い冬、寝るときぐらいは暖かく・・。





このブログに関しての、苦情等は、毎度の事一切、受けかねますので、ご了承ください。

”華美さまに太陽あれっ!”の、雑記は、たぶん、こっちから・・。
[http://www1.odn.ne.jp/god_in_the_sun/menu.html ]
(トラックバック機能が停止されるそうなので、URSをクリックしても、ホームページに飛ばないようです。)
※ 更新停止は、いまだに、却下されています・・。
週1回、月曜日の更新中。
毎度の事、ムシ(無視)ぃ〜〜〜が、大発生中かも・・・。(当然だが・・。)

追記・・・・。
”華美さまに太陽あれっ!”の文庫本は、まだまだ、手に入るはずであります。
定価700えんと、消費税。
ISBN-9784286128016

電子ブックでも買えます。
値段490円と税金・・。
文芸社より発行中のはず・・。
さてさて・・・・。

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 1月も半分。

    2018/1/15(月) 午前 5:10

    1月もいつの間にか半分過ぎました。 この調子なら、いつの間にか1年が終わってしまうことでしょう。 たぶん、去年の今頃も、同じようなことを書いていたように思います。 生きているだけで、時間は勝手に過ぎていきます。 どんな大事件や事故が起きても、やがて、空想の出来事のように記憶の隅っこに残るだけになるものなのでしょう。 日々、介護 ...すべて表示すべて表示

  • 思い込み・・・。

    2018/1/14(日) 午前 5:18

    北欧の有名な作品のアニメに関する問題が、話題になっているようです。 作家の出身国と公用語の問題で、出身国と公用語が違うとかの話であります。 しかし、ヨーロッパ諸国においては、その国の公用語が何種類かあることは珍しくないようであります。 確かスイスと言う国の公用語は4ヶ国語だったように思います。 スイスを舞台にした有名な作品。 ...すべて表示すべて表示

  • 年明けて、本格的な受験シーズンのようであります。 この時期になると思うのが、必死で入試を受けて入学をして、いったいなにを学ぶのかと言う話であります。 学校の勉強が不要とは言いませんが、必死で勉強するほどの価値が、学校にあるのかと言うことであります。 そもそも、実は学校の先生は私たちが考えている以上に世間知らずとかの話であります。 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事