今昔映画館(静岡・神奈川・東京)

やっと書き込み再開します。本年もよろしくお願いいたします。

全体表示

[ リスト ]

新作の「トランスフォーマー」をTOHOシネマズ川崎6で観てきました。ここは天井も高い映画館らしいスタイルになっており、DTSを積極的に上映している劇場としても評価が高いです。クレジットカード割引をしてくれるともっとうれしいのですが。

カタールのアメリカ軍基地に突然謎のヘリコプターが飛来します。そして、ヘリは一瞬のうちに巨大ロボットと化し、基地のコンピュータデータを奪おうとしますが、それは何とか阻止されたもの、重武装したロボットに基地は全滅状態にさせられます。すると、今度は大統領専用機にラジカセから変身するロボットが出現し、今度は多くのデータを奪われてしまいます。一方、高校生のサム(シャイア・ラブーフ)は父親から初めての自動車を買ってもらうのですが、いつの間にか中古車屋に現れた古いカマロを予算ギリギリでゲットします。しかし、この車、勝手に動いたり止まったりする得体の知れない代物でした。ある夜、サムは勝手に動き出した車を追いかけると、それがロボットに変身するのを目撃します。すると、そこにパトカーが変身したロボットが現れ、両者が対決し、サムの車が勝利をおさめます。どうやら、変身するロボットには、いいロボットと悪いロボットがいるようでどちらのロボットもサムの曽祖父の遺品のメガネを狙っているようなのです。そして、それは人類絶滅の危機をはらんでいたから、さあ大変。果たして強力な武器を持つ悪いロボット軍団をやっつけることができるのでしょうか。

スティーブン・スピルバーグ製作、マイケル・ベイ監督ってのが売り物の映画。二人が並んで登場する予告編を何度も見せられたのですが、確かに役者も地味でハデなのは爆薬とSFXだから、まあ、そこそこの期待でスクリーンに臨みました。物語はのっけから爆発全開で、カタールの米軍基地がむちゃくちゃにされるというもの。その後も変身(トランスフォーム)するロボットたちが出てくる出てくる。見せ場をこれでもかとつないで2時間半弱を一気に見せる映画に仕上がっていました。とにかくカット割が細かくて、凝ったショットが多いので何が何だかわからないところもあるのですが、テンポがいいので、最後まで一気に見せられてしまいました。

しかしながら、ロボットが金属生命体として、地球侵略にやってくるってのは、やってることは「宇宙戦争」とあまり変わりがありません。その上、その逆の立場のロボットがいて、自分を犠牲にしても人類を守ろうなんて言ってくれるのは、まるでウルトラマンの世界です。そんなムチャクチャ他愛のない話を大金をかけて映像化して見せるのですから、只事ではありません。地球征服をもくろむロボットとそれを阻止しようとするロボット。最初のうちはあまりにも弱体だった人間にも最後には華を持たせるあたりの心遣いも見事でした。

クライマックスは善悪入り乱れての市街戦になるのですが、ここでもベイの演出は思いっきりド派手にやってまして、市街地でそこまでやったら市民の死体の山ができるだろうと思うのですが、そこのところをうまくはぐらかしています。まあ、もともとあまりディティールのこだわらないのがマイケル・ベイの映画なので、勢いで押し切ったあたりは評価できると思います。何しろ、オープニングで派手な基地破壊シーンを見せていながら、クライマックスではさらに大規模なぶっ壊しと戦闘シーンを見せるあたりは、他の監督にはないパワーを感じます。

ロボットたちも英語を話してるのがご愛嬌なんですが、中盤では、サムの両親に見つからないように、ドリフのコントみたいなことをやって笑いをとりますし、クライマックスでは悲壮感あふれる闘いぶりを見せてくれます。ロボットにちゃんとキャラが割り当てられているからでしょうけど、金属生命体が何でこんなに人間臭い会話をするんだろうというところは、これまたご愛嬌というところなんでしょう。

アニメーションじみたファンタジックな設定は日本のマンガの影響を感じました。ロボットが人間のために命を張るとか、キャラが人間くさいといった部分は、アニメの「アイアン・ジャイアント」をさらに人間に近づけた感じです。ただし、それを実写版でやったというのは意味のあることでして、SFXの可能性をさらに広げたといえます。SFXは、メインがILM,その他にデジタルドメインと、KNBイフェクツが参加していますが、CGのリアル感は見事なもので、合成感があった「スパイダーマン」を凌ぐ出来栄えになっています。

ラストでは生き残ったトランスフォーマーが人間の生活に隠れているという設定になってまして、この共存がうまくいくのかどうか、また、ラストで海に投棄した悪玉トランスフォーマーが復活しては来ないのかという、続編への興味をかきたてているあたり、商魂もたくましいと思いました。ただし、見せ場をフルに見せてしまった今回、それを上回る続編を作るのは大変なことでしょう。それとも、手加減しないで見せ場を放り込んだ本作が潔いというべきか。

登場人物の中では、サムがなんとなくオタクっぽい冴えないキャラになっているのが、買った車(トランスフォーマー)のおかげで彼女もできて、ラストでは捨て身の活躍をするのが印象に残ります。その他に三枚目キャラとしてアンソニー・アンダーソンとジョン・タトゥーロが登場して笑いをとっています。

閉じる コメント(12)

男の子映画なのかなぁという気がしてますが、映像が凄そうで興味はあります。
続編もありそうな感じなのですね。ロボットが人間臭い会話をするというのは面白そうですね〜。

2007/8/8(水) 午後 11:59 pu-ko 返信する

顔アイコン

元々3部作構成を予定してたみたいですネ^^!文句無し!最高でした☆^^♪TBさせて下さい^^!

2007/8/9(木) 午前 1:46 [ hiro-mtb ] 返信する

顔アイコン

pu-koさん、コメントありがとうございます。映像はすごいですけど、ロボットみたいのが人間臭い会話をするのは、日曜の朝の戦隊モノの悪役みたいで、大作映画であることを忘れてしまうおかしさがありました。

2007/8/9(木) 午前 8:22 [ einhorn2233 ] 返信する

顔アイコン

hiromtb2007さん、コメント&TBありがとうございます。三部作構成というのは初耳でした。でも、1作目よりもさらに上回る映画を作るのは大変そうですね。持ってる弾を全部撃ちつくしたようなところがありますもの。

2007/8/9(木) 午前 8:24 [ einhorn2233 ] 返信する

アバター

そうそう、ロボットたちが「英語を勉強した」というのは可笑しかったですね!他にもコミカルなシーンがたくさんあって楽しめました。
ちょっと後半の戦闘シーンが長くて疲れましたが、凄い映像ですよね〜びっくりです!TBさせてくださいね♪

2007/8/9(木) 午後 6:20 choro 返信する

顔アイコン

Choroさん、コメント&TBありがとうございます。トランスフォーマーのコミカルな味は日本の戦隊ものを思わせるところがありました。戦闘シーンは確かに長かったですが、その部分説明シーンを省いて、退屈させない映画に仕上がっていました。

2007/8/10(金) 午後 9:02 [ einhorn2233 ] 返信する

いや〜本当に楽しめた映画でした!すごい映像でしたね!そして笑えるシーンも結構あって子供の大人も楽しめるないようになっていました!
話は変わりますが、「アイアン・ジャイアント」は号泣でした。(笑)
TBお返ししますね!

2007/8/11(土) 午前 11:48 MINA 返信する

顔アイコン

MINAさん、コメント&TBありがとうございます。「アイアン・ジャイアント」ご覧になってましたか。あれ、いい話だったんですが、あまりお客さんが入ってない劇場でした。「トランスフォーマー」はそういう感情に訴えるところはないですけど、見せ場をつなげるサービス精神は十分でした。

2007/8/11(土) 午後 8:45 [ einhorn2233 ] 返信する

ロボットが人間臭い会話してましたね〜(笑)所々、切ない音楽流したりしてマイケル・ベイだって思いました!あのサムの両親にみつからないように隠れてるシーンは笑えました。TBお返ししますね

2007/8/12(日) 午前 0:45 LAGUNA 返信する

顔アイコン

らぐなさん、コメント&TBありがとうございます。私はあのサムの両親から隠れるというドリフのコントみたいなシーンは、サービス過剰じゃないかと思いました。人間の周囲をカメラがあおりながら、360度回りこむという、ベイの定番ショットを今回も何度もやってましたよね。何でもやりますってところでベイにご指名がかかったのかも。

2007/8/12(日) 午前 10:14 [ einhorn2233 ] 返信する

顔アイコン

日本のアニメの「トランスフォーマー」はみていたんですよ〜。
だからこの映画とっても楽しみで^^;
比べるまでもなく、こっちの方がず〜〜っと面白かったですけど。
TBありがとうございました。お返ししますね。

2007/8/19(日) 午後 9:42 にげら 返信する

顔アイコン

にげらさん、コメント&TBありがとうございました。アニメでもあったんですねー。でも、映画版の迫力には負けますか。善玉トランスフォーマーのキャラがちょっとアニメ入ってる感じがしたんですが、アニメファンへの気配りもあったのかしら。

2007/8/20(月) 午後 6:48 [ einhorn2233 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(5)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事