今昔映画館(静岡・神奈川・東京)

やっと書き込み再開します。本年もよろしくお願いいたします。

全体表示

[ リスト ]

先日、記事にした「センチネル」で気になったことを書きます。この映画、ユニバーサル映画なんですが、1970年代から80年代にかけてのユニバーサル映画では、特殊視覚効果(Special Visual Effects)としてアルバート・ウィットロック(Albert Whitlock)という人が必ずクレジットされているのです。実際にもこの人はマットアートでは有名な人でして、アルフレッド・ヒチコックの映画でも何度もクレジットされていますし、特殊効果課長(部長だったかな)だったということもあったのですが、とにかく、色々な映画で、一枚看板でクレジットされていまして、中には実際何やってんだろうなあって思う映画もあります。有名どころというと下記の映画があります。

「大地震」
地震の後の街のマットアートに煙や人間を組み合わせる合成カット多し。

「ヒンデンブルグ」
ミニチュアによる飛行船とバックの北極海、マット画による町並みとの合成などの仕事が彼によるものと思われます。ただし並記されている、特殊撮影効果のクリフォード・スタインとの分担は不明。

「マッカーサー」
前半の上陸作戦における、戦艦のマット合成。

「007 ダイヤモンドは永遠に」
クライマックスの人工衛星からのビーム放射のシーンが担当と思われ。

「ザ・カー」
クライマックスの悪霊のついた車の爆発炎上シーンのカット。

「グレイストーク -類人猿の王者- ターザンの伝説」
ターザンの両親が難破して、島に流れ着いた時の難破船との合成カットと、ラストの光溢れる森のカットが印象的。

「エクソシスト2」
ヴァン・ダー・ビーアスタジオと2枚看板なので分担が不明なのですが、イナゴの群れとかアフリカのシーンのミニチュアの岩場やマット画が、視覚効果によるものと思われます。


一方で、どこを担当しているのかよくわからない、あっても数カット、特に見せ場でもないシーンが多いものもあります。

「遊星からの物体X」
中盤の宇宙船を発見するシーンのマット合成2カットのみ。(印象的なオープニングはピーター・クランによるもの)

「パニック・イン・スタジアム」
前半で、ジャック・クラグマンがヤクザに脅されてビルの外に吊り下げられるシーン(スクリーンプロセスか?)のみ。他に視覚効果があるカットは見つけられず。

「キャット・ピープル」
動物園の外観を描いたマット画が3回ほど登場。

「センチネル」
中盤、ヒロインの恋人が訪れる大学の外観のマット画、1カットのみ。

「ブルース・ブラザース」
ラストでヘンリー・ギブソンの乗る車が宙に浮くシーン。(スクリーンプロセスか、ばればれ。)この他に、前半、ジョン・ベルーシに神託が降りるカットもひょっとして彼によるものか。

上記の映画では、彼はメインタイトルで一枚看板で出てくるのですが、その割には担当部分が少ないんではないかなって気がするのです。この他にも「メル・ブルックスの新サイコ(出演も)」「エクソシスト2」「砂の惑星」にも参加しています。

メインタイトルでの登場が多いので名前を覚えてしまったのですが、他の視覚効果マンと違って、あまり該当カットがないじゃんというので、逆に印象に残ってしまいました。いわゆる「スター・ウォーズ」以前の視覚効果マンとして、L・B・アボット、A・D・フラワーズなどと同様に有名な人だと思っているのですが、名前がでんと出る割に仕事が地味じゃんということですごく気になっています。もともと、マットペインターだった方だそうです。最後に映画館で名前を観たのは、シェリル・ラッド主演のB級SF「ミレニアム/1000年記」でのマット・アーティストとしてでした。(この映画、日本の宣伝では、SFXアルバート・ウィットロックという謳い文句でした。でも視覚効果は別の人が担当。)

「タワーリング・インフェルノ」の日本版プログラムにも視覚効果として名前があったのですが、アメリカのデータベース(IMDB)ではヒットしませんでした。やっぱり気になる人です。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事