今昔映画館(静岡・神奈川・東京)

やっと書き込み再開します。本年もよろしくお願いいたします。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

今回は、新作の「シンプル・フェイバー」を横浜のTOHOシネマズ上大岡6で観てきました。アカデミー賞関係の映画に今イチ食指が動かなくて、こっちの方を優先しちゃいました。

ニューヨーク郊外に住む夫と死別したステファニー(アナ・ケンドリック)は、小学生の息子と二人暮らし。料理や生活情報の動画ブログを開いて、そこそこフォロワーがいる模様。父兄参加日に知り合った息子の同級生の母親エミリー(ブレイク・ライブリー)と知りあいになります。豪邸に住み、ハンサムな作家の夫(ヘンリー・ゴールディング)がいて、彼女自身はニューヨークのコスメ会社の重役らしいのです。夫の保険金で何とか暮らしているステファニーとはまるで住む世界の違うエミリーですが、なぜか二人は意気投合。ステファニーは、彼女に頼まれて、子供をあずかったりするようになります。そんなある日、ステファニーはエミリーに頼まれて、彼女の息子を家にあずかるのですが、その後、彼女から一切の連絡がなく、行方不明になってしまいます。彼女の夫ショーンに連絡して、警察にも捜索願いが出されるのですが、彼女の消息は不明。ステファニーはそのことをブログで紹介すると、目撃情報が届き、彼女の借りた車がミシガン州の湖畔で発見されるのでした。

ダーシー・ベルの小説「ささやかな頼み」を原作に、ドラマでに実績のあるジェシカ・シャーザーが脚本を書き「ブライスメイズ」「ゴーストバスターズ」のポール・フェイグがメガホンを取りました。コメディの監督というイメージがあって、ミステリーサスペンスものを撮るというのがちょっと意外性があったのですが、本編を観てみれば、なるほどコメディの監督が撮った映画なんだなあって納得しちゃいました。実際にはシリアスなお話なはずなんですが、どこか間を外したようなおかしさがあって、アナ・ケンドリックの陽性の魅力がこの映画に他のミステリーものとは違う面白さを与えています。その分、ドラマが軽いという印象になりましたけど、そこにちょっと懐かしさを感じました。(そこは後述)

冒頭で知り合ったステファニーとエミリーの関係がまずおかしい。ハイソで豪華で美しいエミリーと、ちょっとキャピキャピ入ったシングルママのステファニーのコントラストの面白さで、ドラマに引き込まれます。ミステリアスなエミリーに主導権を取られた感じになっちゃうのですが、ステファニーも彼女への憧れのきもちがあって、彼女の頼みを喜んで引き受けちゃいます。他の父兄からは、「まー、いいように使われちゃって」とバカにされたりもしてるけど、本人はそれほどのこととは思ってないみたい。一方のエミリーは、写真に絶対撮られたくないとか、どこかミステリアス。前半は二人の会話中心にドラマが進むのですが、境遇の違う二人がお互いに秘密を共有することで距離が縮まっていくのがコミカルな味わいだけどそこそこリアル。この二人の力関係の流れでドラマが一本作れそうなんですが、そこに警察も絡んだミステリードラマが乗っかってきて、「え?」という展開になります。

一応、警察は出てくるのですが、物語はずっとステファニーを軸に展開します。こういう作りのドラマって、その昔、70年代によくテレビで放映されていた、アメリカ製のテレビムービーの味わいがあって懐かしかったです。一般の市民が警察が関与するかどうか微妙なレベルの事件に巻き込まれる、ミステリーサスペンスが結構あったのですよ。それが、後になって日本の2時間サスペンスものにもつながるのですが、殺伐度もスリラー度もそこそこの感じで、普通の人のドラマが展開するってのが、昔、こういうの観たなあって感じなんですよ。劇場映画としての画面の豪勢さはありますけど、でもこじんまりまとまったミステリーとして、懐かしくも楽しんでしまいました。特にヒロインのステファニーがちょっとドジっ子ママなところがあるという親近感も、テレビ的というか、話に入り込みやすいのですよ。一方のエミリーが欠点のなさそうなミステリアスな美形というのも、出来過ぎのタイプキャストのような気もするけど、そこがまたわかりやすい展開につながっています。観客を謎解きやどんでん返しまで引っ張り倒すこともなく、後半のさくさくと展開するのも小気味よくて、軽いけど意外な展開もあって滅法面白い映画になっています。ホント、後半からクライマックスまで、一切、ドラマを溜めることなく、さらりと流したポール・フェイグの演出は、バックに流れるフレンチポップスと同様に、いい意味の軽さがうまく作用して、面白い娯楽映画にまとめあげています。

主演の二人はタイプキャストではあるのですが、そこをきっちりと演じ切ってお見事でした。アナ・ケンドリック演じるステファニーは、動画ブログを毎日更新しているらしいのですが、エミリーが行方不明になってから、彼女のことをブログで語り、情報を求めたりする、今風だけどちょっと軽そうな、人の好いママさん風なんですが、その後に「そっちも軽いのかい?」の意外な顔を見せますし、エミリーの裏のやさぐれキャラもきっちり演じ切ったブレイク・ライブリーも女優としてのうまさを感じさせました。そういう意味では、女優の演技で楽しませるコメディとして観るのも一興ではないかしら。後半のアナ・ケンドリックの素人探偵ぶりは、2時間サスペンスのよくあるパターンですし、2時間サスペンスですから、当然血生臭い事件も起きちゃうのですが、ちょっと懐かしい味わいもありつつ、ごひいきアナ・ケンドリックのかわいいヒロインを見ることができ、美女ブレイク・ライブリーの演技の幅も堪能できて、楽しい2時間弱を過ごせましたから、軽い期待とノリでスクリーンに臨めば、ちょっとツイストの効いたサスペンスコメディとして楽しめるのではないかと思います。



この先は結末に触れますのでご注意ください。



行方不明だったエミリーは、湖から水死体で発見されます。DNAも腕の入れ墨も死体が彼女であることを物語っていました。夫と親友を失ったショーンとステファニーですが、葬儀を終えてすぐに二人はやんごとなき関係になってしまいます。そして、エミリーのいた豪邸にステファニーと息子は引っ越してきて、エミリーの息子も入れた4人の暮らしが始まります。でも、息子たちがエミリーを見たと言い始め、さらにステファニーにもエミリーと思しき女性から電話がかかってきます。エミリーの荷物を処分したクローゼットが元に戻っていたり、まるで超自然現象みたいな展開になってきて、ステファニーも「悪魔のような女」じゃないの?とショーンを疑いますが、ショーンもわけがわからない。警察は、エミリーに400万ドルの保険金がかかっていたことから、ショーンを疑っているみたいだし、急接近したステファニーへも疑いの目を向けてきます。そこで、ステファニーは単身、エミリーの過去を調査し始めます。亡くなった湖でのキャンプに参加していたらしいことを知り、アルバムを調べると、なんとエミリーは双子だったのです。そして、彼女の母親に会って話を聞くと、どうやらとんでもない娘だったらしいのです。双子は、家の火事の後、姿を消していました。それは、厳しい父親を殺すために二人が共謀して家に火を放ったのでした。エミリーは双子の姉と別れて、新しい人生を歩んでいたのですが、姉が金の無心をしてきたことから、彼女を自分の身代わりにして殺して、自分の保険金を手に入れようとしていたのでした。それもショーンには内緒で。

一方、エミリーに双子の姉がいることを知ったステファニーはブログで、彼女が生きてることをほのめかしたもので、エミリーも逃げきれなくなって作戦変更、ショーンに再度接近します。しかし、彼が思うように動かないとわかると、一計を案じて、全てショーンの計画だったという証拠を偽造して、彼を刑務所に送ろうとします。ショーンのお邸で三者会談となるのですが、ステファニーは銃を持ち出して、ショーンに向けて、エミリーに姉を殺したことを白状させようとします。でもエミリーは仕掛けられていた盗聴器を見抜いていて、それを壊して、改めて銃をステファニーに向けます。しかし、彼女のブラウスのボタンには小型カメラがしこまれていて、3人の会話はブログに実況されていたのでした。逃げ出すエミリーを追うステファニーですが、銃を向けられた時、ブログ読者である息子の同級生の父親が車で突っ込んできて、間一髪で命拾いし、エミリーは警察に逮捕されるのでした。ステファニーはその事件が縁で、探偵ブログを始めて、実際に探偵事務所を開いて事件を解決するようになるのでした。そして、20年の実刑をくらったエミリーは刑務所でそれなりに居場所を見つけたようなのでした。

エミリーが双子とわかってからは、ドラマのテンポが一気にアップして、エミリーとステファニーの対決ドラマの様相を呈してきます。ブログでエミリーを挑発するステファニーに対して、ショーンから攻め落とそうするエミリーの攻防が、クライマックスでは、ショーンを挟んで、両者が直接対決となります。とは言え、ストレートにサスペンスを盛り上げず、時間の省略や、間を外した場面転換などで、どこか軽さとコミカルさを持った展開になるのがおかしく、とぼけた味わいのエピローグまで行くと、やっぱりこれはコメディだったんだなあってことになります。もちろん、エミリーの姉殺しや父親を放火で殺すといった血生臭い事件もあるのですが、それでも全体はどこかコミカルな軽さがあるのは、まさに2時間サスペンスの味わいなんですよ。映画の宣伝文句を真に受けちゃうと物足りなさや展開の甘さを感じてしまうのですが、もともとそういうストレートな作りでないので、観る方もお気楽にスクリーンに臨んだ方が楽しめる映画です。そういう意味では、エミリー・ブラント主演の「ガール・オン・ザ・トレイン」と似たような売り方をしているのですが、あっちは、ブラックな笑いを散りばめたスリラーで、こっちは、犯罪を盛り込んだご近所コメディくらいの違いがあります。どっちも娯楽映画として、面白くできていますから、オススメしちゃいますが、変にずれた期待をしてスクリーンに臨むとせっかくの面白さを受け止め損ねちゃいますから、宣伝には気を遣って欲しいと思いますです。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

二転三転、画面に釘付けでした 2時間ドラマのようですが、二人の女優の魅力で楽しませてもらいました。TBさせて下さいね。

2019/3/25(月) 午後 10:01 アンダンテ 返信する

顔アイコン

アンダンテさんん、コメント&TBありがとうございます。こじんまりとスマートでシャープという作りと役者の演技がうまくマッチしていました。私はこういう映画好きなのでもっと見たいと思うのですが。

2019/3/30(土) 午後 9:16 [ einhorn2233 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事