今昔映画館(静岡・神奈川・東京)

やっと書き込み再開します。本年もよろしくお願いいたします。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

今回は新作の「ブラック・クランズマン」を川崎のTOHOシネマズ川崎7で観てきました。ウィークデーの最終回としては結構お客さんが入っていました。

1970年代、アメリカのコロラド州コロラド・スプリングスで、人種を問わない警官募集に応募して、初めての黒人警官となったロン(ジョン・デヴィッド・ワシントン)は、資料室勤務が不満で潜入捜査官を希望したら、黒人活動家の演説会に潜入する仕事を仰せつかり、学生活動家のパトリス(ローラ・ハリアー)と仲良くなります。その後、配属された情報課で、彼は何とKKK(クー・クルックス・クラン)の募集広告に電話して、白人のふりをして、潜入捜査をすることになります。電話ではOKでも直接会いにはいけないので、実際に会いにいくときはユダヤ人の警官フリップ(アダム・ドライバー)がロンのふりをすることになり、二人一役で黒人(後ユダヤ人も)差別主義者を演じて、KKKの支部に入り込むことに成功します。彼らの口ぶりからすると、どうもKKKが近々何かすやらかそうとしているみたい。一方、ロンが会員証の件で本部に電話したらKKKのトップであるデューク(トファー・グレイス)につながり、さらに信用を得ることになります。そして、黒人の集会の日、一方ではKKKの支部でも、デュークを招いての集会が行われていました。KKKの連中は何かやらかそうとしているようです。でも、ロンは上司の指名でデュークのボディガードをすることになっちゃいます。KKKの集会で浮いているロン、しかし、そこに不穏な動きが....?

「ジャングル・フィーバー」「マルコムX」「セントアンナの奇跡」などで知られるスパイク・リーが、実在した黒人警官の実録本をもとに、脚色し、メガホンを取りました。アカデミー賞の作品賞、監督賞、作曲賞などにノミネートされ、脚色賞を受賞しました。作品賞を「グリーン・ブック」がかっさらったので、リー監督が機嫌悪くなったというエピソードが報道されたりしています。「グリーン・ブック」と同じ黒人差別を扱った映画ではあるんですが、向こうがいい話のロードムービーなのに対し、こちらはかなり悪意のある実話ベースのコメディということができるのかな。でも、映画のオープニングは「風と共に去りぬ」の南軍のシーン、その後、差別主義者の何とかという教授(演じるのはアレク・ボールドウィン)が白人優位を訴えるシーンにつながります。本筋に入る前に、アメリカ南部の黒人差別って根が深いんだぜというところを見せるという、結構マジメな作りなのですよ。黒人警官が白人警官とのコンビで差別主義者を演じてKKKに潜入捜査をするってところはかなり笑える設定で、その展開はコミカルなんですが、映画が黒人の集会とKKKの集会をカットバックで描くシーンになると、突然トーンがシリアスになります。狂気のKKKと虐げられた黒人の歴史を語る様の両方をマジに盛り上げるのですよ。あらすじを追う部分は、笑いも入れてテンポよく展開する娯楽映画。でも、KKKと黒人を描く部分はマジシリアスという何と言うか映画の中であちこちの温度差が大きい映画に仕上がっています。

コメディかシリアスかと問われるとどちらかというとシリアスが上かもしれません。また、作り手のスタンスは極めて明快に黒人側に立っており、KKKはどこかが狂った人間という描き方になっていまして、集会で、KKKのメンバーが「國民の創生」を声援を上げて鑑賞するというシーンはどう見ても正気の沙汰ではない見せ方になっています。一方の黒人の描き方は、単なる被害者というステレオタイプでない奥行きを持った人間としてのキャラを与えられています。学生活動家のパトリスは警官は全部敵だという認識で、黒人警官であるロンと一線を越えることができません。一方で、ロンは警察署内の差別発言に耐えつつKKKをはめてやろうと画策し、それに協力する白人警官の姿もきちんと描かれます。中立なおまわりさんとしては、黒人活動家もKKKも度を過ぎた行動をされるのは困る。一応建前としては、黒人だろうが白人だろうユダヤ人だろうが市民なら守らなきゃいけない立場を全うしようとします。黒人を差別する酷い警官も登場しますが、それが警官の大多数だという描き方にはなってはいませんが、一方で、そういう困った同僚をなかなか告発するのも難しいという組織のよくあるパターンを見せます。日本だって、問題のある教師や公務員を内部から告発してやめさせるとかはできないので、転勤とかでお茶を濁したりしてますから、どこの国でも似たようなものです。

KKKは黒人差別だけでなく、他の有色人種やユダヤ人とか、自分たち以外は見下していて、特に台頭してきている黒人に対しては攻撃的になっています。そのメンバーには退役軍人どころか現役軍人も入っているのですって、白装束で集まって十字架を燃やしたりするくらいならまだしも、黒人の集会へテロ行為を仕掛けようとします。KKKメンバの奥方がやっぱり差別意識がすごくて、黒人を殺すことを悲願の達成と言っちゃうかなり狂ったキャラ。KKK側の人間の狂った顔しか見せないので、彼らが善意の市民の顔をもっているところを描かないのが面白いところです。映画の攻撃の的として描くためにそういう見せ方をしているということになるのですが、彼らの善意の市民としての顔を描いて、人間の業の深さを見せる深い映画にすることもできたでしょう。でも、そこまで人間の根源的なところまで踏み込むと、今そこにある黒人差別というテーマがぼけちゃうから、奥行きを感じさせないわかりやすい悪役にしているのだと思いました。映画の立ち位置が明快で伝えたメッセージがストレートに届く映画として、この映画、オススメできます。今だからこそ作らなきゃという気持ちが伝わってくるだけに、今が歴史的に前に進むのか逆コースへ行くのか分岐点にあると感じさせる、ある意味、怖い映画でもあります。

スパイク・リーの演出は面白おかしくテンポよくドラマを進め、シリアスなメッセージも重くなりすぎないようにきちんと娯楽映画の体でまとめることに成功しています。結末も痛快な後味を残す一方で、エピローグで最近の人種差別主義者のヘイト集会やデモなどの映像を見せ、大統領でさえその連中に与している事実で、観客をマジでビビらせる結末になっています。テレンス・ブランチャードの音楽が、メインとなるモチーフのバリエーションでドラマの要所要所を支えるという、20世紀の映画音楽の作りになっているのが、個人的にうれしかったです。クライマックスの盛り上げなど見事でしたもの。サントラ盤をゲットしてしようとしたら、ダウンロード版しかなかったのは残念でしたけど、とりあえずゲットしちゃいました。久々の映画音楽らしい映画音楽なんですよ。そういうのが古い人間なのかもしれませんけど。



この先は結末に触れますのでご注意ください。



KKKの儀式が済んで女性も交えた食事会となりますが、その中過激メンバーのフェリックス(ヤスペル・ペーコネン)と奥さんのコニー(アシュリー・アトキンソン)が不穏な目配せをして、コニーが包みを持って姿を消します。それに気づいたロンは、彼女の乗った車を通報してマークさせます。コニーは黒人集会の場所に爆弾を仕掛けようとしますが、警官が動員されていることで断念、プランBとして学生活動家のリーダー、パトリスの家にその爆弾を仕掛けようとします。ロンは、彼女の家へ向かい、コニーを見つけて、彼女を取り押さえようとします。一方、起爆スイッチを持ったフェリックスたちの車もコニーの家へ向かいます。ロンとコニーがもみあいになっていると、そこへパトカーが到着するのですが、逆にロンを取り押さえてしまいます。そこへフェリックスたちの車が到着、ロンはパトリスに逃げろと叫ぶのですが、フェリックスは起爆スイッチを入れます。すると、コニーの車が傍にいたフェリックスの車もろとも大爆発。コニーは爆弾をパトリスの家に仕掛けかねていたところをロンに発見されたので、爆弾は彼女の車にまだあったのでした。そして、ロンとパトリスが飲んでいるところに黒人差別の警官が絡んでくるのですが、周囲で待機していた警官に逮捕されてしまいます。ロンはKKKのデュークに電話して、実は黒人だよーんってネタばらしして、みんなで大笑い。一方、ロンがパトリスと一緒に家にくつろいでいると、ドアの方から不審な音が聞こえてきて、二人が銃を構えてドアに向かうところで物語はおしまい。エピローグで現在進行形の差別主義者のヘイト集会やデモ、さらに差別反対のデモに車が突っ込むという実写シーン、さらにトランプ大統領がその差別主義者のテロに「両方悪い」とコメントするシーンが映り、エンドクレジット。

パトリスの家に爆弾が仕掛けられるシーンは、音楽のサポートもあって、大変盛り上がりまして、KKKの車が吹っ飛ぶシーンはサプライズなカタルシスがありました。痛快なオチかと思われるのですが、最後の実写ビデオで、今がヤバイぞというメッセージを突きつけてきます。刑事ドラマと実録モノとコメディを組み合わせたエンタテイメントの中に、ストレートな政治的メッセージを盛りつけた作りの映画で、個人的には盛りつけがボリュームありすぎな気もするのですが、こればアカデミー脚本賞をとったのですが、すごい映画なのでしょう。演技陣では、ロンを演じたジョン・デヴィッド・ワシントンが意外と薄めのキャラでドラマにうまくフィットしていました。デンゼル・ワシントンの息子だそうですが、黒人だけど薄めキャラというのは、他の黒人俳優が濃いキャラの人が多いので、こういう人は貴重な存在になるかも。またアダム・ドライバーは新作ごとに役者の幅を広げているのがお見事。パトリス役のローラ・ハリアーの知的美人ぶりは今後要チェックだと思いました。また、あまり奥行きを与えられない悪役であるKKKを演じたライアン・エッゴールドとヤスペル・ペーコネンも要チェックのバイプレイヤーです。

閉じる コメント(1)

顔アイコン

観たい作品なのでサラッと流し読みにしておきますが、面白そうですね。

2019/3/31(日) 午前 6:46 アンダンテ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事