廣宮孝信の反「国家破産」論 ブログ

「国が財政危機と考えることこそが日本の危機」「財政黒字はむしろバブル崩壊の予兆の場合もある!」。【国債を刷れ!】著者のブログです

全体表示

[ リスト ]

先日、

日銀

国債買い現先オペ

についてご質問がありましたので、今日はそれに関連する記事を書きます。

えーと、

国債の買いオペと何が違うかと申しますと、

買いオペは、日銀が金融機関などから国債を買い切ってしまうことですが、

買い現先オペというのは、ややこしい話を抜きにして一言で言いますと

国債を担保にした貸付

のことです。


金融機関は担保として、国債を日銀に差し出し、

日銀は、それと引き換えに金融機関におカネを貸すわけです。


仕訳を書くと、

日銀:

 買い現先(実態は貸付金) 1兆円 / 当座預金(負債) 1兆円


民間銀行:

 当座預金(資産) 1兆円 / 売り現先(実態は借入金) 1兆円


となります。

日銀当座預金が増え、それはベースマネーの増加、通貨の増加ですので、
買い現先は、市中への資金の供給オペレーション、つまり金融緩和です。

ただし、
国債を買い切る「買いオペ」とは違い
一定期間後には、日銀は返済を受ける
つまり、当座預金を減らす→ベースマネーの減少、ということになるので、
あくまでも一時的な金融緩和となります。


一方

買い現先の反対で、売り現先というのがあって、

これは、
国債などを担保に差し出して、おカネを借りることです。


で、
買い現先が金融緩和であるので、

その反対である売り現先は、市中からの資金吸収オペレーション、つまり金融引締です…

と思っていたのですが…


いや、
その前提で話を進めて今日の記事はシャンシャン、のつもりだったのですが、

よくよく考えているうちに、

「買い現先」が「金融緩和」で、その逆の「売り現先」が単純に「金融引き締め」

とはならないことにうかつにも(?)気付いてしまいました(@@)


というのは、
日銀は、ある銀行(A銀行とします)から「売り現先」で資金を借りたら、それは金利を支払う必要が生じます。

そのA銀行から借りた資金はそのまま置いていては損をするだけになるので、

日銀は他の銀行(B銀行とします)に貸し付けるなどして、「運用」しなければならないからです。


売り現先は、
国債の売りオペのように、国債を売って当座預金を減らす

つまり、

当座預金 1兆円(負債減少)/国債 1兆円(資産減少)

というベースマネーの減少ということにはならず

B銀行への貸付金 1兆円(資産増加)
      / 売り現先勘定(A銀行からの借入金) 1兆円(負債増加)

ということになり、

ベースマネーの減少とならないのです。


もう一度整理しますと、

☆国債買い現先オペは、
 国債買いオペと同様、当座預金というベースマネーの増加を伴う

 ので、金融緩和(ただし一時的)


☆国債売り現先オペは、
 国債売りオペとは違い、当座預金というベースマネーの減少を生じないので、

 金融引き締めとはならない

で、
国債売り現先オペは、
資金が不足している金融機関に資金を回すという目的のために、
その手段として資金に余裕のある金融機関の資金を吸収しているだけですので、むしろ、どちらかと言うと一種の金融緩和

と言えそうです。

まあ、金融緩和というよりは、
資金繰りの仲介による金融の円滑化と言ったほうがしっくり来そうですね^^;



さて、
もう一つの着眼点も書きますと、

買い現先の場合、
日銀は資金を貸して金利を受け取るわけです。

ということは、
国債を買い切って保有する場合と同じで、
政府が支払った国債利息は、日銀のフトコロに転がり込んでくるわけです。

そうすると日銀の収益が増えるので、
日銀が国庫納付金や法人税等の形で政府に支払うおカネも増えるわけです。

ということで、
買い現先も、政府が支払う国債利息が日銀からキャッシュバックされ、政府の金利負担をなくす効果があることになります。


逆に、
売り現先の場合は、
日銀がおカネを借りるので、
民間の金融機関に日銀が利息を払うことになります。

が、上記で述べた様に、売り現先では、借りた金をまた別の金融機関に貸し付けるなどして運用するわけですから、

支払利息を補うだけの受取利息(運用収益)があることになります。

よって、
国債の売り現先オペは、政府が支払う国債利息が日銀からキャッシュバックされる効果を失うことはない取引であると考えられますね。

この点でもやはり、売り現先オペは、国債の売り切りオペとは違っているわけです。


今日のはかなり地味なネタになってしまい、すみません^^;)

「【買い現先】は一時的な金融緩和をするためのオペレーション、【売り現先】は金融仲介・民間金融機関の資金繰り円滑化のためのオペレーションというわけね。 これと【買い切りオペ】による金融緩和、【売り切りオペ】による金融引き締めなどなど、あの手この手を使って、日銀は金融調節をやっているんだねえ」、と思われた方は↓こちらのリンクのクリックをお願い致しますm(_ _)m

    https://blog.with2.net/in.php?751771

ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51iN5BfVzDL._SL500_SS75_.jpg

「国債を刷れ!」好評発売中です。ご購入はこちらをクリック⇒アマゾン

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

この記事に

閉じる コメント(4)

ほーーーーーー単純に買いオペ、売りオペでは割り切れないのですね。今日気が付きました。傑作

2009/5/23(土) 午前 2:18 [ 古の碧き泉より ] 返信する

顔アイコン

>そのA銀行から借りた資金はそのまま置いてい
>ては損をするだけになるので、
>日銀は他の銀行(B銀行とします)に貸し付け
>るなどして、「運用」しなければならないから
>です。

暴論ですが、日銀にB銀行のような運用先がない場合は、「通貨発行権」を持っている日銀が金利を支払うために単純に輪転機を回すという選択肢はないのでしょうか?「国債を刷れ」を読んでから、あながちあり得ない話でもないと感じる今日この頃です。

2009/5/23(土) 午前 2:58 [ KM ] 返信する

顔アイコン

KMさん

>暴論ですが、日銀にB銀行のような運用先がない場合は、「通貨発行権」を持っている日銀が金利を支払うために単純に輪転機を回すという選択肢はないのでしょうか?

うふふ。その場合は、日銀は最初からA銀行からおカネを借りずに、紙幣を増発するか、当座預金を増やすかしてベースマネーを増やせば良いことになりますね^^。

今日は、関連記事を書くことにします。

2009/5/23(土) 午後 5:22 [ ヨッシーニ ] 返信する

顔アイコン

買オペと買い現先オペの区別すら、理解していませんでした。。。
わかりやすい解説、ありがとうございました。

2009/5/27(水) 午前 1:09 [ なんちゃってMBA ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事