廣宮孝信の反「国家破産」論 ブログ

「国が財政危機と考えることこそが日本の危機」「財政黒字はむしろバブル崩壊の予兆の場合もある!」。【国債を刷れ!】著者のブログです

全体表示

[ リスト ]


http://ecx.images-amazon.com/images/I/51xJ2bE3HTL._SL160_AA115_.jpg

「国債を刷れ!」「高校生でもわかる日本経済のすごさ!」アマゾンでのご購入は こちらです→ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883926788



当ブログのランキング状況は、 こちらをクリック





本日は、

【不動産、機械装置は「純資産」】
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/21678278.html

【新株発行マジック!】
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/21694691.html


について、いろいろ説明不足な面があったように思われますので、補足します。


不動産や機械装置といった有形資産



株式・出資

が、「ビールの泡のようなプラスαの資産」という話について。


この話の出発点は、

金融資産と負債は釣り合って、金融純資産がゼロになる

という資金循環統計です。


資金循環統計では、いわば、負債側に全ての借金が入っているわけです。

そして、その対になる金融資産と釣り合っている

ただし、

釣り合っている状態であるのは、本来負債ではない株式・出資を発行元の負債と見なして、負債に入れているからです。


さて、

資金循環統計

全ての部門の資産側の株式・出資



全ての部門の負債側の株式・出資


それぞれ合計してみると…


イメージ 2



で、一致するわけです。

そして、これを踏まえて、

国内部門(政府+民間)と海外部門を全部足し合わせたバランスシートは↓こうなります


イメージ 1



一番左が、資金循環統計スタイルのバランスシートです。

金融資産と負債が釣り合って、差し引きゼロになります。

厳密には、政府と中央銀行保有の金とSDRが、対応する負債が無いので、
 3.2兆円ほど資産超過になりますが)


次に、中央の図です。

株式・出資は本来、発行元にとって返済義務はありませんので、負債ではありません。

よって、株式・出資を負債から消し去ると、

株式・出資の金額分がそのまま金融純資産(この場合、国内と海外部門を含めた金融純資産)となります。


最後に、右の図です。

債権者のいない債務は存在し得ません。

よって、基本的に負債というのは、他の誰かの金融資産(債権)です。

よって、負債は金融資産(債権)と釣り合って完結します。


これに

本来負債ではないので、一方的に資産のみである株式・出資



金融資産以外の資産、つまり、不動産や機械装置などの有形資産

を加えると、


純資産はプラス側に伸びる一方となります。


上図で、黄緑色の破線枠は、
対応する負債のない資産、つまり、相手方が純資産となる資産群を示しています。



で、

なぜ、こんなことになるのか?

なぜ、こんな「純資産」が存在し得るのか?

ということの仕組みについて、具体例を挙げて説明したのが、


【不動産、機械装置は「純資産」】
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/21678278.html

【新株発行マジック!】
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/21694691.html


というわけです。

説明の方法は下の二種類でした。

(1)具体的な取引事例を簿記の仕訳を用いて説明(これは、
   説明のため仕訳という手法を用いて、ある瞬間を切
   り取ったものと捉えて下さい)。


(2)株や不動産の売買があっても、お金は買い手から売り手に渡るだけ。
   預金の量が変わることは無い。
   よって、株や不動産の価格を決めるのはお金の回転スピード
   (というのを図説)。

と言った具合です。


そして、結論としては、


株や不動産の価値総額というのは、

ビールの泡のようなもの、お金の回転速度や景気のバロメーター、速度メーター。


あるいは、


株や不動産の価値総額というのは、

預金などの「安定資産」の上に乗っかっている、バネのようなもの。

景気が良ければバネが伸び、景気が悪ければバネが縮む。


となります。



というのは、
株がどれだけ減っても、時価総額で数百兆円規模の減少があっても、

預金は減るどころか、むしろ増えている、という下の図を見ていただけると、かなり納得ができるのではなかろうかと思います。


イメージ 3



上図では、

☆株式・出資の合計額(青)

☆預金総額(黄色)

↑これら以外にも、参考情報として、

☆日経平均株価(ピンク色、右軸)

も掲載しました。


で、ここで、注目していただきたいのは、

株式・出資の合計額(青)

・バブル期のピーク(89年3月)



・直近のピーク(07年6月)

の時の日経平均です。

(株式・出資のピークと日経平均のピークは若干ずれていますが、日経平均は月データなのに対し、株式・出資のデータが年度末データしかないためです。悪しからず)


イメージ 4



日経平均は、ほぼ半減なのに、

株式・出資の時価総額が、バブル期よりも07年の方が大きかった!

(但し、しつこいようですが、この時期、緊縮財政の外需頼みで日本の名目GDP成長率は世界最低です(笑))

のでした。


これは、意外に思われる方が多いのではないでしょうか?


もちろん、

日経平均が日本の株の全てを示す指数ではないので、

株式・出資の時価総額のピークと日経平均のピークがずれていても、何ら不思議ではないのですが、


株式・出資の数、発行株数というのは、バブル時よりもずっと増えているということなのでしょう。

つまり、

89年以降の新株発行というのが少なからずあった(新興市場を含めて)ということです。


現在は、89年の時価総額を下回っていますが、

07年6月時点では、

【新株発行マジック!】

で述べたような、株式増発による「信用創造」が起こっていたと言えそうです。



もう一つ別の説明をしておきますと、

07年6月のピーク 1,067兆円から
09年3月の底 487兆円まで、

580兆円も時価総額が激減したとは言え、


それでも、株式・出資は487兆円あったわけです。


もし、
これまでに日本の企業が一社たりとも株式・出資を発行していなかったら、この487兆円は0円です。

しかし、株式の発行だけでは、預金は右から左に移るだけで増えも減りもしないわけです。


つまり、

株式・出資の新規発行の積み重ねによって、
最近では底の時ですら、預金とは別の、本来ゼロであるはずの金融資産が、上乗せで487兆円もあったわけです。

より正確には、「あるように見えた」と言うべきかも知れませんが^^)。


【新株発行マジック!】では、
上記のようなマクロにおける摩訶不思議な現象を、簡易に説明することを試みた、ということなのであります。




但し、繰り返しになりますが、


「所詮、株式の価値というのは、

 ビールの泡のようなもので、価値変動が激しいもの。取扱注意」

です。


「それにしても…、一時的とは言え、株式・出資の時価総額が07年にはバブル期を凌いでいたとは、意外かも @o@」 と思われた方は、↓下のリンクのクリックをお願いいたします

https://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

この記事に

閉じる コメント(19)

顔アイコン

ご存知だと思いますが、あえて一言申し上げておきますと、日経平均225は、2000/04/24の大幅入れ替えで様変わりしておりますので連続性という面においては微妙な指標と言わざるを得ません。
http://www.nikkei.co.jp/nkave/about/history.html

あと、大証250種修正平均の方が昔の日経に寄り近い値と言われています。(もしくは日経300)

http://quote.nomura.co.jp/nomura/cgi-bin/parser.pl?TEMPLATE=nomura_tp_index_03&QCODE=161

連続性で言うならば、浮動株比率への変更はありましたが、TOPIXの方がいいかもしれません。

本筋とは関係ない突っ込み失礼しました。

2009/9/25(金) 午後 11:26 [ alt ] 返信する

・株にしても不動産にしても借金をして購入し、株や不動産の時価変動に借金が連動しないということ
・借金と株や不動産はまったく別物であること
・別物である借金と時価との差による損益で純資産がマイナスになることはあること(借金の対である現金は他人のバランスシートでニヨニヨしてるので連結すると・・・)

この辺を理解してないと理解できそうにないなー
特に最後のだけ半端に理解して上二つ理解しないで、でも土地破産がフンダララって人は物凄く多そう

2009/9/26(土) 午前 10:05 [ ス内パー ] 返信する

顔アイコン

alt さん、

TOPIXは残念ながら、アメリカのYahoo!Financeで取り扱っておりませんで…

アメリカのYahoo!Financeは過去の株価データがスプレッドシートの形でダウンロードできて便利なのです^^;

2009/9/26(土) 午前 10:53 [ ヨッシーニ ] 返信する

顔アイコン

おはようございます。
財務省は複式簿記をせず単式だと聞きました。
だから一方的に「借金を減らせ」となるのです。
まず会計を一本にして(一般会計と特別会計)複式にすれば良いと思います。

2009/9/26(土) 午前 10:56 [ xya*0* ] 返信する

顔アイコン

ス内パー さん、

そういった事柄は個別の投資案件で気を付けるべきことでありますね^^。なお、これはミクロの話でありますね。

そのミクロの集積…
資産が株や不動産の暴落で激減し、負債だけがそのまま残っている人や企業が多い状態がバランスシート不況…。これはマクロですね。

一方、
株や不動産は国全体のバランスシートで考えると、実は負債ではなく、純資産に対応している。これもマクロの話です。

ということは…

問題は、「預金などの”安定資産”が偏っている。マネーの保有者が偏在し、マネーの循環が滞っているということが問題」ということになりますね。

しまった。本文でそこまで書くべきでした^^;

2009/9/26(土) 午前 11:01 [ ヨッシーニ ] 返信する

顔アイコン

日経平均の功罪ってあると思います
ITバブルの頃、高値でIT銘柄を組み入れてしまい、その後日経平均はTOPIXと乖離して下落したという現象がおきましたが、あれは結局どうなったのかとか、指数の連続性がなくなっているという話もあります。
本当は日経平均ではなくご指摘頂いた東証時価総額合計が正しいんだとおもいます。しかし多くの人が日経平均を見ている以上、無視することも出来ないという感じでしょうか。

2009/9/26(土) 午前 11:20 [ こう ] 返信する

顔アイコン

ヨッシーニ様

なるほど、そのような裏事情があったのですねw

お役に立てるかどうかわかりませんが、東証のサイトで、TOPIXのエクセルデータ(年単位)で落とせる場所がありますので、ご紹介させていただきます。

http://www.tse.or.jp/market/topix/data/index.html

2009/9/26(土) 午後 0:02 [ alt ] 返信する

顔アイコン

加藤さん

>本当は日経平均ではなくご指摘頂いた東証時価総額合計が正しいんだとおもいます。しかし多くの人が日経平均を見ている以上、無視することも出来ないという感じでしょうか。

仰る通りですね。

altさん、ご紹介ありがとうございます^^
また何かの時に使います^^

2009/9/26(土) 午後 0:04 [ ヨッシーニ ] 返信する

顔アイコン

ヨッシーニさんの本エントリーでのコメント

>問題は、「預金などの”安定資産”が偏っている。マネーの保有者が偏在し、マネーの循環が滞っているということが問題」ということになりますね。

と、ヨッシーニさんの前エントリーでのコメント

>なお、「日銀が国債を買わない。デフレ脱却を目指す政府に非協力的」というのは誤解です(私も一時期、誤解していましたが)。何せ、日銀の国債保有量はバブル期の3倍以上になっていますので!

に関連して、僕から初めてヨッシーニさんに異論?を挟んでみようと思います。 削除

2009/9/28(月) 午前 0:05 [ HM ] 返信する

顔アイコン

フローたる所得とストックたる資産の関係は、前者が国民所得勘定(三面等価のうち、国内での生産面から見たものが国内総生産 GDP です)・後者が国民貸借対照表で表されます。

ストックたる資産は"実物資産=非金融資産"と"金融資産"の2種類。金融資産は貸し手と借り手がいるので全世界では±0です(株式は直接金融による信用創造なので、株価の上下による流動性増減は貨幣の増減の一種です)。

ここで問題なのは、わが国は金融資産の対GDP比率が恐ろしく高い…という事です。普通の国債買入量ではデフレ脱却なんか無理でしょう。もちろん「これまで日銀が国債を買わなかった」というのは間違いですが、国債の買い入れ量が足りないという面では「デフレ脱却を目指す政府に非協力的」という見解にも一理あるのではないでしょうか?

日銀が金融資産の対GDP比率の異常値に狼狽していることや、政府が日銀に協力しないことがあったりする面では日銀マンに同情する点は大きいのですが。 削除

2009/9/28(月) 午前 0:06 [ HM ] 返信する

顔アイコン

HMさん

>問題は、「預金などの”安定資産”が偏っている。マネーの保有者が偏在し、マネーの循環が滞っているということが問題」ということになりますね。

というのは、実例を挙げますと個人の金融資産1400兆円のうち6割が消費性向があまり高くない60歳代以上の高齢者が保有しているということなんです。

>国債の買い入れ量が足りないという面では「デフレ脱却を目指す政府に非協力的」という見解にも一理あるのではないでしょうか?

しかしながら、10年もの国債の金利が米国の大恐慌期の最低記録1.8%すら下回る世界史上最低水準が延々と続いていますので、それなのに「日銀が非協力的」というのは、日銀がやはりかわいそうではなかろうかと思います。

しかも、小泉政権下において緊縮財政という強力なデフレ圧力を受けている中で、「ちっともインフレにならんやないかい」という、ほとんどその筋の方の言いがかりとしか思えないような批判を受けていたことについては、同情せざるを得ません。

2009/9/28(月) 午前 9:49 [ ヨッシーニ ] 返信する

顔アイコン

>実例を挙げますと個人の金融資産1400兆円のうち6割が消費性向があまり高くない60歳代以上の高齢者が保有しているということなんです。

これはよく承知しています。

以下についてはこう考えます。日銀は緩和政策を行う際の条件交渉を政府と行うべきではないか、つまり政府にもっと要求するべきではないか?と。

財政が緊縮政策なのに、金融で緩和政策をやれと言われ効果が少ないと批判を受けたのはたしかに同情せざるを得ません。

しかしあまりに受動的すぎます。

昔は独立性が曖昧でしたから、本音を隠しながら政府の要求から逃げ回るのが処世術として有効だったのでしょう。でも今は違います。本音を隠して逃げ回られるだけでは困る。「こっちが緩和政策やるなら財政も相応に拡張しないとおかしいだろ」「CPIよりデフレータ(GDPデフレータ、個人消費デフレータ等)を参考にしたいから、デフレータの速報性を上げろ」「やっぱり自己資本比率が気になるから資本増強に手を貸してくれ」「買い切った劣後債務に政府が保証つけろ」という風に、交換条件を突きつけるべきでしょう。 削除

2009/9/28(月) 午前 11:13 [ HM ] 返信する

顔アイコン

>しかしあまりに受動的すぎます。

なるほど^^

たしかに、日銀総裁が

「俺たちはこんなに金利が下がるくらい買いオペしまくってるのに、政府が緊縮財政で足引っ張ってるんだっつーんだよ、この野郎!」

という趣旨の発言をしたことはないですね(笑)

2009/9/28(月) 午前 11:27 [ ヨッシーニ ] 返信する

顔アイコン

バカな質問を一つします。
機械や建物は帳簿上6〜30年で償却しますが償却期間を過ぎても使用可能だった場合も純資産と考えて良いのですか?
ミクロすぎますかね

2009/9/28(月) 午後 0:36 [ nmg**962 ] 返信する

顔アイコン

nmg**962 さん、

使用目的の機械・建物は財務諸表上、償却が済んだら評価額がゼロになりますね。

外部向けの財務諸表とは別に、内部管理用の財務諸表上で何らかのゼロ以上の評価額を付けるというのはあり得ると思います。

もちろん、処分費用の方がかさむ見込みとなり、むしろ負債、と言うことになることもあり得ます。

しかし、その場合、処分費用は他の誰かの収益になりますから、マクロで見れば純資産はやはりゼロです^^

なお、

投資目的、売買目的の建物の場合は、公正な評価額(時価など)で計上されることになります。

2009/9/28(月) 午後 1:10 [ ヨッシーニ ] 返信する

顔アイコン

さっそくのお答えありがとうございます。マクロ上はやはり、0なんですね。
以前、ある組合の監査をしていた時、壊れた機械を前にして前理事長と現理事長が喧嘩寸前になり、私と税理士が中に入り止めたことをおもいだしました。私と税理士が話し合い処分費用は組合持ちで機械を廃棄して財務諸表からはずしました。3月31日で、領収書を切ってもらったんですが。確か日曜だったような ミクロな話ですみません

2009/9/28(月) 午後 3:54 [ nmg**962 ] 返信する

顔アイコン

こんにちは、お邪魔致します。
野球で星取表があります。
勝ち越せば貯金 負け越せば借金と言う。
これは誰もが知ってる言い方です。
星取表の貯金と借金は同じ数になる。
お金もまったく同じです。
貯金と借金は同じ額になる。
貯金すれば借金が出来 それが政府なら一番安全安心です。
ではタンス預金は?
これも実は多分どこかに借金ができている筈?

2009/9/28(月) 午後 4:28 [ xya*0* ] 返信する

顔アイコン

xyav00さん、

なるほど、星取り表の例えは面白いですね!
野球ファンには分かりやすいのではないでしょうか^^。

>ではタンス預金は?これも実は多分どこかに借金ができている筈?

お札は日銀の負債として計上されています。

返済義務はないので本来負債ではないのですが、
私の解釈では、これを日銀の純資産にしてしまうと、お札を刷るたびに利益計上することになってしまい、際限なくお札を刷りかねないので、敢えて負債としている、ということになります。

日銀の存在意義は「物価の安定を通じて、国民経済の健全な発展に資する」ですので、際限なく刷りたくなるような取扱いでは困るわけなんです。

また、負債計上の形式にした方が、資金循環統計で、預金の取扱いとも整合性が取れますしね^^

2009/9/28(月) 午後 4:56 [ ヨッシーニ ] 返信する

顔アイコン

おはようございます、コメントありがとうございます。
なるほど、お金を支払えば必ず受け取る人がいる。
だから星取表と同じで収入の合計と支出の合計は同じ額になる。
タンス預金は その人の支出が収入より少ない結果だ。
その分 誰かの支出が収入より多いことになる。
不況で収入が減っているので政府は思い切った支出をして下支えをして欲しい。有り余る貯蓄を国内で回さなければいけないと思う。

2009/9/29(火) 午前 6:44 [ xya*0* ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事