廣宮孝信の反「国家破産」論 ブログ

「国が財政危機と考えることこそが日本の危機」「財政黒字はむしろバブル崩壊の予兆の場合もある!」。【国債を刷れ!】著者のブログです

全体表示

[ リスト ]


http://ecx.images-amazon.com/images/I/51xJ2bE3HTL._SL160_AA115_.jpg

「国債を刷れ!」「高校生でもわかる日本経済のすごさ!」アマゾンでのご購入は こちらです→ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883926788





当ブログのランキング状況は→ こちらです

いつも、ありがとうございますm(_ _)m




チャンネル桜【経済討論第9弾】民主党政権と経済問題Part
↓Youtubeも上がっていましたのでご紹介致します(ただしYoutubeは2時間目までです)


[ニコニコ動画]→3時間全部あり。無料だけどメールアドレス要登録
http://www.nicovideo.jp/watch/1261857942 (1/3)
http://www.nicovideo.jp/watch/1261857964 (2/3)
http://www.nicovideo.jp/watch/1261857978 (3/3)





本日は更新するつもりは無かったのでありますが、

今朝TBSの、みのもんたさんの番組で余りにも面白いネタがありましたので、
ご紹介というか晒しものというか…


一応、証拠写真(携帯で)は撮っているのですが肖像権とかどうたらこうたら言われたらアレですので言葉だけで紹介しますと、


「借金時計」

「日本の借金」900兆円くらい

「国民一人当たりの負担」700万円くらい

というような感じのアレが表示がされていて、

この借金の数字がチャカチャカ増えていくという、

国民の不安をいたずらに煽る、非道千万、極めて不届き破廉恥なシステムになっておりました。



さて、
順次ツッコミを入れていきましょう。


「日本の借金」って何じゃらほい?

もしかして政府の負債のことでっか????



でも、
日本語の意味に忠実に従って考えた場合、日本の借金とは、日本の国内部門全体の借金と捉えるのが筋ではありますまいか?

日本の国内部門全体の借金は900兆円どころか5000兆円弱になっちょりますが…
5000兆円なんて聞いたらあんたら腰ぬかさへんかかな、しかし。



イメージ 1




え?
国民一人当たりの負担とな??

ようよう、TBSさんよう、日本政府に金を貸しているのは誰でっか?????


ほとんど日本国民ですがな。


大体、その負債は絶対額で減らさなあかんもんでっか?

どこの国も増えてるっちゅうねん。



1万歩くらい譲って、仮に政府の借金の絶対額を減らさなあかんとしまひょ。するとこうなりまんなあ。


国が国民から税金を取り立て、その税金でもって国民からの借金を国民に返す。

税金が国民から結局また国民に帰ってくる。



さて、そんなことして誰か得しまんのか?




え?

今はほとんど国内債務だけど、もし将来外人さんばっかりになったらどないするかって?

外人さんに借りてても日本円建てであれば円預金で返しますやろ。


日本円の現金は80兆円しかないの分かってますよな?
900兆円もの借金、存在しない現金で返すわけには行きまへんから、預金で返すほか無いですわな。



ほんなら外人さんはその返してもらった円預金どないしまんねん?

銀行に預けてますわな。

その円預金を預かった銀行は何でその預金を運用しまんねん?

は?

米国債?
サブプライムローンやと?

そんなわけあるかーい!



円建ての預金を預かって、ドル建ての資産で運用したら思いっ切り為替リスク負わなあかんやないかあい。

だから結局は日本国債買うしかおまへんやろ。



ちなみに、
日本の銀行がなんで必死になって外貨預金集めてるか分かりまっか?

預金金利よりも高い金利で運用できる外国の国債買えば、為替リスクゼロ(為替リスクは銀行ではなく預金者が負担)、貸し倒れリスクゼロで利ザヤ稼ぎ放題ですがな。

米ドル預金なら米国債、豪ドル預金なら豪国債買えばボロもうけできるわけ。

だからわては絶対銀行の外貨預金はしまへん。証券会社の外貨MMFの方が利息も良いし、いつでも解約できるし、為替差益も無税(銀行の外貨預金は課税対象)だし、断然お得でっからな。


ちょっと話それましたが、

「日本の借金」とか「国民一人当たり負担」が毎秒チャカチャカ増えているようみ見せて国民の不安をいたずらに煽るこの所業、この程度の金融の基礎知識を知っての狼藉でっか?


え?

「その外人が円を売れば」って?

それでも結局、別の人に円預金が移るだけですがな。

その証拠に、日本円の預金総額、減っちょらんがな。よう見てみい。リーマンショックの後でもへっとらんし、90年のバブル崩壊後なんてむしろガンガン増えとるがな。



イメージ 2





そもそもちょっとくらい円が売られれば円安になって輸出産業には有利になるんとちゃいまっか?

それでも円安になるだけ。円預金の量はちいとも減りもはん。


ほんで、「国の借金大変だ大変だ」言うて、そのせいで政府の支出が増えんかったら確実にあんさんの給料も減りまっせ。



イメージ 3

出典: 給与総額:国税庁 政府支出:内閣府




給料減るどころか、
このまま行ったらあんさんらの職場そのものが真っ先に消え失せるかもね。

だって、

「東京のテレビ局で一番ヤバいんですやろ、TBSさん。ええ加減、目覚めなはれ」  と思われた方は、↓下のリンクのクリックをお願い致しますm(_ _)m

https://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

この記事に

閉じる コメント(47)

顔アイコン

今年一年十分楽しませていただきました。有難う御座いました。
皆様よい年をお迎えください。
<見たい初夢!>
日本国政府(国家に非ず)が破産し、債権者(国債保有者)が一堂に集まり<日本政府>の再構築を議論・・・財務省トップは、廣宮孝信
主要な財務責任者はブログ信奉者・・・てのはどうですか!

日本の財政建て直し最良策は、現・政府を早急に破産させる事・・・だったりして????

日銀券の印刷をジャンジャンやられては、これも駄目ですか?

2009/12/31(木) 午後 2:16 [ zwr*7kc* ] 返信する

顔アイコン

借金以上に、資産が増えていれば問題無い訳ですけどね。
バランスシートの知識が無いと言う所が、痛いですねーTBS。 削除

2009/12/31(木) 午後 2:17 [ 名無しさん ] 返信する

顔アイコン

西南戦争後のインフレや戦後のインフレが370%程度だったのは、どのように調査してどの程度の精度があるのかが今気になっています。
あと、闇市はどれくらい影響してるのかも気になりますが、正規の市場よりも高いと思うのであまり関係ないと予想しております。

とにかく、今年はお世話になりました。
ヨッシーニ様のおかげで、財政についてはっきりとした根拠がわかりました。来年、更なる飛躍を期待しております。

2009/12/31(木) 午後 2:29 [ alt ] 返信する

顔アイコン

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

今年も焦らず皆さんで着実に前に進んでいきましょう。

2010/1/1(金) 午後 1:38 [ leo*a*d101*2*01 ] 返信する

顔アイコン

謹賀新年

いつもは、ビッグブラザーの方に出没しています、今年はこちらにもお邪魔をさせて頂いて幅を広げたく思っています。

チャンネル桜の経済討論パート2拝見しました。

益々のご活躍を祈っております!!

2010/1/1(金) 午後 1:58 [ alpha ] 返信する

顔アイコン

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

ヨッシーニさんの益々のご活躍をお祈りいたします。
積極財政派が増えることこそが日本を救うのです。
みなさんの周りの人々に地道に積極財政論を浸透させていきましょう。 削除

2010/1/2(土) 午前 0:01 [ 日本を守り隊 副隊長 ] 返信する

顔アイコン

ヨッシニーさん、ご返答ありがとうございます。
返答が送れてすみません。里帰りしていました。
なるほどね。うまい方法です。

2010/1/2(土) 午後 9:56 [ たこまる ] 返信する

顔アイコン

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

笑わせてもらいましたw
借金時計おもしろすぎですよねぇ…

私もブログとかいろんな所で財政破綻論掲げてる人に
突っ込み入れてまわってますw

今年こそは財務省のHPから
「国の借金」なる言葉を末梢したいです。 削除

2010/1/4(月) 午前 11:13 [ みすずちん ] 返信する

顔アイコン

そんなに国の借金が心配なら、コメンテーターに銀行の人を呼んできて「国が国債を全て返済したらどうなりますか?」と聞いてくれないか、って思いますが(誰も出演してくれないと思うけど)。国債の金利は誰が受け取るのか、を考えたことないのかって思いますね。 削除

2010/1/4(月) 午後 1:04 [ ちょ ] 返信する

顔アイコン

初夢で、「はて?」と思ったことがあります。
国債増発によって政府の財政出動の気運が高まりつつある中で、
何故、地方自治体の首長はうち揃って「緊縮財政」しか言わないのであろうか?

「地方分権」しか語らず、ならば、自治体で完全なる独立財政を確保
した後に、「総務省」への伺い無しの「地方債」増発を目論んでいるの、かな? 削除

2010/1/4(月) 午後 2:45 [ 伴睦 ] 返信する

顔アイコン

三が日もだいぶ過ぎましたが、あけましておめでとうございます。
新作を執筆中と風の便り(三橋氏のブログ)に聞きましたので、楽しみにしております。

2010/1/6(水) 午後 8:35 [ alt ] 返信する

顔アイコン

うーん、短期と長期の問題をごちゃまぜにしてませんか?
しかも、国と銀行(国民)が相対の関係でなくなっている。

2010/1/14(木) 午前 11:42 [ car**nter*12* ] 返信する

顔アイコン

>うーん、短期と長期の問題をごちゃまぜにしてませんか?

うーん、言語明瞭意味不明ですね。経済発展とともに長期的に国の借金(というか純負債)が増え続けて長期的に民間の資産(というか純資産)が増え続ける。この当たり前すぎることをちゃんと理解してますか?

>しかも、国と銀行(国民)が相対の関係でなくなっている。

しかも、さらに言語明瞭意味不明になっていますね。ご自分でおっしゃっていることを理解していますか?今回のは負債だけですが金融資産のグラフは過去に示されているので探してみてください(というか自分で資金循環統計から作ってみれば?)

あ。その前に「財政破綻」という言葉の意味、ちゃんと理解していますよね?もちろん、お金を期限までに返せなくなることですよ。という簡単なことを分かっていますか?それで国の借金が返せなる状態ってどういうことか分かっていますか?自国通貨建ての借金と外貨建ての借金の区別は付いていますか?それと物不足と物余り、インフレとデフレの区別は付きますか?

まあ、四の五の言わずにこれまでのエントリーを全部読みましょう。

2010/1/14(木) 午後 1:13 [ ふぁんふぁん大佐 ] 返信する

顔アイコン

ヨッシーニさんへ

この記事にある国内部門の負債合計のグラフに
下半分に金融資産を追加した
国家のバランスシートのここ20年の推移状況が
わかるグラフってつくれないでしょうか?

ここ最近の「国の借金」論について考えるときにもおおいに参考になると思うのですが。
増加した政府の負債、減少した民間の負債、増加した民間の金融資産がどの程度の割合だったかがしりたいのです。このまま政府が負債を増やし続けると家計の金融資産を超えてしまう(これ自体はたとえ現実のものとなって国債が消化できなくなることはありませんが)ことが本当に起こるのかどうか、過去の負債・金融資産の推移からある程度その妥当性が判断できるように思うのです。

2010/1/21(木) 午後 6:17 [ gwin_jp ] 返信する

顔アイコン

gwi*_jpさん

>この記事にある国内部門の負債合計のグラフに
下半分に金融資産を追加した国家のバランスシートのここ20年の推移状況がわかるグラフってつくれないでしょうか?

負債と金融資産のグラフは一応↓こちらにありますがいかがでしょう。

http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/16425974.html

二つのグラフの配置がちょっと離れているのであれですが…

ちなみに日経新聞09/12/30一面の記事では、
政府の純負債の延長線が家計純資産の延長線をそのうち越えるというおぞましいグラフが出ています。

それに対抗するのが、政府の純負債と政府以外全部の純資産のグラフ↓です
http://img2.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/9f/c5/eishintradejp/folder/725004/img_725004_12951567_3?1248145713

2010/1/21(木) 午後 6:55 [ ヨッシーニ ] 返信する

顔アイコン

ヨッシーニさんへ

お返事ありがとうございます。

負債と金融資産の推移を見てみると、ちょっとわかりにくいですが、1998年以降、非金融機関の負債の減少を上回る政府の負債の増加が見られ、その上回った分だけ家計の金融資産が増加しているように見えますね。企業が負債を減らしているにも関わらず家計の金融資産を増やしているわけで、バブル崩壊後の借金財政が国民生活を守ってきたともいえるわけですね。その意味でこの状況で緊縮財政により財政健全化をすべしというのがいかにトンデモかというのも同時に言えるでしょう。

2010/1/22(金) 午後 8:24 [ gwin_jp ] 返信する

顔アイコン

政府の負債を引き受けるのは、家計のみの金融資産ではなく民間全体の金融資産であり、国債消化の可能性を検討するのであれば政府の純負債と民間の純資産を比較しなければならない。そして日本が経常黒字国である限り、政府の純負債が増加すればその引受先である民間の純資産も増加する。廣宮さんのグラフはいわばこの当たり前のことを示しているわけですが、このことが一般のメディアに認識されていないのが不思議でなりません。

2010/1/22(金) 午後 8:25 [ gwin_jp ] 返信する

顔アイコン

ただちょっと、気になるのが2007年頃以降、家計の金融資産が減少しているように見えることです。1998年以降負債全体はほぼ一定なのに、金融資産全体が2007年までは増加、それ以降は減少しているので、為替変動によるドル建て資産の目減り、経常収支の変化などの影響が考えられ、家計の金融資産だけが減少しているのではないのかもしれませんが、民間の金融資産の分布割合が家計→企業へ移動しているという傾向があるのなら、国家財政の危機という観点ではなく、付加価値の消費主体である家計の活力がなくなるという意味で国家経済の危機につながるのではないでしょうか?(というかここ直近の経済低迷の原因がここにあるのかもしれません)

2010/1/22(金) 午後 8:26 [ gwin_jp ] 返信する

顔アイコン

家計が付加価値の消費を拡大するという見通しがあって(もしくは外需が拡大するという見通しがあって)はじめて、企業は設備投資という付加価値の消費を拡大させるわけなんで、企業の金融資産が増加していてもそれが付加価値の消費に結びつかなければうまく生かされていないことになります。そして付加価値の消費(フロー・実体経済・GDP)が拡大しなければ、そこで生み出される利潤の分配を受ける投資経済も機能しなくなり、その結果が現在の国債バブルというべき低金利の状態なのでしょう。

ちょっと脱線してしまいましたが、個人的には政府以外全部の純資産のうち、企業(非金融機関)の純資産と家計の純資産の推移がどのようになっているのかに興味があります。

2010/1/22(金) 午後 8:27 [ gwin_jp ] 返信する

顔アイコン

gwi*_jpさん

>ただちょっと、気になるのが2007年頃以降、家計の金融資産が減少しているように見えることです。

えーと、そのグラフでは負債から株式を抜いています。資金循環統計において株式は発行主体の負債として計上されていますが、本来負債ではないので、負債のグラフから除いているわけです。

資産が減っているのは株価が下落したからであり、負債側は負債から株式を抜いているのです。よって金融資産全体が減っているのに負債が横ばいと言うことに関しては特に気にする必要はありません。

株に関しては↓こちらもご参照下さい。
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/21857908.html

>個人的には政府以外全部の純資産のうち、企業(非金融機関)の純資産と家計の純資産の推移がどのようになっているのかに興味があります。

2007年度までのものを「国債を刷れ!」p.21

〔図表3〕 図表2 の政府以外(民間)純資産を分解

に掲載しております^^

2010/1/22(金) 午後 9:01 [ ヨッシーニ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


みんなの更新記事