廣宮孝信の反「国家破産」論 ブログ

「国が財政危機と考えることこそが日本の危機」「財政黒字はむしろバブル崩壊の予兆の場合もある!」。【国債を刷れ!】著者のブログです

全体表示

[ リスト ]

http://x6.cho-chin.com/bin/ll?081850800
アクセス解析


↓ツイッター始めました(とりあえずブログ更新のお知らせしかしてないのですが…)
https://twitter.com/YNHiromiya


http://bit.ly/8ZRbqU





発売となりました! : 「さらば、デフレ不況」

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Hj80b-2VL._SL160_AA160_.jpg

アマゾンでのご購入は こちらをクリック





◆新宿ブックファーストにてトークイベント:整理券配布中(新宿ブックファーストにて「さらば、デフレ不況」購入が条件)関連情報→ http://www.book1st.net/event_fair/event/page1.html






☆本日、MPJに私目のコラムが載っております↓

「政府紙幣」考(3/3)--「未来を創るための政府紙幣発行プラン」

http://mp-j.jp/modules/d3blog/index.php?cid=21



私、今回のMPJコラムでうっかり書きそびれておりましたが、

「絶対政府紙幣じゃー」という考え方ではありません

ただ、

(1)感情的な否定論はいかがなものでしょうか、

というのと、

(2)おカネってそもそも何でっか?

ということを考えるきっかけを提起したかっただけであります。

「メディア・パトロール・ジャパン」的には、(1)の方がより重要なような気がしますが。



で、基本的には、

デフレ期における政府の国債発行による財政出動+日銀による金融緩和

という既存のシステムでやった方が良いと思っています。

(もちろんインフレのときは緊縮財政+金融引締です。)


日銀のやるべきことは、日本銀行法の第1条と第2条
http://www.boj.or.jp/type/law/bojlaws/bojlaw1.htm

(目的)
第1条  日本銀行は、我が国の中央銀行として、銀行券を発行するとともに、通貨及び金融の調節を行うことを目的とする。


(通貨及び金融の調節の理念)
第2条  日本銀行は、通貨及び金融の調節を行うに当たっては、物価の安定を図ることを通じて国民経済の健全な発展に資することをもって、その理念とする。

に従って、

物価の安定を図ることを通じて国民経済の健全な発展に資する

ために、

国債を適宜市中から買ったり売ったりする

ということです。




さて、本日の本題ですが、

すみません、メキシコはしばらく延期、ということで…



↓こんなグラフ作ってみたので紹介しておきます
 (本当はMPJの次回コラム向けに作っていたのですが、
  どうもうまくストーリーが作り込めなかったので、
  こちらブログのネタにしました)




イメージ 1







米ドル換算名目GDP

と、

OECD Economic Outlook No. 86 Annex Tables - Table of Contents 
http://www.oecd.org/document/61/0,3343,en_2649_34573_2483901_1_1_1_1,00.html



各国の一般政府負債GDP比(91年はNo. 85 Annex Tables)

から、

米ドル換算の各国の一般政府負債

の金額を計算して表示したものです。


なお、
表示国・地域はOECDのデータで、91年以降のデータがそろっている国・地域のみです。


ここで表示した国・地域では、

「国の借金(正確には政府の負債)」は過去18年増え続けてますね。


ちなみに、これらの国・地域

世界のGDPの7割前後を占めています。





イメージ 3






上のグラフでは、ついで各国の米ドル換算GDPを表示していますが、


過去18年の米ドル換算GDPの増加倍数

世界全体 2.5倍

日本   1.4倍

米国   2.4倍
ユーロ圏 2.3倍
英国   2.5倍

となっています。

日本が非常に小さい(仮に、いまの1ドル90円の円高のレートで換算しても、やはり1.5か1.6倍に過ぎません)です。


その原因は、

GDP=民間消費+民間投資+【政府支出】+純輸出

足し算を思い起こして頂きつつ、

↓こちらをご参照下さい。

【恐れず増やそう政府支出![1]】
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/22343111.html



さて、ちょっと脱線しましたが、

上のグラフで本当に見ていただきたいのは緑色の線です。

70%前後で推移していますね。


要するに少なくとも世界経済の7割を占める国々政府の負債が増え続けちょる、ということです。





前出の政府の負債グラフ【折れ線・対数軸】でしたが、

下に同じデータによる【積上げ】グラフを示します。





イメージ 2






世界経済の7割を占める国々の政府負債の合計

91年 10.9兆ドル
08年 32.3兆ドル

ということで、過去18年で3倍になっており、21.4兆ドル増えています。

簡単のため1ドル=100円とすると

過去18年でこれらの国々の政府負債の合計が2140兆円増えたということになりますね。


国の借金はゼロにしなければならないと思っておられるタイプの破綻論者の皆さんは、これをどのように思われるのやら…


「【国の借金=悪】の皆さんは、32.3兆ドル(=約3000兆円)をどうやって返せると思うのかしら…^^; 」 と思われた方は、↓下のリンクのクリックをお願いいたしますm(_ _)m

https://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!

☆明日から木曜まで東京なので、次回は金曜日か土曜日あたりを予定しておりますm(_ _)m


☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】はこちら→ http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事