全体表示

[ リスト ]

プジョー1007

イメージ 1

日本での販売中止の噂が飛び交ってるようなので、

そもそもカングー購入時に、他の候補として検討していて試乗もしてました。あらためて感想などを。



新時代の都市型コミューターとして、両側の電動スライドドアは、狭い場所での乗降は絶対楽ちんだし、プジョーとしては、”セカンドカーの需要がメイン”、と考えていたのか、荷物室の狭さや、2ドアということ、(値段の割に)安っぽい内装などは、大した問題にならないと判断したのでしょうか。


”おしゃれな街乗りクルマ”として、外装は、ピニンファリーナとプジョー社のコラボのデザインだけに流石に流麗。このスタイルとガラス面積だから、運転席からの見切りもよく、街中での取りまわしは楽だった。


自分がこのクルマで「惜しいなあ。」と思うのが、電動仕掛けのギミックばかりでなく、もうちょっと実用的に振ったグレードがあったら。ということ。

例えば、5MTで、スライドドアも手動式で、黒樹脂のバンパー仕様の”オーセンテック”のようなバージョンがあったら・・・。

スームスな変速のミッションとか、電動装備や、そのメカのトラブルの少なさ、そして見た目の質感の高さ、などでは、輸入車は国産小型車に太刀打ちすることは難しい。


カングーも適度に安っぽいところが逆に「実用的で、フランス車っぽい」と、あの人気の一部になったと思います。(自分も釣られたくちですが)


色んな意味、で「惜しいなあ。もうちょっと・・・」と思える一台でした。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事