「だんじり」のある町

現在のJR桃谷駅より東、現在、大阪市生野区勝山北の地区を昔 東桃谷町といいました。コンピューターで東桃谷を検索しても小学校か幼稚園しかでてこない旧町名です。 しいて有名な所は近くに御勝山古墳、仁徳天皇のゆかりの神社ぐらいで、 他に自慢するものは、あまりありません。しいて言えば静かなのと近くに区役所、警察署、高校、中学校がある生野の小さな心 臓部といった 町です。昔 大阪夏の陣まで御勝山も岡山といい、この付近の村を岡といいました。 明治のころは、祭りに「だんじり」を引き回し、「岡のだんじり」といわれました。初代の「だんじり」は明治20年、生野の名地車大工の「大熊」初代の永田 熊次郎の作、この人は猪飼野の現だんじりも明治二十年頃製作、現 勝五(小路)のだんじりも明 治二十二年頃の製作。いまはだんじり小屋に寝ている舎利寺のすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事