メモ

とりあえず作ってみました

全体表示

[ リスト ]

夜間の自転車走行で無灯火はもってのほかだが、点滅式のライトはどうか?
これは紛れも無く違法である。
 
勘違いをしているものも多く、かつて草加市のサイトで点滅式でも認めるべきだというような記述があり、勘違いを助長させている。
草加市は『実際は点滅式は違法であるが、草加市は街灯が整備された市街地が多く、点滅式も特区として認めるべきだ』と提案。
 
現在の自転車の灯火の規制は
 
道路交通法 五十二条(略)
車両等は、夜間、道路にあるときは、政令で定めるところにより、前照灯、車幅灯、尾灯その他の灯火をつけなければならない。
 
その政令とは
道路交通法施行令 十八条(略)
車両等は、夜間、道路を通行するときは、各号に定める灯火をつけなければならない。
軽車両 公安委員会が定める灯火
 
その公安委員会が定める灯火の色や明るさの基準は次のものである。
 
埼玉県道路交通法施行細則(草加市の場合)
前照灯 白色又は淡黄色で、夜間前方10メートルの距離にある交通上の障害物を確認することができる光度を有するもの
 
勘違いをしているものは、前方10メートルの距離の障害物を確認できれば点滅も違法でないというがそれは大間違い。
 
まず道交法、道交法施行令で灯火をつける義務を課し、細則でその色、光度を示しているにすぎない。
 
つまり公安委員会で定めた色、光度の灯火を点け、維持継続させる義務がある。
滅灯を覚知できるほどの点滅は、滅灯時に定められた色、光度等、要件を満たしておらず適法性を欠く。
 

過去の簡易裁判所では

灯火は夜間道路を通行する間は継続していなければならない
福岡簡裁


運転席にあって滅灯が覚知できない番号灯等は、運転に先立って点灯を確認すれば走行中に滅灯してもやむを得ないが、運転席にあって滅灯を覚知できる灯火の場合は別
横須賀簡裁
 
としている。
 
厳密に言えば蛍光灯なども点滅しているが、人間の目には点灯しているように見える。
このような点滅は滅灯を認知できないから合法であるが、いわゆる点滅ライトは運転席において認知できる滅灯であり、定められた色、光度も維持できていないから違法である。
 
いくら草加市が点滅ライトを合法として欲しいと提案しても、法律と都道府県の道路交通法施行細則が基準。
 
結局は草加市の点滅ライト提案は特区として対応されず、埼玉県道路交通法施行細則も変更しなかった。
 
法令上、夜間通行中は定められた基準の灯火をつける義務がある。
漢字で表記すれば「灯火を点ける」であり点灯の義務がある。
通行中は規定の灯火を点灯し続ける義務がある。
 
点滅の義務でなく、点灯の義務だ。
点滅は点灯させたり滅灯させたりしている行為。
消している間は違法、つまり点滅は違法。
 
例えば自動車の運転者はシートベルトをつける義務がある。
これは発進時だけでなく走行中、ずっとである。
つけたり外したりしては、外している間は違法なのと同じ。
 
スピードだって制限速度を守ってる時と守っていない時があれば、守っていない時は違法になるのと同じ。
 
どういう理屈で点滅が合法になるのか、はなはだ疑問である。
 
こういうおかしな考えは
『エアバッグが装備されていれば、シートベルトはつけなくても良い』
『赤信号であっても安全が確認した上でなら進んでも良い』
『酒を飲んでも運転に影響が無いと自信があるときは運転しても良い』
などというトンデモ主張するのと同じだ。

 
ちなみに各都道府県公安委員会等の見解は

『最近、点滅式ライトを付けて走っている自転車をよく見かけます。しかし、法令では、自転車のライトは前方10メートル先の道路上の障害物が確認できる明るさが必要です。必ず点灯式ライトをつけましょう。 』警視庁(東京都)
イメージ 5


 
『点滅するライトは、不適切ですので前照灯の代わりにはなりません。
前照灯をつけたうえで、補助的に使用しましょう。』埼玉県
 


『点滅式ライトだけでは危険です。必ず点灯式ライトをつけましょう。』広島県警
イメージ 1



『前照灯については、点滅は違反になります。』
神奈川県警 幸警察署



『自転車の前照灯については、夜間、前方10メートルの距離にある交通上の障害物を確認することができる光度となっていますので、夜間、点滅式ライトのみで自転車を走行させることはできません。』
警視庁 碑文谷警察署


 
『前照灯は点灯 してください。点滅モードでは前照灯に相当しません』
ブリジストンサイクル自転車取扱説明書 P6
  イメージ 2

 
『点滅状態や無灯火での夜間乗車は、法令違反になります』
『夜の点滅状態や無灯火での運転は交通違反です』
Panasonic自転車取扱説明書

イメージ 4


イメージ 3


 
 
参考までに日本工業規格(JIS規格)では自転車用灯火装置について
『定格電圧で点灯したときに目で見える点滅をしてはならない』
となっている。
規格番号 JISC9502
規格名称 自転車用灯火装置
 
JIS規格名称検索から『自転車用灯火装置』で検索
 
 
なお自転車停止中の滅灯は簡裁判決で
 
停止している場合はライトを点灯できない自転車が大半であり、停止時まで点灯すべき注意義務を課すことはできない
神戸簡裁
 
としている。



知恵袋などのQ&Aサイト、掲示板の書き込み、ネット上の情報には間違った記述も多い。

例えば
「自転車の灯火は都道府県によって条例で決められている」

これは正しくは「条例」ではなく「規則」で定められている。

この自転車の灯火を定める規則は行政委員会の一つである公安委員会が地方自治法、警察法、道路交通法に基づく規則制定権によって制定する。

条例は地方公共団体の事務に関し、議会の議決により制定される。

また特区として対応されなかった草加市の点滅灯提案に対し警察庁が
道路交通法上、「灯火」には点滅も含まれ得る。
と草加市に回答したことを根拠に点滅灯が合法だというのも間違い。

道交法上、自転車の灯火については下位法である公安委員会規則に委任しており、講学上、現行法において下位法である公安委員会規則を改正して点滅灯を自転車の前照灯として制定し得るということ。[形式的効力の原理]

禁止されていないが、認められていない場合を意味する。
(現行規定では点滅灯を前照灯として使うことは違法)

例えば憲法では選挙権について
第四十四条
両議院の議員及びその選挙人の資格は、法律でこれを定める。
とあり、下位法である公職選挙法等に委任している。

このような場合、15歳の者は選挙人に含まれるかどうかについて、憲法上は禁止もされていないが保障もされていないから
『憲法上、選挙人には15歳の者も含まれ得る。』
などと使う。

ただし下位法である公職選挙法等で認められない限り選挙人には含まれない。



さらに
「点滅させることを禁止する条文がないから合法だ」
「滅灯を禁止する条文がないから合法だ」
などという法解釈を誤っている者も多い。

義務、要件を定める規定の場合、禁止されていないから合法になるのではなく、認められていないから違法となる。

初心運転者は初心運転者標識を表示する義務があるが、「初心者が乗っています!」などのロゴの入った自作標識を表示することは禁止されていない。
しかしそれを初心者マークの代わりに使うことは違法である。

同じように、たとえ法令上の要件を満たした初心者マークであっても、地上0.4m以上1.2m以下の定められた位置に表示しなければ違法である。
地上1.5mなど定められた位置以外に表示することを禁止する決まりは不要。


同じく道交法でいえば、
第十七条  車両は、歩道又は路側帯(以下この条において「歩道等」という。)と車道の区別のある道路においては、車道を通行しなければならない。

この場合、歩道や路側帯の通行を禁止する文言が条文になくても歩道や路側帯を通行することは違法となる。

同条 第四項(略)
車両は、道路の中央から左の部分を通行しなければならない。

これも右側部分の逆走を禁止する条文は不要で、右側通行は違法となる。

点滅灯を例えるなら、法令で左側通行を義務付けられても右側通行を禁止する条文が無いからといって、中央線をジグザグに行ったり来たりしながら道路の左側部分と右側部分を交互に走行するような違法行為である。



「市街地で街路灯の多い道路、コンビニやガソリンスタンド等道路周辺施設などの照明の多い繁華街、あるいは交通量が多く、通行する自動車等の前照灯により比較的明るい道路であれば、暗いライトや点滅灯でも合法である」

などと独自に状況設定や条件を付け加えて要件や規制を緩和して解釈するのはどうか?

このように書かれると一見すると真っ当な法律解釈で正しいと思われがちであるが、実は誤りなのである。

道路交通法では道路または交通の個別具体的状況等を勘案する条項の場合、状況規定が設けられている。
例を挙げれば下記のようなものである。

道路交通法(抜粋)
第十八条
道路の状況その他の事情により

第二十八条
道路の状況に応じて

第三十六条
交差点の状況に応じ

第五十条
進路の前方の車両等の状況により

第五十八条の三
道路又は交通の状況を勘案して

第六十三条
道路又は交通の状況により

第六十三条の四
車道又は交通の状況に照らして

第七十条
道路、交通及び当該車両等の状況に応じ

すなわち道交法52条(灯火義務)にも同施行令にも公安委員会規則にも、前照灯に関しての状況規定が設けられていないことから、道路または交通の状況等に関わらず、道路または交通の状況等を勘案することなく、その前照灯そのものの単独の能力でもって10メートル先の障害物が確認できる性能を要件とされているのである。

ゆえに
街路灯も多く交通量の多い道路
街路灯がなく交通量も少ない田舎道
さらには施行令第十九条による昼間でもトンネルの中、濃霧などで視界が五十メートル以下であるような道
(仮にたとえ視界が前照灯の要件を超える十メートル以上であったとしても)

いずれの場合にも点灯義務は免除も緩和もされず、その求められる前照灯の能力は同じであり、それが法的安定性の上でも妥当といえるのである。

シートベルトの妊婦・病人などの着用免除規定がある場合でも無いのに、勝手に状況設定や条件を付け加えて要件や規制を緩和したり免除したりすることなど法令は許していないのだ。

上記の条件付合法解釈は
「急いでいる時や交通量が少ない場合に限り、最小限度だけ制限速度を超えて走行しても良い」
などと同類の誤った解釈であり違法なのである。


点滅灯がなぜ法解釈上、前照灯として違法となるのかについて補足

道交法関係法令では二つの基準がある。その一つが
道交法第二条 二十
徐行 車両等が直ちに停止することができるような速度で進行することをいう。
これは程度を定める緩やかな基準である。

例えば徐行義務がある場合に現行法では
『直ちに停止することができるような速度』
であるから、直ちに停止できなくても、停止できるような速度であれば直ちに違法となるわけではない。

仮に条文が
『直ちに停止することができる速度』
であれば、これは直ちに停止することができなければ直ちに違法となる厳格な基準である。

自転車の前照灯の場合
道路交通法施行細則
交通上の障害物を確認することができる光度
これは厳格な基準であり、光度に確認することができない虞れがある時があれば直ちに違法性を帯びてくるのである。

交通上の障害物を確認することができるような光度ではない。



また
確認することができる光度を有するもの
というのは、前照灯をつける義務があるときには常にその光度を有しなければならないのか、有する時があれば有しない時があってもいいのかであるが、これは前者である。

常に満たさなければ有するものとはいえず、欠けている時があればそれは
有することがあるものである。

例えば
道路交通法 第七十一条の五(略)
六月以内に普通自動車免許を受けていたことがある
この場合、六カ月以内に免許を受けていたことがあれば、免許を受けていない期間があっても条件を満たし六カ月間ずっと免許を受けている必要は無い。

これが仮に
『六月以内に普通自動車免許を受けていた者』
であれば、六カ月間すべての期間において免許を受けていなければならない。
少しでも欠けていれば条件を満たさないことになる。

以上から点滅灯が自転車の前照灯の要件を満たす余地は皆無なのである。

このように公安委員会、コンプライアンスの徹底したまともな自転車メーカー、ライトメーカーの法務担当部署など、その道のプロ組織は正しい解釈で統一しており、点滅灯は違法で一致している。

点滅灯は違法ではないというのは、道交法をしっかり学ぶ機会の無い法解釈の未熟な素人の独自解釈であり、誤りなのである。


警察による指導も行われているようだが、まだまだ間違った認識を持った自転車乗りが多いのが実情。

おまわりさんに注意されたのですが、自転車のライトは「点滅」じゃダメで「点灯」させなきゃいけないそうです。

自転車でライトを“点滅”して走っていたらおまわりさんに注意された。これだと“無灯火”と同じ扱いになるからって…。“点灯”させないとダメなんだって。

自転車のライトを点滅させてたらおまわりさんに停められた。点滅させてるのは無灯火扱いなんだ、知らなかったよ。

https://twitter.com/Tesshin5656/status/410054889784373250
帰り道にて 「ちょっとちょっとそこの自転車止まってくださーい。フロントのライトねー、点滅させるの違反なんですよー」

https://twitter.com/hokekyo/status/385792729923338240
コンビニに行ったら、久々に警官に止められた。自転車の点滅ライトが禁止になったのは知らなかったわ。

https://twitter.com/STORM_RX2/status/383620912614223872
自転車のライト - 自転車で夜の街をフラフラしてると、 淡路町の辺りで若い警官に呼び止められる。 無灯火と疑われたようで、ライトが灯っていることを伝えると、一言。 「点滅はダメなんですよ。」

https://twitter.com/vjroba/status/319496351731822592
警官に自転車のライトが点滅になってるんで常時点灯にするよう言われた。
道交法では点滅は駄目なんだそうだ

https://twitter.com/i2meguri7/status/538331886339112961
うわー夜のネズミ取りは自転車が餌食。 てかめっちゃ警官おるー 何が原因かってーと、ライトなんだよね。 点滅ライトはライトを付けてないのと同じだからダメなんだよね。

https://twitter.com/maruru_h/status/580435679764692994
ええ??自転車のライトって点滅にして使ったらいけないの?? 私「え?そんなの初めて聞きましたよ?」 警官「ルールだから」 私「ルールって何?法律ですか?」 警官「そうそう」 私「知らないなあ」 警官「それは勉強不足だね」 マジか。

https://twitter.com/yurika_moku/status/27844213371
自転車の点滅ライトって無灯火扱いになるんだって!これの方が目についていいのかと思ってたよ。距離感解りづらいから常時点灯にしといてね、っていまオマワリんに助言を受けた。

https://twitter.com/miiiyan/status/448770162
自転車乗ってたらお巡りさんに止められた。ライト点滅は法律違反だと。いつから?

職務質問の時に前方へのライトを点滅させるのはNGって言われた

https://twitter.com/aidatheremin/status/169750957540909056
生まれて初めて、自転車検問を受けた。お巡りさんに止められて、名前を聞かれ、防犯登録ナンバーをトランシーバーで伝えて確認していた。私の自転車では、LEDライトを点滅させていたが、点灯させてないといかんらしい。

https://twitter.com/shouwakasa/status/182470272245448704
警察で言われたけど 夜に自転車のライトは点滅では駄目なんだと
点灯でないとライトを付けてたとは言えないんだと。

https://twitter.com/tatsuyadeath/status/197363849291235330
今って、自転車ちゃんとしてる点滅するLEDの灯り付けてても警察に止められるんだね。
何が正解で何がダメで何を基準にしてるんだろうね〜

https://twitter.com/EqualofHeaven/status/599532396766068736
前照灯点滅させてたらお巡りからそれ無灯火と同じだからって言われたんで、皆さんも気をつけて下さい。

https://twitter.com/09_01_05N/status/609024418929475584
さっきお巡りさんに「自転車のライト(前照灯)は点滅じゃなくて点灯じゃなきゃダメだよー」って注意された。そーなの?もう10年以上ずっと点滅で乗ってたよ。

さきほど警官に止められるまで知らなかったんですけど、自転車のフロントライトは、点滅させて使っちゃダメなのね。

自転車のライトの件ですが交番で聞いてみたした。確かに点滅では厳密にはダメだそうです。

帰りに警察に呼び止められた。
「ライト点滅だと灯火にならないからね〜」

警察につかまった(^◇^;)
いつからチャリのライトの点滅が禁止になったの(−_−;)?

チャリに乗って銭湯に行く途中に防犯登録の確認で池上警察の巡査に止められた。その時 ライトの点滅は法律上点いてないのと一緒なので 点滅はダメですと言われた。

昨日チャリで職質。点滅する前照灯は違反だと言われた

点滅ライトはNGだとお巡りに言われた苦い思い出があります

自転車で検問引っかかった。ライトの点滅はダメだって!

警官に呼び止められて
●点滅ライトはダメ
●前方10メートルを照らしてないとダメ
と告げられる事案発生

俺も警察官に注意された時に、10m先まで視認できないとダメだし、点滅はダメなんだよね〜って言われたわ。


よくある質問についての考え方。

前照灯の点灯は合法、無灯火は違法だと解釈できるが、いわゆる点滅灯は点いている時に注目すれば合法、消えている時に注目すれば違法であって、解釈次第で合法とも違法ともなるのではないか?

例えると
グラスいっぱいのジュース(飲み物:合法)がある。
グラスいっぱいの泥水(飲み物でない:違法)がある。
ではその二つを大きめのピッチャーに入れた混合液体は飲み物か飲み物でないのか、迷う人がいるだろうか?

前照灯を点滅させることを禁止していないから、点滅させても走行しても無灯火の違法ではないのではないか?

そもそも無灯火を禁止する規定ではなく、灯火の義務を定めた規定であるから点滅を認める条文が必要であって禁止云々は問題とならない。

これも例えると
ジャンケンに買ったら100円がもらえる。(100円もらうためには勝つ義務)
ジャンケンに負けなければ100円もらえる。(100円もらうためには負けを禁止)

このような場合、想定していないあいこをどう扱うかが違う。
勝つ義務がある場合は勝たなければならず、引き分けは認められていないのであいこではもらえない。
あいこを認めるためにはあいこを認める条件が必要である。

それに対し負けることを禁止した場合は、負けなければいいのであいこでももらえる。
想定していないあいこを否定するためには、条件であいこを禁止しなければならない。

無灯火走行を禁止する規定であれば、いわゆる点滅灯も認められる余地がある。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事