Upside Down Music

7月になりました。後半戦いってみよー

全体表示

[ リスト ]

日は曇時々晴れ。気温は低め。少しづつ春っぽくなってきてますが、まだまだ冬の景色です。

今月紹介するアーティストですが、今まで何度も名前を出しているにも関わらず、アルバムをほとんど紹介していませんでした。ということで、

Rasmus Faber 〜 WHERE WE BELONG

を紹介したいと思います。

イメージ 1



いつかは取り上げたいと思いつつ、ずっとタイミングを逃してきました。今回、様々な国のアーティストを紹介するという勝手な企画を立ち上げました(笑)ので、この機会に紹介したいと思います。

1. ARE YOU READY feat.EMILY MCEWAN (BONUS TRACKS FOR JAPAN)
2. GIVE IT TO ME feat.DYANNA FEARON
3. ALRIGHT-INTERLUDE
4. EVERYTHING IS ALRIGHT feat.LINDA SUNDBLAD
5. NA MINHA TERRA feat.CLARA MENDES
6. ANY WAY feat.EMILY MCEWAN (BONUS TRACKS FOR JAPAN)
7. EVERYTIME WE feat.DYANNA FEARON
8. ALWAYS feat.LINDA SUNDBLAD
9. I DON’T MIND feat.PARASTO
10. NEVER FIGURE OUT feat.EMILY MCEWAN
11. NO MORE FALLING feat.DYANNA FEARON
12. CIDADE OPOSTA feat.CLARA MENDES
13. TRAVELLER TOCCATA
14. YES feat.DYANNA FEARON
15. WHERE WE BELONG
16. GIANT LEAP (BONUS TRACKS FOR JAPAN)


改めてラスマス・フェイバーのプロフィールを。彼はスウェーデン出身の、ハウスミュージックを中心としてDJ・トラックメーカーとして活動しているアーティスト。2003年にリリースしたEVER AFTERは2000年代ハウスミュージックの名曲で、2000年代半ばに日本で起こったクラブミュージックムーブメントのきっかけになったと言える曲です。

その後数多くのヒット曲をリリース。ヒット曲とリミックス曲を収録した、コレクションアルバムを数枚リリースしてきましたが、2008年初のオリジナルフルアルバムとしてリリースしたのがWHERE WE BELONGです。

このアルバム、リリースしてからすでに3年半近く経ちますが、今でもよく聴くアルバムの一つです。その理由としては、ハウスミュージックといっても、非常に楽曲が美しく、リラックスできるアルバムだからです。

序盤は今までのラスマス・フェイバーと言ったダンスミュージックですが、楽曲が進むに連れてピアノやストリングが表立っている曲が多くなり、ダンスミュージックというよりもリラックスミュージックという表現があった感じになります。本来ラスマス・フェイバーはこういう音楽をやりたかったのかなと思いましたね。

ボーカルも女性ばかりですが、様々な声質のボーカリストが参加しているので、非常にバラエティに富んでいます。その楽曲に合ったボーカリストを選んでいるのがよくわかります。

オススメは全曲なのですが(笑)、特に好きなのは4曲目と12曲目、15曲目ですね。特にアルバムタイトルにもなっているWHERE WE BELONGはドラマチックな展開も好きなところです。

最近のラスマス・フェイバーは、フリーダというアーティストをプロディースしたり、大好きな日本のアニメ曲をジャズカバーした、プラチナジャズシリーズを手がけたり、その流れで坂本真綾や中島愛といった、声優の楽曲を制作したりしています。特にプラチナジャズは、アニソンをジャズカバーしたアルバムの中では群を抜く完成度で、元の曲がわからなくても普通にジャズの曲として楽しめるようになっています。機会があればこちらも紹介したいなと思います。

ちなみに中島愛の最新シングルであるTRY UNITE!はアニソンと言うよりも、ラスマス・フェイバーの楽曲そのものです。普通にクラブでかかっていても違和感ないと思うくらいの楽曲ですね。

ラスマス・フェイバーの名前を知らない方は是非一度聴いてみて欲しいですし、クラブ系の楽曲だけで終わらない彼の幅広い才能を体験していない方は、こちらのアルバムを聴いて欲しいですね。

関連サイト
ラスマス・フェイバー レーベルサイト
ラスマス・フェイバー オフィシャルサイト

YouTube オフィシャルチャンネル















この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

展開や抑揚がないのが・水が流れているような感じがする雰囲気で
聴き易く、邪魔にならないですね。

BGMにかなり適しているのではと思いました。

2012/4/15(日) 午後 5:20 nek*r*n65 返信する

ねこさん、コメントありがとうございます。水が流れているような感じっていう表現はなるほどと思いました。ジャンルで言えば、ダンス系なのですがリラックスできるのは不思議な感覚ですね。

2012/4/16(月) 午後 8:36 MUSIC 返信する

安心して聴いてられますね♪
ダンスミュージックなのになんだか落ち着けます。
最近の活動も興味深いですね。

2012/4/19(木) 午後 7:21 お薬とその周辺 返信する

お薬さん、最近の活動はほんとにすごいことになりそうな感じですよ。元々ジャズ畑で育ってきたようですから、ダンスミュージックでも落ち着いた感じの曲になるのかもしれないですね。

2012/4/19(木) 午後 9:42 MUSIC 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事