ここから本文です
駅伝記twitterページ https://twitter.com/ekidenki

書庫最新記事

すべて表示

第95回東京箱根間往復大学駅伝競走・総合成績

1位 東海大学 10時間52分09秒※総合新
2位 青山学院大学 10時間55分50秒※総合新
3位 東洋大学 10時間58分03秒
4位 駒澤大学 11時間01分05秒
5位 帝京大学 11時間03分10秒
6位 法政大学 11時間03分57秒
7位 國學院大学 11時間05分32秒
8位 順天堂大学 11時間08分35秒
9位 拓殖大学 11時間09分10秒
10位 中央学院大学 11時間09分23秒
11位 中央大学 11時間10分39秒
12位 早稲田大学 11時間10分39秒
13位 日本体育大学 11時間12分17秒
14位 日本大学 11時間13分25秒
15位 東京国際大学 11時間14分42秒
16位 神奈川大学 11時間15分51秒
17位 明治大学 11時間16分42秒
18位 国士舘大学 11時間16分56秒
19位 大東文化大学 11時間19分48秒
20位 城西大学 11時間19分57秒
21位 山梨学院大学 11時間24分49秒
22位 上武大学 11時間31分14秒
    関東学生連合 11時間21分51秒

<復路結果(上位5位まで)>
1位 青山学院大学 5時間23分49秒 
2位 東海大学 5時間24分24秒
3位 帝京大学 5時間29分40秒
4位 駒澤大学 5時間31分06秒
5位 法政大学 5時間31分32秒

<区間記録>
1区(21.3km)1時間02分35秒 西山 和弥(東洋大) 
2区(23.1km)1時間06分18秒 パトリック・M・ワンブィ (日本大)
3区(21.4km)1時間01分26秒※区間新 森田 歩希(青山学院大)   
4区(20.9km)1時間00分54秒※区間新 相澤 晃(東洋大) 
5区(20.8km)1時間10分54秒※区間新 浦野 雄平(國學院大)
6区(20.8km)57分57秒※区間新 小野田 勇次(青山学院大) 
7区(21.3km)1時間02分18秒 林 奎介 (青山学院大)
8区(21.4km)1時間03分49秒※区間新 小松 陽平(東海大)   
9区(23.1km)1時間08分50秒 吉田 圭太(青山学院大) 
10区(23.0km)1時間09分57秒 星 岳 (帝京大)

区間新記録が5区間で生まれるという、
「高速」の箱根駅伝を制したのは、東海大。
両角監督を迎え、立て直しを図り、
3年前に入学した「黄金世代」のメンバーが
今回しっかりと主力となり、箱根駅伝初制覇。
高校時代に活躍した選手を集中的に獲得するやり方は
過去何度も失敗例を見ているが、
佐久長聖高校での実績を持つ両角監督の好育成で
戦略的なスカウトが結実した。

「トラックは速いがロードで力が出ない」というのが東海の特徴だったが、
今回の箱根では、しっかりその対策ができた。
また、山の2区間の選手をしっかり育成し、
ライバルの東洋、青学にこの2区間で勝ったことも勝因だろう。
過去、箱根含めた駅伝で多く辛酸をなめてきたが、
地道に対策し、準備したきたことが見事に身を結んだ。
復路での青学との「高速レース」も見応えがあった。
復路優勝は逃したものの勝負を決める後半で勝ち切ったことは、
今後の自信にもなるだろう。
黄金世代が最終学年となる来シーズンは、世代の集大成を期待したい。

箱根5連覇、今季3冠がかかった青山学院大は惜しくも総合優勝を逃した。
往路で5分29秒差、普通なら差が大きく、
追いかけるモチベーションアップが難しい差だと思うが、
復路のレース、追い上げは圧巻であった。
振り返ると4、5区のところがクローズアップされるが、
自校云々というより、他校が強い選手を揃えてきた、ということだろう。
特に5区で、他校がここまで力量を上げていることは
予想していなかったのではないだろうか。
5区竹石は東洋、東海と差が詰まらず、
しかも駒澤・伊東、國學院・浦野に抜き去られたことで
心理面での影響もかなりあっただろう。
4連覇すると、他校のマーク、対策も厳しくなるということだろう。
主力の4年生が抜ける来シーズンは
新しい青山学院がまた常勝チームになれるかどうかの重要な年になる。

3位東洋大。
昨年同様、往路は制するが復路で逆転負け。
結果的には今回も10人が揃っていなかった、ということだろう。
そういう現状をわかっていて
往路に固めて先行の戦略をとった酒井監督の采配は理解できるが
他校のレベルも高いため、それではそう簡単には勝たせてくれない。
主力のほとんどが残る来シーズンだが、
選手層をいかに厚くできるか、がポイントになる。

4位駒澤大。
3強が強く、目立ちはしなかったが、
久々にしっかり走れる駒澤を見た。
駒澤も、まずは山が問題だったが、
伊東、中村は見事な走りだった。
選手層が厚くできれば、来シーズンは優勝も狙えるだろう。

5位帝京大。
3区の1年生遠藤が印象的。
復路も3位と地力を見せた。
遠藤、復路のメンバー全員、来年も残る。
5区を育成できれば、もっと上にいける楽しみなチーム。

6位法政大。
昨年、山の6区で好走した佐藤の1区起用には驚いたが、
その佐藤に変わって6区に起用された坪井が区間4位と好走。
5区青木とともに山の2区間は素晴らしかった。

今回の好記録続出については
コンディションがよかったこともあるが
選手のレベルが上がっているとも思う。
青学、東洋は東海の選手達がここまでレベルを上げているとは
予想していなかっただろう。
このようにお互いが切磋琢磨しながら、
箱根駅伝、および日本の長距離界が盛り上がっていくことを期待したい。

書庫その他の最新記事

すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事