ここから本文です
夢煌(ドリームきらめき)
駅音ネットの課外授業

書庫全体表示

熊本 鉄道旅(1)

先日の休日に、友人と熊本へ鉄道旅行してきました。
旅の目的は…

「ただ単に、列車に乗ってバスを見てはしゃぐだけ」

はい。バカです。

イメージ 1

今回の旅で使用した切符
「旅名人の九州満喫切符」
九州内のほとんどの軌道は乗れちゃう優れもの。
普通と快速(西鉄は急行や特急も)列車のみのマッタリ旅行だけど
・お金が無くて時間がある人
・単に列車に乗って旅するのが好きな人
・企画切符マニア
・今回の我々のように目的が曖昧な楽しみ方をする人
など楽しみは人それぞれだろう。

イメージ 2

鹿児島本線を下り、熊本へ向かいます。
フツーに単一路線だけでは面白くないので、千早駅から西鉄貝塚線に。
今年春から始まった西鉄600形のかしいかえんラッピング電車が迎えてくれました。
この形式、今年で55歳。
先代の313形おじいちゃんは63年間使われ、2015年ほんの最近まで走ってました。
一体いつまで鞭打って使われることやら…

貝塚から福岡市営地下鉄に乗り天神へ。

イメージ 3

西鉄福岡駅のホームには今春デビューした西鉄9000形の姿が。
陸送は深夜に見に行きましたけど、営業開始後線路を走る姿は初見です。
カッコイイですね!
特急・大牟田行きですけどコレには乗らず観光列車を待ちます。

イメージ 4

続いてホームへやってきたのは、まもなく終焉を迎えるこちらは大宰府へ向かう観光列車西鉄8000形旅人ラッピング。この8000形は登場から29年、、、
…あれ、先ほどの600形とは随分扱いが違いますな。
8000形は全部で6編成製造されましたが、残りはこの旅人ラッピングと
今から乗車する柳川観光列車水都ラッピングの2編成のみ。

イメージ 5

本線を大牟田まで堪能しました。
ダイナミックな展望席、大きな横の一枚窓、人間工学を用いて設計されたフカフカな転換式クロスシート。こんな車両が特急券なしでお楽しみいただける、西鉄さんはエライ!
もう、ゆったりマッタリ8000形に乗れるのもこれが最後かな…
是非とも引退後の次世代車両にも、無料特急でここまでできるんだ!と思わせるぐらい力を入れていただきたいものですね。

大牟田からは鹿児島本線に戻り、上熊本まで乗車。
駅が高架になり随分立派な綺麗な駅になってました。

一方、これから乗車する熊本電鉄側は…
数年前に来た以前と全く変わり栄えなし。

おや、列車が来たようだ。

イメージ 6

おぉ!
列車が随分と変わってる。(ってか何だあの排障器は…)
確かここには緑色の東急のカエルさんが走っていたけど。
まるで時空を超えた新車が目の前に!

イメージ 7

東京メトロ01系。
銀座線からようこそいらっしゃいました。
内装はメトロ時代とまったく変わり栄えないですね。
この姿だけでは、まるで渋谷駅で発車を待つ浅草行きのようだ。

イメージ 8

運転席後ろのシールそのまんま。何故剥がさないのかは謎である。
後付された熊本電鉄特有のマイクはこの車両っぽくないですね。

北熊本まで乗車しましたけど、東急の5000形時代に比べて相当揺れがおさまってました。吊革が左右に激しくむなしく揺れる姿はほとんどないですね。

イメージ 9

北熊本に到着するともう1本の銀座s… 01形が。
これはインパクト大ですね。
今や世界の有名人「くまもん」
わざわざコレに乗るために、外国人がツアーでやってきてました。

その貸し切りバスですけど

イメージ 10

おぉ。
うちの近所の会社の。
まさか熊本来てまでお目にかかるとは!
ちょっとうれしい。
最近の博多港クルーズ船の頻繁な入港の影響なのかこの会社も増車してました。
これは新車ですね。

北熊本からは、終点の御代志まで向かいます。


<書き疲れたので次回へ続く>

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事