ここから本文です
夢煌(ドリームきらめき)
駅音ネットの課外授業

書庫全体表示

こんにちは。
前回から随分と時間が空いてしまいました。
ちょっと、新作のドラクエにハマっていた次第です。


宇部興産専用道路から完全に宇部興産の敷地に入り、続いての目的地は「トレーラー整備場」へ向かいます。
この地になぜ規格外のトレーラーが走っているのかは、前回までに記したとおりです。
一般公道を走れないトレーラーなので、むろん整備・点検も私有地内で行なっています。

イメージ 1

もっと巨大な場所にトレーラーがズラリと並んでいるのかと思いきや、案外こじんまり。車庫は別の場所にあるのかな?ちなみに給油スペースはこちらに併設されてました。
車両は全部で何台存在しているのかはわかりませんが、月/2回の点検と、年/1回の車検があるそうです。むろん私有地内しか走らないので点検も無車検でもOKなのでしょうけど、そういうわけにはいきませんね。むしろ月に二回も点検を行っている基準は、その辺の公道を走る緑ナンバーの車両より厳しいです。

イメージ 2

全長29m
馬力14,600
積載量80t

はい。頭おかしいですね。

これが片道35kmの専用道路を10往復、計700kmを2交代で勤務するそうです。

走行距離ハンパねぇっす!

ちなみに原材料を80t積載するのに10分の時間が掛かるそうです。



では!どうぞ!!!

イメージ 3

と案内されたのは、、、
なんと、乗せてくれました!
こんな体験絶対出来ませんね!
主催者さん、現場の皆さんアリガトウゴザイマス!

イメージ 4

こちらはケンワースの運転台。
アメリカのメーカーだったかな?
スイッチや計器類が至る所ゴチャゴチャにあってよくわかりませんね。
ギアーは16段の変則です、自転車よりすごいね。

イメージ 5

こちらは国産メーカー、いすゞ。ハンドルカバーいかついっ!
上の海外メーカーと同じような項目のスイッチやメーターなのに、すっきりしてますね。もはや見慣れた風景。私も普段、大型乗ってますのでこのパネル見ると落ち着きます。
ちなみにサイドのミラーは乗用車などとは異なる凸型。今やその辺走ってる大型車では一般的なミラーで、平面ミラーに比べて側面や後方が見やすくなってます(カー用品店で乗用車に上から取り付け出来るルームミラーって、平面や凸型の角度によって見え方変わりますよね、アレです。)大型車は後方が見えないのはもちろん、転把時は後輪を軸に車体が曲がります。ですので、凸型の見やすいミラーで軸の後輪部分を見るのですが… 牽引かつ連接トレーラーなので私にはどこが軸なのかよくわかりません。多分、1両目の一番後ろのタイヤかな?
イメージ 6

イメージ 7
三軸のトラクターヘッド。
単車での姿は、おそらくここでしか見られないでしょう!

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

牽引トレーラーも若干異なる場所がありますね。


イメージ 11
外気温35℃の暑い中、作業員の方が汗びっしょりになりながら仕事してる姿が印象的でした。


今回はここまで。
次回は、興産大橋と専用道路と一般道が交わる場所へ。
つづく。



顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事