ここから本文です
夢煌(ドリームきらめき)
駅音ネットの課外授業

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

前回の続きです。

昼食をとった後
セメントの原料となる「伊佐セメント工場・採掘場」へ。
バスのまま工場内に入場・車中見学です。
場内は撮影禁止とのことで…
三年前に外から撮った写真でイメージを…

イメージ 1
セメント工場はどの施設も、このように縦に長い塔のようなものがあります。
何かちゃんとした理由があるのでしょうけど…
わかりません!

余談ですが、数年前の水害でフライアッシュの貨物輸送がなくなってしまった宇部セメントサービスの線路は、ほんの数ヶ月前に埋められたかのような新しい砂利が線路を完全に覆っていました。形上「運行休止」とのこですが、今後 鉄道貨物を使った材料の輸送は行わない可能性が高いですね。

バスは工場内の進み、なんと鉱山の中まで入っていきます。
原材料が転がっている未舗装な道なのでガタガタです。
事業用車両以外は完全に拒む場所ですね。

イメージ 2
これはひどい。
タイヤもタイヤハウスも真っ白け
(これ、ちょっとやちょっとでは落ちないんだよなぁ…)
(運転手さん、帰ったら大変だ… かわいそう)

そんなリスクを負ってまで見学できる光景がコレ

イメージ 3
いや!スバラシイね。
感無量。
この非日常感は、残念ながら写真ではあまり伝わりません。
こんな切り開かれた渓谷のような場所が、住宅地のすぐ裏山に存在しているのは驚きです。
主催者曰く
「グランドキャニオン」です(キリッ
規模は違えど、例えは本当にそう。
「伊佐セメントキャニオン」
と命名してもよさそう。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

おおぉぉぉぉ!!
もう、絶対に その辺の工事現場やら公道では走ってないやつら!

ダンプトラックのオバケ!!

そういう名前にしておきましょう。
60tダンプがその辺じゅうゾロゾロ駆け回ってます。
半端ないですね。

しかしこれでもわずか60tであり
日本には370t近いもはや魔物がいますから恐ろしや恐ろしや。


掲載容量が超えるので今日はここまで
次回に続く…

開くトラックバック(0)

今日は人生2回目のバスツアーです。
ガキのころ、家族ではとバス乗って東京観光して以来25年ぶりでしょうか。
残念なことに今回はソロの旅。誘った会社の同僚は「山口行くなら俺、SLやまぐち見に行くほうがいいや!」と断わられる始末。マニアックすぎるツアー内容かつ平日なので、ほかに誘う人もおらず一人で申し込み。気を遣わずにのんびり行きましょう。

一人でもどうしても参加したかった理由、もちろんそれはツアー内容。
””石灰石の採掘場が見られて、日本一の私道の宇部興産専用道路通って、公道を走れない規格のダブルストレーラーが見学できる!””
工場・乗り物好きな私には願ってもない企画です。
その名も「大人の社会派ツアー 第一章 セメントの道 石灰石鉱山と宇部興産専用道路」 …と堅苦しい題名ですが。そうですね、この歳になって社会化見学なんて行きませんね。小学校のころは遠足に次いでワクワクするイベント。バスに揺られて世間の裏方を見に行く緊張感。
これですね!少しは若返った気持ちで楽しんできましょう。


ってなわけで出発は、山陽本線・厚狭駅。
イメージ 1
福岡県でも中途半端な場所に住んでいる私は、在来線で行きました。
今回の参加者は。1/3が山口県内の方、私を含め2/3は県外と 中には東京や名古屋から起こしになった人もいるとのことで驚きですね。

本日お世話になるのは
旅行の企画が「宇部・美祢・山陽小野田産業観光推進協議会」さん
運行会社が「船鉄バス」さん。
イメージ 3

イメージ 2
乗り物好きなわたし的には、セレガの貸切車に乗れるだけで十分おなか一杯です!

ベテランの運転手さんでしょうか。
滑らかスムーズな運行で、クラッチ操作に衝撃のない非常に乗り心地よかったです。

イメージ 4
最初の目的地は「秋芳洞」
山口県を代表する観光地ですね。
何故に鍾乳洞なのでしょう? 今日の行程を踏むにわたり、セメントの原料となる石灰岩で出来た洞窟を見とけ!ってことでしょう。
この日は猛暑、年中一定気温の洞窟で涼めるなら3回目の訪問でもありがたいばかりです。

イメージ 5
一番の見所「黄金柱」

イメージ 6
実際は500枚ほどあると言われる「百枚皿」

イメージ 7
気分はまるでインディージョーンズ!
名観光地は何度来てもいいですね。

1キロほどの洞窟散策を終え、午前の部は終了。
観光地名物、お土産や併設の食堂「安富屋」さんへ。
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10
このへんの名物は「ごぼう」と「梨」!!
と、元気に明るく案内くださった安富屋さんのお姉さん。
テレビでも取り上げられた「ごぼう麺」に「梨あん餅」のデザートが付いたツアー様特製の昼食をおいしくいただきました。
””食べ終わったら、1階の売店でこれらのお土産売ってまぁーす!””
とおおいに宣伝されてました。
非常に感じのよい素晴らしい店員さんで、営業愛が伝わってきます。
我が社に欲しい人材ですね。

食べ終わったら午後の部。
ここからが旅のメインとなっていきます。


画像の掲載容量が超えたので今回はここまで。
次回に続く…

皆さんこんにちは。
前回の更新から随分と期間が開いてしまいました。
7月1日の勤務中、何やら熱っぽいぞ!急な気温の変化で熱中症か?と思いながら、家に帰って計温すれば38.5℃。解熱剤飲んで寝てれば治るだろうと、明くる日もその明くる日も熱は引かず2週間。医者いわく「扁桃炎・咽頭炎」とのことだったが、今今思えば発疹や手足の皮剥けなどもあり「溶連菌感染症」だったのではないかと。
熱が引かなかったのは、抗生物質が体に合わず3回もクスリを変更。10日過ぎたあたりから徐々に熱が引き始め、13日で平熱に。正直、しんどいのレベルを超越していました。
熱が下がれば、出勤していいとのことでしたが、今までの人生で入院を除き、学校も会社も2週間休んだのは初めてです。しかも自宅一人療養。寂しさ悲しさ虚しさ全快な病気でした。

今年に入り、うつ病→謎な腹痛2ヶ月→バイクで事故→肺炎→ウィルス性腸炎… そして今回。
とまぁ、よくここまで不幸が続くものです。
御祓いでもしないと本気でヤバいかも。

異常気象が続き、気候が本当に変ですね。
みなさんも色々気をつけてください。


回復したので日帰りでバスツアー行ってきました。
後ほどゆっくりとレポート更新していきます。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事