ここから本文です
夢煌(ドリームきらめき)
駅音ネットの課外授業

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

前回の続きです。。

伊佐セメントの工場・鉱山の見学を終えると、いよいよ参加者の大半の人が目的であろう「宇部興産専用道路」です。

宇部興産専用道路とは、名のとおり宇部興産が所有する全長約32kmの日本一の私道であり、伊佐セメント工場で生成された原料を宇部市の港まで専用のトレーラーで運搬する目的で建設された道路である。その大半は高架や盛土上に形成された場所にあるため目にすることはあまり出来ず、私道であるがゆえ、一般車の進入は絶対に不可能なのである。
そんな””おいおい!陰で何やってんだよ?””的な気になぁーる場所に潜入出来ちゃうのが今回のツアーの喜び楽しみの一つではないか。

イメージ 1
それでは禁断のゲートをくぐります。
あれ!?
なんかフツーな背の低い鉄の策だな?簡単に不法侵入できそう?

イメージ 2
いえいえ。
ちゃんとしたゲートです。
場所によっては守衛さんが居たりもしますので、
簡単に入っ…
れたとしても。。
まぁ、何ちゃないフツーな道路なんですけど。

イメージ 3
本線に合流!
ね。フツーな道路でしょ!?
むしろ一般道路より線形が悪くないかって?(えぇ、乗り心地の良いはずの12m貸し切りバスですらガタガタの響いて乗り心地は悪かったです)

写真右に見える看板
「宇部興産専用道路」と書かれています。
専用道路内に専用の人しか出入りしない、外部からは見えないのに何故こんな看板があるのか?(2箇所あるらしい)
それは1994年に開催された広島アジア競技大会という、この道路を使用して自転車のレースが行われた際に中の人が…
「おいおい!うちの専用道路で競技レースってよ!」
「テレビに放映されるし、外部に我が社を宣伝できるチャンスだな!」
というノリで20万かけ建てた看板とか。
だが、実際にはテレビにこの看板は映ることなく朽ちかけた状態で現在に至るらしい。

イメージ 4
見た目はどこにでもある地方の2車線幹線道路なのですが…
↑こんなの走ってたらフツーではないでしょう。
全長29m、80t積みの超大型牽引トレーラーです。
これ完全に日本の公道での規格外で、こんなトレーラー見られるのはここだけ。
(一般道と平面交差してる場所ありますので後日書きます)
公道走れないので公安のナンバーも付いてません、代りに識別番号掲げてますね。

イメージ 5
写真中央に看板が見えます。
「声掛け問いかけ心がけ 言葉でつなぐ安全確認」会社名+氏名
と、社内で公募された標語であろうものが掲げてありました。
安全標語に関しては、一般道でもよく見かけますね。それが会社独自なのが私道という強みでしょう。
奥には
「笑顔で咲かそう興産道路」
と、ライオンズクラブみたいな看板もありました。

イメージ 6
トンネルもありました。
ワクワクしますね。
フツーでしたけど。

イメージ 7
中国自動車道と交差します。
高速道路の上を専用道路が走ります。
通常ならば「お国の道を邪魔するな!私道なら地下に掘れ!」
とのことですが、建設の都合上(お金の流れがどうちゃらこうちゃらで)こうなったとか。

イメージ 8
途中、一般道へ戻り休憩です。
「楠こもれびの郷」へ。
道の駅みたいなところでしょう。
物産品の販売のほか、温泉施設もありました。

イメージ 9
ここでのオススメはトマトです!トマトのソフトクリームです!
と、しつこく勧められましたが(なんかマージンがあるのか?)
バスの中で腹でも壊したらヤバいのでご当地サイダーにしました(あまり変わらんだろう)。
ほどよい甘みと、みかんの香りがよく美味しかったです。
私はこれをオススメします!!


今回はここまで。
次回は、今回出てきた牽引トレーラーの整備場の紹介です。









全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事