ここから本文です
夢煌(ドリームきらめき)
駅音ネットの課外授業

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

<前回の続き>

宇部興産専用道路ツアー最終回です。

バスは宇部興産敷地内の専用道路を進み、最も南の地点へ。
素敵なトラス橋が見えてきました。

イメージ 1

山口県南西部、厚東川の河口の全長1020mを跨ぐ「私道の橋」です。
完成は35年前の1982年、瀬戸大橋や青函トンネルさえ開通していない年代に、自社で設計や施工、建材まで加工したというから驚き。もはやこの会社に出来ないことはない!とまでは言い過ぎかな?

イメージ 2

参考にならない参考までの写真(北側を走る小野田線の車窓から撮影)
手前の高速に被って見にくいですけど、どう?大きいでしょ!
何回も言いますけど、これ自前で作った言うからビックリね。

イメージ 3

勾配は6%
かなり急だということが写真からでもお分かりいただけるだろう。

イメージ 4

80tの連接トレーラーが悲鳴を上げながら登ります。
これは燃費クソ悪いことでしょう。間違いなくリッター1切りますな。

イメージ 5

橋の東側入り口。
標識があります、60km/h制限だそうです。
一般道ならもっと低いでしょうね、さすが私道!自由だ。

ちょっと大きめなフツーのトラス橋なのですが、
・一般では入れない通れない
・自前でこしらえた橋でありなおかつ私道である
・ここしか走らない規格外の専用トレーラーが走っている
・一般の学校などの社会科見学でも入れないこのツアーだけの魅力
そう考えると、テンションは↑↑再上昇です。
いつも遠くから指をくわえて眺めてるだけの立派な橋!
本当に来れてよかった。

イメージ 6

本日一日中””宇部興産!宇部興産!””
と、宗教のように教えられ完全な信者になって最後に訪れたのは、なんと本社!
原料採掘現場に始まり、積載・運搬、専用道路に道中の製造工場を眺め、興産大橋を渡り、最後に座学と。もはや宇部興産新入社員入社一日目の行程のよう。
そしてこの座学がまた面白かった。
宇部興産の現在に至るまでのあらましを映像で20分ぐらい紹介され(社会科見学や訪問者用に作ったと思われる)、30分ぐらい現場の方からお話いただきました。

「うちはセメント会社として思われていますが、セメントは儲かりません!」
「うちは化学の会社です!」

なんですと!?
実際、映像で流れていた”うちではこういう製品作ってます”的な紹介でも、携帯や自動車などの材料の一部・原料がほとんどだった。セメントの話なんぞわずか一握り。『セメントは原料をほとんど港から海外へ出荷し、国内は自分たちが使う分だけで比較的少ない。港には大型タンカーが接岸し、セメントを輸出するとともに、石炭を大量に輸入して、化学製品の製造に充てる。これが儲かります!うちは化学の会社なんや(笑)』
まっ、こんな感じの流れで談笑ムードでした。

本社ビルの来客者用ブースでは、連接トレーラーの特製手ぬぐいなんぞ売っていましたけど(また非常に薦められました)、いつでもひょいっと立ち寄って「売ってくれ!」と言えばくれそうなので、今回はパスしときました。


さて、長々と5回にわたりツアー内容を報告させていただきましたけどいかがでしたでしょうか。
洞窟・工場・セメント・トラック・道路・橋などと一つでも興味がある分野があれば是非とも参加してみる価値大アリです!これは小学校の時の記憶がよみがえる本当にあの時代の社会科見学大人版です。まさに題名のとおり!

イメージ 7

このツアーを企画してくださった、観光推進協会のみなさま、車中絶え間なく笑いと興味ある宇部興産の歴史話をしてくださった語り手のOB社員様、また各現場でお世話してくださった社員・従業員の皆様、この旅で出会ったツアーの同士の皆様、楽しいお時間・思い出、本当にありがとうございました。
まだまだ幾つもツアーがあるようなので、ぜひとも参加させていただきたく思います。またどうぞよろしくお願い致します。

イメージ 8




<おまけ>

イメージ 9

!!!!!????
おや!?
踏切・遮断機の先に線路じゃなくてトレーラーが走ってるよ!!

これが世にも不思議な一般道と私道が平面交差する交差点。
””信号機でいいじゃないか!””
と思うかもしれませんが、見たくれフツーな道路です、誤進入を防ぐためにこういう遮断機と警報音の鳴る踏切にしたとか。
バラエティー番組「ナニコレ珍百系」などのTVでも紹介された知る人ぞ知る珍名所。


連接トレーラーファンの皆様、お待たせいたしました。
一般道を走れない、宇部興産専用道路オンリーのオバケトラックを間近で見られる唯一な所です。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13


いやぁ、たまらんっす!
迫力満点。

カッコよく見ることは出来ますが、皆さん本気でお仕事されてますので、絶対に邪魔にならないようにマナーを守って見ましょうね。せっかく見られる場所ですので、悪いことして「立ち入り禁止!」なんてなったら、悲しいです。
ちなみに駐車場などはありませんので、遠いですけど国道や駅からトボトボ歩いてきましょう。



全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事