川沿いの考古学徒の日記

秋になり、紅葉が見えてくるころかなと思うが、周辺にその面影はあまりみられない・・・。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 3驚いたニュースを確認した。
九州で発見されたヒスイは
新潟産ではないという。

縄文時代の日本列島のヒスイはすべて
糸魚川産のヒスイであるという論文を数多く読み
教えられた。
糸魚川周辺でしかヒスイが取れないといわれてます。


九州で発見されたヒスイは
新潟産ヒスイ製の石製品と判断さていた。

三内丸山のヒスイ大珠


ところが,蛍光X線分析によって,
石材がヒスイでなく,含クロム白雲母であることが発表されたそうです。

この辺は考古学による歴史観が大きく変わる
重要なポイントとなりますね。
おもしろい研究成果ですね。
このまえの協会で発表されていたのかなあ。

今後の研究成果が楽しみですね。




にほんブログ村へどうぞ


テクノラティに行きたければ


朝日新聞のHPから

「新潟産ヒスイ」地元の石だった 交易史の書き換えも必要?

2007年06月06日14時14分

イメージ 2 今まで研究者が「新潟産のヒスイでできている」と報告してきた九州の縄文時代後期の首飾りを分析したところ、ほとんどが地元産の石だった――。新潟産のヒスイの分布から語られてきた、交易史の書き換えにさえつながりかねない「再発見」。その背景には、考古学への新しい分析技術の導入がある。


 この研究成果をまとめたのは、熊本大埋蔵文化財調査室助教の大坪志子(ゆきこ)さんを中心とする研究グループ。

 縄文時代の装身具の研究を専門とする大坪さんは、もともと約4千年前の縄文後期―晩期に、九州地方で盛んに使われた緑色の石材に興味を持っていた。

鹿児島県上加世田遺跡出土の玉類

 「この石については以前、京都大の藁科(わらしな)哲男さんが数遺跡の出土品を分析し、ヒスイではないこと、南九州にその産地があると考えられることなどを指摘していました」と大坪さん。「でも、資料を見ていくうちに、ほかにも同じような石が相当数あるのに気づいた。それで、一から石材の分析を始めたんです」

イメージ 1 九州全域を回って、これまでの出土資料約900点を借り、06年から福岡市埋蔵文化財センター、北九州市立自然史・歴史博物館、九州大の協力を得て、蛍光X線分析装置などを使った分析を進めた。

 その結果、従来「(新潟県糸魚川の)ヒスイ」「蛇紋岩」などと報告されてきた緑色の石材の7割がクロムを大量に含む白雲母(含クロム白雲母片岩)であることを確認したという。

 「製作遺跡の分布などから、南九州ではなく、おそらく中九州の熊本県南部あたりで採取された可能性が高い」と大坪さんはみる。

 石材の大半が地元の石で、かつ九州内での地産地消――。となれば、これまで研究者が想定していた、縄文後―晩期における、本州・糸魚川から九州へのヒスイ交易、などの歴史像は大きく変更を迫られる。

 それどころか、この九州産の石製品が本州へ“輸出”されていることもわかってきた。大坪さんによれば、島根県、石川県、新潟県などの縄文後―晩期の十数遺跡で、九州に特有な形の含クロム白雲母の小玉が出土しているという。

 「理由はわかりませんが、九州で作られた装身具が中国地方から北陸地方にまでもたらされていたことは確かだと思います」

閉じる コメント(6)

こんにちは。独楽です。この記事は本当にびっくりしました。もし、いわゆるヒスイ以外にもこういう分析の余地が広域で移動交流されたとされるさまざまな石について当てはまるとするとすごいことになりますね・・でも今までに当然糸魚川産のヒスイであることは科学的に分析されていたと思っていたんですが・・・

2007/6/10(日) 午後 5:11 [ 独楽 ] 返信する

ほんとに,この研究成果は面白い。
関心を引くものです。

学部の時は,交易論についての研究は大変興味があり、卒論を書こうと考えたものです。

ただ,このテーマは大変難しいので,基本となる土器編年をはじめに行いました。

2007/6/10(日) 午後 5:26 ekrdnj1974 返信する

顔アイコン

私もこのニュースを見たとき驚きました。
元となるデータが間違っていると、それを使った考察が、
間違ったものになってしまいますよね、、

ただ、交流や交易を考える時、産地も重要ですが、産地とのみの交流ではないので、同一のものが、行き来する交流範囲を知ることが重要だと思います。

ヒスイでなく,含クロム白雲母でも送り手と貰い手がどこか?
ニュースではこのことに触れていませんでしたが

2007/6/11(月) 午前 8:47 [ ten**nten ] 返信する

顔アイコン

面白い話ですね!肉眼観察だけで、判断することの危険性があることが分かりました。勉強になりました。

2007/6/11(月) 午後 5:11 ぽんぽこ 返信する

顔アイコン

糸魚川には翡翠峡もあるので有名ですが、鉱物学的にも宝石としての価値も青海で取れる翡翠が実は美しいと地元でいわれているようですよ。ただ、糸魚川では遺跡もありましたしね・・・。三種の神器のひとつも糸魚川産の勾玉だろうと思っていましたから、今回のニュースは驚きました。山梨県白州でもなかなか綺麗な石が出ますから、フォッサマグナ周辺は石にもロマンがありますね。

2007/10/5(金) 午前 0:42 [ - ] 返信する

顔アイコン

世界中で、ヒスイを愛好し盛んに用いた地域・民族は大きく分けると二つである。
一つは、メキシコ南部からグアテマラ、 ベリーズ、ホンジュラス、コスタリカに至る中南米地方で、紀元前1500年頃のマヤ文化で宝石として盛んに用いられ た。
16世紀にスペイン人が入って来るまでおおよそ30世紀に渡り広く長く愛好されたが、アステカ文明がスペインに 滅ばされると同時にそれも終わりを告げた。

もう一つの民族、ヒスイ文化圏が日本列島である。 現在の所縄文末期の遺跡から出現するが、これは今から約5000年ほど前だから、マヤよりも遙かに古い時代からヒスイは 人々の首もとを飾っていた事になる。

つま り、世界最古のヒスイ文化は日本列島、それもここ糸魚川に始まるのである。
しかし日本では、弥生・古墳時代は盛んに 重用されるが、なぜか奈良時代に入ると急速にすたれ、宝石としての価値を示さなくなる。 現在判明している最新(?)のヒスイ製品は、奈良東大寺三月堂の不空絹索観音像の宝冠に垂下している勾玉である。こ れを最後にプツリとヒスイの使用は終わる。

2012/8/5(日) 午前 8:06 [ 底質汚染 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事