アンチナショナリズム宣言

ナショナリズム?んなものいらん。おれは国家の奴隷じゃない。

全体表示

[ リスト ]

週刊金曜日と佐藤優

仕事の都合で週刊金曜日(自分は書店にいつも買いに行く)を水曜になって読んだところ、元オランダ大使の東郷氏の発言が出ていて、これは至極全うで元外交官の良識を感じた。
しかし、ページをパラパラとめくってみると、佐藤優の「飛耳長目」のページに目がいったタイトルは『米下院「慰安婦」決議と過去の過ちを克服する道』。俺はこいつがまともに慰安婦問題を受け入れることはないと知っていたから、米下院の決議を前にどんな笑わせる詭弁をほざくのか読んでみた。
読んでみて笑うどころか編集部に殴り込みたくなった。
まるで作り話のような母親のドラマティックな戦争体験を長々と語り続けるのだが、この話と慰安婦がどこに関連があるのか?
佐藤が母親の体験談を持ち出し言いたかったのは

-「しかも米軍は火炎放射器を用いながら、民間人や婦女子が隠れる壕も一つ一つ焼き払いながら進んでいった。「慰安婦」たちが生き残ることができた可能性は低いのである。」ー

ここだけなのだ。およそ日本のリベラルから極右までの言論誌で多数の連載を持つ売れっ子言論人でインテリジェンスのプロを自称する佐藤優の米下院「慰安婦」決議に対する持論とは、

ー 沖縄戦で米兵が日本人に対して行った性暴力はソ連軍が中国東北部や樺太で行った蛮行に匹敵する。また、沖縄で住民を火炎放射器で焼き殺し、毒ガスを用いたことについてアメリカ国家は反省などしていない。歴史認識の問題を国家という位相で解決しようとしても袋小路に陥るだけだと筆者はあきらめている。ー

要するに、佐藤はアメリカ合州国やソ連軍も蛮行を行っているから一方的に非難できる立場じゃないんだ。国家間で非難することは不毛だから日本は国家として過去行為について謝罪する必要がない。と言いたいらしい。
相変わらず態は雄弁だが、中身は駄々っ子の論理だ。

ー 筆者は国権論者である。歴史認識を巡る外交問題は内政不干渉を基本とする「薄っぺらい論理」で展開することが、結果としてもっとも良いのだという信念を筆者はもっている。ー

とも言っている。
クダラン奴だ。歴史認識の外交問題を内政不干渉として問題を放置して済むなら、外交などいらないだろ。目をつむり耳をふさぐのが一番最良という信念とは笑わせる。人権問題はもっとも大きな国際問題だ。普遍的な価値だ。これがインテリジェンスのプロを自称する者の論理か。(嘲笑)

ー 七月三十一日、フォーラム神保町で東郷和彦氏を招いて行われた「アメリカとメディア 慰安婦問題と久間発言」というミニ講演会の席で筆者が持論を展開すると、東郷氏から「それじゃダメだ」と厳しくたしなめられた。 東郷氏は、「慰安婦問題で日本がどれほど孤立しているか、あなたは正確に理解していない。まず、アメリカはジェンダーを巡る問題について過去二十年で世論が全く変化している。そのような状況で、強制性について広義と狭義の区別をするような議論をするのはインテリジェンスの感覚からしても実に愚かだ。日本は過去の過ちに対して全く反省していないという受け止めがアメリカに定着しつつある」と指摘する。ー

それに対しても、佐藤はの反論は、

ー 東郷氏の指摘はその通りだ。しかし、人権や正義を振り回すアメリカ人の背後にある自己批判や反省の欠如に筆者は強い違和感を覚える。ー

問題とされているのが日本の自己批判と反省の欠如が問題にされているのに、そのことは棚に上げて「アメリカ人の自己批判や反省の欠如に強い違和感を覚える」だと。これを読んだ読者が、佐藤に強い違和感を覚えるはずだ。東郷氏の主張の合理性と現実性がまったく理解できていない。やはりこいつはただのバカだ。

タイトルが『米「慰安婦」決議と過去の過ちを克服する道』と書いておきながら、中身は過去の過ちを克服するどころか逆ギレして誤魔化しと逃避しか書かれていない。(嘲笑)

こんなウヨ厨房に読者からの批判にも意固地になって連載を続けるリベラルの牙城『週刊金曜日』の編集部は佐藤に引きずられて戻れないぬかるみにはまってしまったようだ。

------------------------

この記事に

閉じる コメント(7)

顔アイコン

週刊金曜日はいつになったら正気に戻るんでしょうね。

2007/8/22(水) 午後 3:23 [ O'Hanlon ] 返信する

顔アイコン

takatu_naozi さん、こんばんは、
間違いに気がついていながら、意地になって押し通そうとしているのでしょうかねぇ。これじゃ、権力側のごり押しを批判することができませんね。週刊金曜日は、日本に唯一のジャーナリズムを体現しているメディアなんだけど、オルタナティブを扱うからといって電磁波ヒステリーや環境ヒステリー、9.11陰謀説などの科学的裏付けの乏しい連載があったりするのが、読者としては心配なんだよね。
しかし、『世界』や『週刊金曜日』の編集長を一杯食わすペテン師佐藤優もある意味でたいした奴なのかも。(笑)

2007/8/22(水) 午後 11:14 [ ele**ric_*eel ] 返信する

顔アイコン

週刊金曜日2007.9.28(672号)
佐藤 優 「慰安婦」問題は社会の働きかけが重要
http://home.f01.itscom.net/fusen/071008kiji_kinnyoubi.jpg 削除

2008/1/2(水) 午後 8:13 [ SM ] 返信する

顔アイコン

はじめまして。electric_heel さん。
あけましておめでとうございます。
このような記事を佐藤優に書いてもらうとは『金曜日』もとことこん舐められていますよ。 削除

2008/1/2(水) 午後 8:17 [ SM ] 返信する

顔アイコン

SMさん、新年早々コメントありがとうございます。

>週刊金曜日2007.9.28(672号)
佐藤 優 「慰安婦」問題は社会の働きかけが重要

こんな馬鹿馬鹿しい支離滅裂な詭弁を本気で反論だと言うんだから、かなり頭が悪いとしか言えませんね。(笑)とにかく、論理的に成り立たないからつかみ所がない爆笑ものです。私も以前この反論を批判していますが、もっともつっこんでいるのが、金光翔氏の「『金曜日』での佐藤優批判の投書掲載は編集部の自作自演では?」 http://watashinim.exblog.jp/6277955/
ですね。是非読んでください。

2008/1/2(水) 午後 11:43 [ ele**ric_*eel ] 返信する

顔アイコン

>このような記事を佐藤優に書いてもらうとは『金曜日』もとことこん舐められていますよ

舐められていると言うより、ラスプーチンの魔術にかかってしまったようですね。これだけ力を持つことになれば、編集方針に口を出してくるでしょう。岩波『世界』も同じです。
最近知ったのですが、佐藤優はまたも批判者を週刊新潮を使ってテロ攻撃したようです。これが彼の本当の姿なのです。

2008/1/3(木) 午前 0:02 [ ele**ric_*eel ] 返信する

顔アイコン

四川省の次は上海大地震を計画している!
―上海は米国の自然改変・破壊兵器HAARPの照準下スタンバイ状態だ


詳細はBlog:
http://tatsmaki.at.webry.info

2008/5/27(火) 午後 6:52 [ 前田 進 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事