ここから本文です
ブログ始めました!

草刈

こんにちは 草刈をしました とてもきれいになりました
 
イメージ 1

とてもきれいになりました。

この記事に

万能細胞2

イメージ 1
インドネシアの不明機もまだ見つかっておらず気になるところですが理研をめぐる騒動も混乱を深めているようです。背後には複雑な事情もあるようですが、立場の弱い人にすべての責任を負わせて身の安全を守るような偉い人が多いです。渦中の人にはがんばってもらいたいものです。
以下はネットの記事の転載です

理研が落ちた「わな」:再生医療の覇権争い iPS先行で
http://mainichi.jp/select/news/20140319k0000e040250000c.html

「万能細胞を使った再生医療分野には巨額の政府予算が投下されている。そのカネを牛耳る“再生医療ムラ”内には激しい予算獲得競争、覇権争いがある」と指摘するのは近畿大学講師の榎木英介医師だ。学閥など医療界の裏を暴いた「医者ムラの真実」の著書がある。失われた人間の器官や組織を再生することでドナー不足や合併症などの解消が期待される再生医療分野に対し、政府は13年度から10年間で1100億円を支援することを決めている。

この記事に

佐村河内守さん

イメージ 1
佐村河内守さん作曲とされていた曲が実は別人の作曲であるという事が報じられた。それに伴って現代のベートペンと呼ばれた佐村河内守さんが、実は嘘を積み重ねて虚構の人物像を演じてNHKを始めとするマスコミをだましていたと話題になった。NHKのスタッフは、ずっと騙されているのに気付かなかったと述べている。でも、本当は気付いていたのではないか。楽譜も読めない。楽器も弾けない。そう言う人が音楽の仕事をしていれば周囲の人はおかしいと気付くはずである。そして、普段身近に接している親族、近親者、知り合いなどは彼の嘘を十分知っていたはずである。多くの人が誰の嘘を知っていながらそういう声を取り上げる事もなしにここまで来たのは、NHKを始めとするマスコミが「真実」よりも視聴者を惹きつける「話題」を重要視したからではないだろうか。嘘と知りつつ虚構の人をプロデュースしたのはNHKそのものだと思う。「我々も知らなかった、騙された」とこの期に及んでもまだ言い張るのを見ていると、マスコミこそが、一般大衆はいくらでも騙せると言っているのと同じである。それは佐村河内守さんよりも100倍ほど国民を騙しているのではないだろうか。我々国民はなんとも愚かなものである。とはいっても、佐村河内守さんのような嘘つきは世の中、見渡してみれば回りにいくらでも居るし、ほとんどの場合はその嘘が問題となることもなくと時の流れとともに消えてゆく。今回もそうなると思ってたことがNHKの誤算だったのだろう。でもそれが、作曲家でなく国民の命運を左右する政治家であったら「騙されてた」では済まなくなる。もしかしたら「あの人」がそうかも‥

この記事に

万能細胞

イメージ 1
万能細胞の世界的な大発見として小保方さんという研究者がちょっとしたスター扱いとなっています。マスコミは常に話題を求めて、新しいスターを探し続けます。とは言っても1民間人に過ぎない人の友人宅や隣近所にまで押しかけるのはマスコミとしては行き過ぎと思われます。「研究に支障が出るので騒がないで欲しい」と言われるのも仕方ないでしょう。それにしても細胞とはすごいもので、地球上での生命の誕生から40億年間も間、進化を重ねながら受け継がれて来たものです。単細胞生物が多細胞生物になったのが10億年くらい前のこと、そして動植物の原形が出来たのが5億年前のこと。 恐竜の全盛時代が1億年前。哺乳類とか人類とかはついこの間できたばかりです。そう思うと、やはり細胞という小さな生命の基本単位がこれほどの時間をかけて構築されてきたのには驚きです。何でも基本が大切ですね。最近は大阪の橋本市長の出直し選挙やソチオリンピックもあって、移り気なマスコミは方向を変えるでしょう。小保方さんもじっくり研究に専念できるようになってほしいと思います。

この記事に

ダイエット結果

イメージ 1
ほぼ予定通りに体重の減少が達成できるかと思ったら6月に入ってペースが落ちて、予定より2キログラム未達成でした。
予定→60キログラム
結果→62キログラム
でも、達成率80パーセントなのでOKとします。
これからはおいしい物たくさん食べて太る事にします。
あっ間違えました、現状体重を維持します(笑)

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事