気ままに更新日記。

33歳の陶芸・タップ大好きOLのお気楽な日記です♪

全体表示

[ リスト ]

昨日はTAP今年の「レッスン納め」でした。
・・・とか言っても、今夜早々に「TAP初め」なんですけど(笑)

来年の書初めは「シャッフル一日千回」で
決まりだな( ̄ー ̄)


さて、この間にさかのぼり、
観に行った舞台のことを書こうと思います♪

劇団とくお組 第13回公演
「宇宙ロケットえんぴつ」
http://www.tokuo-gumi.com/

「1999年、漫画家の集まるアパート。
アイデアに詰まったSF漫画家の部屋にやってきたのは
編集者ではなく、本物の宇宙人だった!
彼はしばらくの間ホームステイをさせてほしいと言うのだが、
なんだかとても 上から目線なのであった。」

・・・いやー。
これはね。最初から最後まで笑いましたっ!

まず、セットがすごい。

和室ひと間になってるんですが
左に窓が開いててそこから出入りできるは、
奥の壁は一部忍者屋敷の回転扉みたいになってるわ、
ふすまは開けると土管があるわで
殆どの入退場がそこから・・・
最初は編集者から逃げ回るのに使ってました。
右にも一応ドアがあるのに(笑)

劇団員さん全員が男性。
登場人物はコチラ

SF漫画家
アシスタントさん(野球漫画しか描けない)
謎の宇宙人(でも格好は普通、実は7月のノストラダムスの大魔王)
売れっ子少女漫画家(この方がワタシの友達の友達です)
隣りに住む浪人生
編集者(2人の原稿を取りにくる)

1番ツボだったのは、いかにも普通の人間なんだけど
宇宙人っていう設定。しかも上から目線(笑)

宇宙人:「あなた、あなたが人間だっていうことを、
     例えばブタに説明しようと思いますか?」

浪人生:「いや、、思わないですね・・・」

宇宙人:「うん、それと同じことなんですね」

浪人生:「・・・・えぇぇっ?」

・・・みたいな調子で( ̄Д ̄;)
しかもこの宇宙人さん、あのアカシック・レコード持ってます。
(ホントにレコードで、それをビデオ再生することで
話が思わぬ方向へ行くんですが・・・)

前回観にいった「西洋のレイルボーイズ」も笑ったんですが
今回はそれ以上でしたね。
ぜひDVDになってほしいな〜♪

閉じる コメント(2)

『ロケットえんぴつ』と言う言葉に、懐かしさを感じます。(^-^)!!

何か、雰囲気がありそうな感じですね。(^0^)!!

そう言えば。。。『すいか』に登場する犬の名前『つなよし』の話をしましたよね。(^-^)!!

2008/12/31(水) 午後 10:41 さんべ

SANBEさん>最近確かに、ロケットえんぴつって見かけないですね〜!売ってるのかなぁ?

2009/1/1(木) 午後 2:44 potterpot


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事