スペイン・ロマネスク美術

すべて表示

詩魂とロマネスク

イメージ 1
写真:・Miñon, 聖堂外壁持ち送り、「楽師たち」 
Vida y Muerte en el Monasterio Románico より)
        


イメージ 2


写真:川上澄生「初夏の風」 (日経新聞2015.02.16




 今回は「詩心」という想いを拡散してみたくなりました。
 
「詩魂」とは詩をつくる心とか詩情に彷徨うことを云うのかもしれません。
 
数年前に栃木県鹿沼市にある川上澄生美術館に足利市の親友で美術収集家の田部井勝弘・版画家の佳子夫妻に連れて行っていただいたことがあります。
 
昨今日経新聞の切り抜きを整理していたとき、二年前の記事で、偶々この詩人木版画家・川上澄生の初期の代表作「初夏の風」がこのような姿で目に飛び込んできました。

 
絵自体に書きこまれている彼の素朴な詩が美しく心に響いたのでここに引用しましょう:
 
     “かぜとなりたや/はつなつの/かぜとなりたや/
            かのひとのまえにはだかり/かのひとのうしろよりふく/
            はつなつの はつなつの/かぜとなりたや
 
 詩はひらがなで画面に彫りこまれ、絵と混然一体となっていて、彼の女性への思いが新鮮に伝わってきます。

 棟方志功はこの作品を見て感激し、版画家になることを決意したといわれています。
 

 ロマネスク病の私の悪い癖で、イスパニア・ロマネスク美術に「詩魂」、せめて「詩情」というものがあるのだろうかと考えてしまいました結論的に言えば正しくあるのです。この時代は所謂吟遊詩人が裏通りを歩いていたのですから。
 

川上澄生の初期の木版画に伴う田園詩ともいうべきものは、純真な人間の稚拙な童心から、詩魂が自然に発したもの。

こういった無垢ともいえる童心の発露が、確かにロマネスクと似通っているように思えるのです。イスパニア・ロマネスク(特にカタルーニャ地方LEstany修道院)の田園の修道院の柱頭の世俗的情景、また持ち送りに刻まれた楽師たちの哀愁に満ちた童顔の彫り物(カスティーリャ地方Miñon修道院)などの「心」は詩魂といえるのではないでしょうか。
 
2017.04.20

その他の最新記事

すべて表示

日本スペイン交流400周年事業「日本におけるスペイン年」を記念して、 『スペイン・ロマネスク美術 入門(全6回)』が、9月より開講します。 スペイン・ロマネスク・アカデミー(日本)〈略称AREJ〉主催のこの講座は、 スペイ ...すべて表示すべて表示

 スペイン・ロマネスク・アカデミー(日本)  Academia del Románico Español (Japón) 略称 AREJ   を設立しました。 ...すべて表示すべて表示

Flickrで講演写真をご覧下さい

2012/3/22(木) 午後 1:53

セルバンテス文化センター東京が、Flickrに、2月16日の講演写真をアップしました。 http://www.flickr.com/photos/instituto_cervantes_tokio/sets/7215762 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事