全体表示

[ リスト ]

久々の吹奏楽曲です。C.T.スミスという作曲家、吹奏楽をされていた、もしくはやっている方は、

知らないとは言わせません(笑)

さーぷーさんのブログでもネタになっていた、かの超難曲「フェスティヴァル・ヴァリエーション」の

作曲者ですね。(さーぷーさんの記事にはTB入れておきますので、ご覧あれ!)

そのスミスの曲の中には、同じように難曲と言われる曲があります。

今回紹介するのも、その中の1曲。トランペットが死にます・・・>^_^<


コラールで涙する「ルイ・ブルジョワの賛美歌による変奏曲」です!!!

イメージ 1イメージ 2














この曲に、最初に触れたのは、近畿大学の全国大会の演奏で、ラジオからの録音だったのではないか

と思います。当時、難しいということだけが分かっても、どれくらい??とか、美しいとか全く

感じていないというか、理解できていないそんなレベルの駆け出しでした。


この曲は、フェスティヴァル・ヴァリエーションほど有名でないためか、全曲版の演奏を収録したCDが、

そもそも少ないです。かと言って全国大会の演奏が多いかというと、これまた更に少ない。

それだけ、難曲ということなのでしょうか。

曲名は、「ルイ・ブルジョワ」「ルイ・ブージェワー」「ルイ・ブルジョアー」「ルイ・ブージョワー」、「賛美歌」「賛歌」と

訳や表記の微妙な違いがありますが、全て同じ曲です。

私は最初に耳にした印象がどうしても抜けきらないのと、近畿大学の演奏が圧倒的に素晴らしいのと

それに敬意を払い、「ルイ・ブルジョワの賛美歌による変奏曲」と表記しています。


曲は、木管の上昇下降の音階に始まり、トランペットの三連音符(?)に彩られたファンファーレが

かっこよく響き渡ります。全体での冒頭のファンファーレ部分が終わると、そこに広がる美しいコラール♪

これこそが、ルイ・ブルジョワの賛美歌です。

その後、オーボエの愛らしくも美しいソロパート。

そのメロディーを引き継ぐように、木管楽器が柔らかく、包み込むように音を並べていきます。

少し落ち着くと、速いテンポになり、音符も少しずつリズミックに。

金管群も勢いを増して吹き始めます。そして、コラールの再来のような雄大な響き。

そこではホルンのメロディー、下を支える低音楽器と金管の響きを堪能することが出来ます。

イメージ 3イメージ 4














変奏は移り変わり、スネアドラム、ティンパニの繋ぎがかっこよく決まると、そこからはトランペットの

ソロの独壇場!!!これはカッコイイ♪・・・んですが、難しいようですね。

決まった!っていう演奏にはなかなかめぐり合えません(笑)

そのトランペットのメロディーを吹奏楽全体が大きなうねりの様に響かせます。

その後、フーガ形式で綴られる金管の響きはまさに神の祝福を満遍なく浴びるよう。終盤になると、

これまでのメロディー、変奏が入り混じって、なんとも言えない複雑で味のある響きを作り出します。

最後には、冒頭のファンファーレの再来、コラール調の壮大で雄大なホルンの合図と共に終焉を迎えます☆


こうして、曲を聴きながら曲の情景を描写していくだけで、興奮が沸いてきてしまうのですが、

この曲の素晴らしさは聴かないと分からないですし、これぞ吹奏楽!!って感じの響きがします。

そして教会でのオルガンや聖歌隊の歌う、教会音楽をも感じることが出来る曲なのですね。


※ここから各演奏団体の評なので〜ちょっとマニアックな感じがします。飛ばしてもらってもOKでしょう・・・(爆)

最初に、この曲の全曲版で素晴らしい演奏がない、と書きましたが、プロの演奏でも近年出た、航空自衛隊の

演奏はなかなか聴き応えがあります。ただし興奮度はちょっと少ない。

東京佼成の演奏は、録音も古いので、楽譜どおりは吹いていますが、アラも感じられるし、興奮度は

殆どないに等しいです。今だったら違う演奏が出来たかも知れません。

スミスの音源を扱っているスミス社のCDが期待されたところなのですが、ここはプロっぽくない演奏で、

聴かなくてもいいです(笑)アマチュアの演奏家な??ミスも多かった気がします。

このスミス社のCDは他のCDも含めて、せっかくのスミスの名曲を明確に伝えきっていません。

タッド・ウィンド・シンフォニーも鈴木孝佳(福岡工業大学付属高校の指揮をした先生)なので期待しましたが、

トランペットのソロが持たなかったみたいで、残念です。全体にも纏まりに欠ける部分があったように思います。

イメージ 5イメージ 6














アマチュアでは先の近畿大学の1986年に全曲版の演奏があるかと思ったのですが、どうも録音が無いようです。

以前、ちょっと調べたときに、無いという話を聴いた気がします。。。残念です!!

その代わり2006年の第46回定期で演奏しています。これはなかなかですが、やはりネックはトランペットのソロ。

同じく鈴木孝佳指揮で、UNLV Wind Orchestraの演奏がありますが、これも普通です。上手くは無い。

関西学院大の演奏も持っていますが、素晴らしいと言い切れるほどでは無い。とりあえず吹けました感じです。

トランペットがんばっています!しかし合わない部分も結構ありますね。パラパラ〜って。勿体無い演奏!?

以上、プロ〜アマチュアと言っても結構な演奏レベルの団体が揃っているので如何にこの曲が難しいのか、

ということが分かっていただけるかもしれませんね。

総じて、全曲を通じると、絶賛は出来ないけど、上手いことは上手いみたいなところはあります。


結局、私自身がオススメできる!最良のものはとなると、やはり近畿大学の1986年の全国大会の演奏。

これを凌ぐ演奏は今のところ無いでしょう!!なんと言っても圧倒的なコラールの美しさと、勢い、ノリ、感動的な

最後とどこをとっても素晴らしいものです。私は、この演奏で何度も涙を流して聴いていました・・・(^^ゞ

(ただし、トランペットのソロはありません・・・残念!)

近畿大学の演奏が圧倒的であることには変わりありませんが、同じように涙腺に来た演奏があります。

それは、2005年の全国大会での、福岡県精華女子高の演奏です!!!これは、イマドキ事情から女子高生が

やっても絵になるような吹奏楽部となってしまいましたが、本当に凄いです。その昔は、女子だけで男顔負けの

このパワフルさは絶対に出せなかった。それ故に尚更なのですが、近大に近い感動がそこにはあります。

少しアラ、ミスもありますが、そこは元気とパワーと気持ちが演奏に現れてきています。

こちらも一聴の価値アリだと思います。

イメージ 7イメージ 8














以上、少し長くなりましたが、この素晴らしい吹奏楽曲を、もっと全国大会や身近な演奏会で聴いてみたいな!!

と思う、私がいました。。。ヽ(^o^)丿あと、吹いてみたいな(笑)・・・もう楽器やってないけど!


――――♪――――――♪――――――♪――――――♪――――――♪――――――♪―――――

「ルイ・ブルジョワの賛美歌による変奏曲」(クロード T.スミス)

上段左から
・航空自衛隊西部航空音楽隊 / 加養裕幸:指揮 (CAFUA) ←オススメ★
・東京佼成ウィンド・オーケストラ / ジェームズ M.バンクヘッド:指揮 (佼成出版社)
・Green State University Symphonic Wind Band / Mark S. Kelly:指揮 (C.T.Smith Pub.,Inc.)
・UNLV Wind Orchestra / 鈴木孝佳:指揮 (Mark Custom)
・近畿大学吹奏楽部 / 守屋英二:指揮 (ブレーン) ←オススメ★
・関西学院大学応援団総部吹奏楽部 / 市場辰也:指揮 (日本ワールド・レコード社)
・近畿大学吹奏楽部 / 辻井清幸:指揮 (ブレーン) ←超オススメ★★
・精華女子高等学校吹奏楽部 / 藤重佳久:指揮 (キング・レコード) ←オススメ★
※タッド・ウィンド・シンフォニーの演奏はジャケありません。

詳細なCDの内容などを知りたい場合はコメントにて問い合わせしてくださいね!

閉じる コメント(11)

近畿大学や精華女子高のCDは市販されているのでしょうか?

2008/1/19(土) 午前 4:26 JinK 返信する

顔アイコン

さすがエルザさん、吹奏楽のことは俺に聞け〜って感じですね。
私、さっぱりわかりませんでしたぁ。。。。ごめんね、エルザさん♪
でも自衛隊の音楽隊のCDなんてでてるんだ〜って事に関心しました。猿のジャケットに傑作を☆

2008/1/19(土) 午後 2:48 Blanca 返信する

顔アイコン

>Jinkさん
コメント、ありがとうございます♪
えっと、精華女子高の演奏は、全国大会のCDで2005年のものなので、まだ
CD屋さんで売っている可能性があります。そろそろ、廃盤になるかも。
それなりに季節モノですね(笑)

近畿大学のCDは定期演奏会のCDの方が昨年出たくらいなので、これも
売っていると思います。ネットで吹奏楽系の販売店だと間違いなくあるでしょう。
下の「吹奏楽の伝説〜Legendary供廚箸いΕ轡蝓璽困呂なり以前のCDですが、
人気が高いので、CD屋及びネット通販でも買えるのではと思います。

首都圏ですと、秋に私が行った新宿のタワー、渋谷のタワー、その他HMVなどなど
大手のCDショップのクラシック〜吹奏楽コーナーで扱っていると思います。
あとは店員さんに聴くのがベストです♪

個人的には、新宿のタワーが一番かな!?と思っているのですが、都内の店を
たくさん廻っているわけではないので、もっとあるところもあるんでしょうけどね。。。

もっと具体的な何か情報がほしい場合は更に質問ください。。。(^^〃

2008/1/21(月) 午前 0:23 エルザの大聖堂への行列に並ぶ人 返信する

顔アイコン

>ブランカ姫
コメントありがとうです(笑)
ホラ、こういうマニアックなネタになってしまうと、そういう系の人でないとコメントできないんですよ(自爆)
はい、自衛隊もCD出していますね。

猿のジャケットCDは入手困難かもしれませんよ!!お目が高い!!(゜o゜)

2008/1/21(月) 午前 0:23 エルザの大聖堂への行列に並ぶ人 返信する

スミスといえば、ホルンいじめ・・・・(^^;)。
「フェスバリ」「華麗なる舞曲」は聴くだけで死にそうになりますねえ、ホルン経験者としては・・・。
「ルイ・ブルジョワ」はあんまり聴きこんでないのですが、やはりスミス節ですね。
アメリカ空軍バンドのは出てないのかな・・・。ここスミスが一番好きです。苦しげでなくて・・・(^^;)

2008/5/23(金) 午後 11:43 むっちゃん 返信する

顔アイコン

>むっちゃん
うーん、アメリカ空軍のはないと思います。私の知っている限りにおいては。

残念ながら、この曲の名演は少なくて・・・。
というか全曲演奏したCDそのものが少なくて。
輸入盤でも殆どなかったんだよね。。。

私も、レジェンダリーの近畿大学を聴きこむ前までは、スミスらしい、
難しい曲だよね!くらいの印象しかなかったのだ。

勿論、過去に聴いていたはずなのに、そのときは(若くて?爆)
よくわかっていなくて、大人になってからその凄さを知ったと言う感じだろうね!

2008/5/25(日) 午前 1:17 エルザの大聖堂への行列に並ぶ人 返信する

顔アイコン

>むっちゃん再び
「フェスティバル・バリエーション」も「華麗なる舞曲」もネタにしたいです♪

2008/5/25(日) 午前 1:18 エルザの大聖堂への行列に並ぶ人 返信する

ないですか・・・。あったら全曲が聴きたいですね!
スミスは、多少ズレてても、勢いのある演奏のほうが良く思えたりしますが、やっぱりうまいところはすごい!(当たり前)
「フェスティバル」「華麗」、ぜひぜひ記事にしてください!!
エルザさんのレビュー、読みたいです!!!!!

2008/5/25(日) 午後 5:35 むっちゃん 返信する

顔アイコン

>むっちゃん
そうなんですよ・・・すげーーー残念なんですよ(笑)

あ〜〜わかる気がする。音楽に勢いが必要な、スミスって感じですね。
でも、流石にスミスの曲は難しく、ちょっとくらいがガタガタに感じることも
少なくはないですね。

吹奏楽記事、いつも反応が薄いので・・・(マニアックだから?ボソッ)
書き続けてもいいのだけれど、それなりのバランスで書いてます。

そのうち、次の吹奏楽曲を書くようにしますね。
むっちゃんなら反応してくれそうだしなぁ(爆)

2008/5/28(水) 午前 0:47 エルザの大聖堂への行列に並ぶ人 返信する

顔アイコン

ぜひとも岡山学芸館のルイブルを聞いてみてください!
おそらく、あなたの理想に近いルイブルだとおもいます!

2013/8/11(日) 午後 10:18 [ yrk ] 返信する

顔アイコン

>yrkさん
コメントありがとうございます!
レスコメ遅くなりまして、申し訳ありません。一応音源確認してから
にしようかな、と思いまして(爆)
昨年の全国大会ですよね??CDは持っておりましたので、再度
聴きましたが、なかなか悪くない演奏ですよね。

この曲の持つ精緻で派手な演奏に仕上がっていると思います。
トランペットうまいですね。力押しではなくしっかりとした
演奏になっているのが凄いです。全国大会とかでもなかなか
完奏出来ないトランペットフレーズが多くて本当に難しいの
だなぁと思っていたところなのでした。

2013/8/16(金) 午後 9:33 エルザの大聖堂への行列に並ぶ人 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事