全体表示

[ リスト ]

「ローラーガールズ・ダイアリー」


ドリュー・バリモア初監督作品。「JUNO」「インセプション」のエレン・ペイジ主演。

母親の望む学生生活と将来に自分の望むものが見出せず苦悩する少女が、とあるときにローラーゲームに

出会いその楽しみに目覚めていく物語。

ちょっとドリュー・バリモア出すぎ!?(笑)殴るシーンとか〜ある意味、主演よりも目立っていた感もあって!

ま、それが楽しい要因の一つでもあるのでしょうけどね♪

全体的には、親に反抗する青春物語っていう感じですかね。

でも自分が一生懸命になれるものが見つかることはとてもよいことで、頑張る姿は魅力があるものです。

ローラーゲームのシステム、というかどこでどういうふうに点が入ったから、今勝っている!負けている!

というのが判り難いのが難点でしょうか。でもそれはあまり気にはならないかもしれませんけどね。

ゲームも数々の面白い作戦でなかなか面白く見せてくれますし、なんと言っても親の気持ちをも動かす、

彼女の頑張りと本音で家族と分かり合おうとする部分がイイ!作品だと思います。

閉じる コメント(4)

顔アイコン

こんばんわ。

この映画、観たかったんですが、都合がつきませんでした。
DVDではかならず。
何かによって考え、生き方が変わるっていいですよね。
悪い方向に変わってはダメですけど。
ローラーゲーム日本でもやっていましたが、けっこう面白かったように記憶してます。

2010/11/1(月) 午前 1:12 [ トッシーニョ ]

顔アイコン

>トッシーニョさん
女子青春モノですね。ゲーム自体の面白さ(ルールなど)はあまり
キチンとは伝わらなかったという感じはありましたが、ま〜娯楽作品
ということでよいかなという感じです。
ま、元気のよい物語は楽しいですね!!!

2010/11/14(日) 午前 0:59 エルザの大聖堂への行列に並ぶ人

私もそういえば、あまりルールはわかっていなかったような。。
スピードがあるので、そっちを観ていましたけど、楽しかったです♪
青春成長ストーリーで、エレン・ペイジがまたぴったり。
確かにドリュー、露出多かったですねw
トラバさせて下さいませ。

2011/1/8(土) 午後 10:50 恋

顔アイコン

>恋さん
楽しい作品でしたね!エレン・ペイジの妙な頑張り具合がいいです。
ドリュー・バリモアだからこそ、女子パワー全開みたいな楽しい作品に
仕上がったいるとも言えるでしょうかね。
ローラーゲーム、もちっとゲームとして見れると尚良かったのかも
というのはありますけど。

2011/1/9(日) 午前 2:19 エルザの大聖堂への行列に並ぶ人

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事