外資IT系会社員の ながらMBA起業物語

現在働きながらMBA修学中!ながらMBAが起業に最適であることを検証!

全体表示

[ リスト ]

お客様訪問の前に新橋でランチ。
2週間前から予約をしていたお店。
食べログ、ミシュラン☆からも、評判◎な「ひろ作」。

http://r.tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13015266/


食べログの点数が良いとしても、
ミシュランの☆がついていたとしても、
個人的な好みで言うと、評価にはばらつきが生じる。
美味しいお店もあれば、評判程でもないお店がある。
採点、評価をしている人と味の好みが違うのだから当然のこと。

というわけで、期待をしすぎない程度に心を落ち着かせて足を運んだ本日のランチ。

・・・最高だった。

今年一番のキングオブランチになる予感。
一品一品の料理のクオリティが限りなく高い。
ランチで採算はとれていないのでは?と心配してしまうほど。
料理を出すタイミング、空間、暖かい接客等、
あらゆる部分に料理人のおもてなしの心が行き届いている。

おもてなしの心は、和の心で、日本特有の文化だと考える。
それを味覚だけでなく、全身で感じさせて頂きました。

日本人であることを感じる瞬間は、海外にいるときが大半である。
これもある種当然のことといえる。
周囲と違う環境に身をおくことが、自らを客観視させ、その結果アイデンティティーを確立させていく。
多人種国家のアメリカが、日本よりもアイデンティティーが確立されていること、
または確立していると思わせるだけの表現力を持ち合わせていることからも理解できる。

そんな中で、日本は東京のサラリーマンの象徴ともいえる新橋で、
日本人であること、日本人であることの喜びを、おもてなしを通じて感じさせてくれるお店だった。

最高のおもてなしとはこのようなことをいうのだろう。

「ありがとうございました。」

気づいたら、感謝の言葉が自然に出ていました。
皆さんも機会があれば是非!

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事