ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

山道でとてもきれいな色のフデリンドウを見つけました。この辺り10株ほどが同じ色でした。なんて素敵な色〜♪

イメージ 1

コケリンドウとの違いは萼片が反り返らないこと。
実際に見て比べると大きさが全然違うのですが、写真だとわからないし、そもそも大きさを比較するには両方を一緒に見比べる必要がありますよね。
なのでここで見分けるのが良いですね。

イメージ 2

コケリンドウとハルリンドウは根生葉があると言いますが、ないことも多いですよ。そこで見分けると失敗します(体験談)


↑ハルリンドウもここが反り返りませんので、フデリンドウと見分けるのが分かりにくいかも?でもハルリンドウは湿地に生えるので、乾いた場所に生えるフデリンドウと見分けるのは簡単ですね。

イメージ 3

キヨスミミツバツツジが本場で咲き始めていました。雄しべ10本。葉の付け根のうろこのような茶色い部分がネバネバしないのが大切な識別点。

イメージ 4

房総丘陵で3月末に咲いていた赤い花、ハンノキの仲間?でも昨年の実がついていない。何かな?初めて見たけど・・・。
edelweiceさんのブログで「アカシデでは?」とあったので、なるほど!と。

イメージ 5

葉の出るのを待って確認、あ!実も付いていますね!アカシデでした。名前がわかると嬉しいです。edelweiceさん、ありがとう!
アカシデは千葉県のレッドデータブック一般保護(D)、少ない木なんですね。

イメージ 6

この前からあちこちでリスを見かけます。きっとリスも繁殖期で忙しいから、見かける機会が増えるんでしょうね。
うちの人が「良い所に止まったよ!」と教えてくれて、撮ることが出来ました。
サクランボの季節には、仔リスを見ることがあります。みんな頑張れ〜

このところ記事が多くて見て頂く方も大変ではないかと・・・すみません、撮影に忙しくコメントのお返事やご訪問も遅れ気味で・・・。
明後日から雨が降るみたいなので、ちょっとゆっくりできるかなと思います





全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事