ここから本文です

書庫TOP

撮れたてほっかほかの新鮮な画像です。鮮度が落ちたら、それぞれの書庫へ保存いたします。
記事検索
検索
ただいまFc2へお試し移動中です。良かったら見てね!

https://emikocho.blog.fc2.com/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ネジキの花が今年もあちこちで咲いています。どうして今まで気づかなかったのかな?清々しい花です。

イメージ 1
ネジキ

一方こちらは毒々しい赤い実、ドクウツギ。名前も怖いですね。

イメージ 2
ドクウツギ

別名「いちろべ殺し」一粒食べたら甘くて、どんどん食べているうちに苦しみだして死んでしまうとか・・・。

イメージ 5
ヤマガラ幼鳥

つぶらな瞳のヤマガラちゃん、こちらをじっと見ています。

イメージ 6

親が厳しい声でせかすと、逃げて行きました。
人間を初めて見たのかも?

イメージ 3
ムヨウラン(黄花)

ちょっと前だけどムヨウランの花と同じ時期に、黄色いものもありました。毎年黄色い花が咲く場所です。
夕方近かったせいか半開き。改めて昼頃に見に行こうと思いつつそのままに・・・。

イメージ 4
ムヨウラン(黄花)

ムヨウランはたくさん咲きますが、こんな色のはここでしか見たことがないです。
貴重なものだと思います。

また来年会えると良いな♪

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ブログ移行の件ですが、昨夜からFc2に移行手続きをして、
15時間ほどで移行できました。
広告がいやなので300円払ってみたわ〜
良かったら見てくださいね。まだここに行くとは決めていませんけど。

https://emikocho.blog.fc2.com/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

山ではオオルリのさえずりがまた盛んになってきました。二回目の繁殖をするんでしょうか?

イメージ 1

これは4月の画像です。今は葉が茂ってなかなか撮れません。胸からお腹にかけては黒かと思っている人も多いと思うけど、実際は紺色ですね。

だんだん山の中は花が少なくなって、いまはギンレイカくらい。オカトラノオの仲間です。下のほうの実が丸くてかわいいです。

イメージ 2
ギンレイカ

ヤマタニシがいました。タニシやサザエのように蓋があります。カタツムリのように陸で生活する貝ですが、開発されない古い場所でしか見かけません。

イメージ 3
ヤマタニシ

こちらはもう少し里の方にもいるニッポンマイマイ。蓋はありません。

イメージ 6
ニッポンマイマイ

最近はアオモリマイマイなんかも関東でも見られるようになってきているみたい。右巻きのカタツムリを見つけたら殻口の色をよく見ないとね。ピンクだと可能性あるよ〜。



この山のマメヅタランは大丈夫かな?と見に行くと、

イメージ 4
マメヅタラン

沢山咲いていました♪でも木が枯れてきているので、そのうちダメになっちゃうかも。着生ランは生きた木についているものだと思います。

イメージ 5
アミスギタケ

どうしてこんなに綺麗な形になるのかな〜!
面白いね!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

このブログの移転のこと、まだ悩んでいます。アメブロかFC2か・・・。

アメブロのいいところは操作が簡単で、スマホでもアプリでサクサク、楽しいコンテンツもいっぱいですぐに友達出来そう

困ったところは画像が大きいのが貼れない、最大で1090×820pxくらい?
広告が大きい、はずそうとすると月額1008円もかかる!

FC2はコメントも移行できる、大きい画像が貼れる、無料でも広告ほとんど消せる、有料も300円と安い、と良いことずくめ

困ったところは、画像を貼る操作がひと手間かかる、アメブロのように記事に直接ドラッグして入れることなどが出来ない
画像をクリックすると別のタブが開くので見終わってから一つ一つ閉じるのが煩わしい、スマホだと広告が大きすぎて操作性が悪すぎる
拍手するとえげつない広告が出る(これは変更できるようです)

まだまだいろいろと気になることもあって、決めかねています。
とりあえずこの2つのどちらかになるのかな?と思いますが・・・。

アメブロの広告の件も、Fc2の画像のアップデートが面倒なことも、多分やっているうちに慣れて気にならなくなるんでしょうけどね・・・。

実際に移られた方、使い心地はいかがですか?よかったらコメントくださいね♪

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
追記:いまFc2に移動中です。どんな感じなるかな?またご報告させていただきますね。
(レイアウトが変わったのは移動のためです)

雨は上がって雲が多めの朝、さてどうしましょ?このブログの移転をやろうか・・・でもいろんなことを考えていたら頭が痛くなってきたので、やっぱり出かけようっと♪

イメージ 1
シモツケ

抜け道の脇にシモツケが綺麗に咲いていました。いつかこんな花も採られてしまうのかな・・・。

イメージ 2
タヌキ

ちょっと幼い感じのタヌキがいました。何しているのかな?昼間見かけることは珍しいのですが・・・?

イメージ 3

離れたところからそっと見ていると、何かを食べ始めました。クワの実が落ちているんですね。これがお目当てだったようです。

イメージ 4
ノアザミとアカタテハ

この近くの崖にモウセンゴケがあって、昨年は今頃咲いていたと思うんですが、今年はまだつぼみすら見えなくて・・・変な天気だったせいなのかな?

イメージ 5
ネジバナ

ここのネジバナはよく見ると腺毛があります。たくさん蕾が上がっていました。
モウセンゴケの生えるような湿った場所に、ネジバナがあるのも珍しいですね。
花の時期も含めて、ヨウロウネジバナ(仮)との中間的な雰囲気がしました。


イメージ 6
カケス

なかなか撮影できないカケスですが、この時期は子育てで忙しいようで、ちょっとだけ気が緩んでいるようです。

ありがとね!きれいだよ、とっても♪


帰りに道を間違えてうろうろしていたら、愛彩畑という産直野菜のお店があったので寄りました。なかなかオシャレなところで、でっかいズッキーニが2本で100円!変わった野菜もたくさんあってスイーツなんかも美味しそうで店も綺麗で・・・これは良いところを見つけてしまったわ〜。また行こうっと♪
って・・・あれ?行き方がわからないじゃん・・。


アメブロにお引越し♪

このブログじゃないんですが、いちはら里山クラブ公式ブログのほうをアメブロにお引越ししました。
なんだかちょっと面倒で先送りにしていましたが、やってみると簡単で、気分がすっきりしました。初投稿もしてみましたが、ここと同じような感じでできました。

おもに作業日記ですが、こちらもよろしくお願いします。
いちはら里山クラブ公式ブログ(アメブロ)
https://ameblo.jp/ichiharasatoyama


イメージ 1
ウリノキ

葉がウリのような形だからウリの木です。花は小さくて可愛らしいです♪
同じ場所にあったキノコ、ナガエノチャワンタケ?だと思います。

イメージ 2
ナガエノチャワンタケ

獣フンが落ちている近くにはチョウが集まっていました。
ひときわ目立っていたのがコムラサキ。こちらから見ると紫色が見えないのですが、

イメージ 3


角度が変わると綺麗な紫色が・・・!

イメージ 4
コムラサキ

良く動くので紫色が見えたり消えたり・・・なんだかもどかしいような気がするチョウです。久しぶりの出会いでした。

イメージ 5
サシバ

うちの人の運転で国道を走っていると川向うからサシバがふわ~っと飛んできて目の前に舞い降りました。何か捕まえたようです。
「クルマ止めて!」と叫びながら、助手席からあわててカメラを向けると、

イメージ 6

飛び上がったその脚には、ヒガシニホントカゲがガッシリと・・・!

あんな遠くから草むらの中のトカゲが見えているなんて・・・!とびっくりしました。

さ〜て、このブログもそろそろお引越ししないとね!
とりあえず次の雨の日カナ・・・?



この前からハチクマは来ているけど、こんなのしか撮れない〜
遠くヤイロチョウの声も聞こえます。まあ、あれは無理だとしても、はっちゃ〜ん!
もっと近くに来ておくれよ〜!

イメージ 1
ハチクマ

・・・と粘っていると、目の前にアカスジキンカメムシが!

イメージ 2
アカスジキンカメムシ

久しぶりに見ましたよ〜 なぜかゆっくりとポーズをとってくれて、しっかりと写せました。

・・・あっ、きた!ハチクマ?

イメージ 3
ノスリ

あれ?ノスリですよ?千葉でもたまに繁殖することがありますけど、基本的には冬鳥なので、この時期には珍しいです。どうしてかな?

ノスリは近かったけど、これっきりハチクマも出なくてすごすごと・・・。

崖にはテングチョウが沢山いました。20頭はいたかな?(なぜか次の日はいなかったけど・・・。)

イメージ 4
テングチョウ

生まれたての綺麗な個体でした。冬越し個体ばかり見ていたので、テングチョウの美しさに気付かなかったです。

深い森の中には面白い形のキノコが。

イメージ 5
ウスタケの仲間

こういうモミ・ツガ林に出る、柄が肌色のフジウスタケやそのうちの大型のオニウスタケと呼ばれていたものは、分子系統解析によると、再定義が必要だそうです。
(=たくさん集めて遺伝子を調べたら3種類以上あるみたいたし、そもそもオニウスタケは元となったアメリカのものとは違っていたよ、だからこのようなものはきちんと整理して、名前を付け直さないといけないね、ということ)

イメージ 6
ヨウロウネジバナ(仮)

毛がなくて崖に生えるネジバナ、仮称としてヨウロウネジバナと呼んでいるものが、また別の場所で見つかりました。でも1本だけ!

もし見つけても摘んだりしないでね!
いつか正式に発表されると思うから・・・。少なくて貴重なネジバナなんですよ。

自然はまだまだ未知の出来事にあふれています。だから面白いんですね♪






本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事