抜け毛(犬の)の舞い散る我が家にて

うつ病・離婚を乗り越えて再婚、。頑張らないように頑張りながら、ワンズに癒される毎日を送っています

犬達との山歩き

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 前のページ | 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

いいお天気だ!

今回の八ヶ岳旅行では、山歩きと、美味しいお蕎麦を食べる、この二つが希望。

それを、今日一日で、体験したぞ!


まず、山歩き。どこにしようか。ゴールデンウィークでもあるし、人が少ない所を、という事で探したの

が、富士見高原の「編笠山」の散策。

途中の「杯流し」という所まで歩こう、と思ったが、そこから頂上めざす登山道も、途中、標高1900

メートルまで、登った。そこから、まだ頂上まで1時間20分。今日は、散策のつもりだったから、

昼食の準備もしていない。それに、小梅の後脚が、ブルブルふるえているのを見てしまった。


そこで、頂上までは断念して、途中で引き返した。

しかし、標高1900メートルの風は、冷たいと感じるほど爽やか。

人にも、高校生のグループに、一度あったきり。

上りやすい山道。ここは、犬連れや、高齢者の方にお勧めよ。

標高1800メートルを超すあたりから、苔むした岩が見られ、いい感じ。


犬連れでなく、昼食や飲み物の準備も怠りなくしていれば、絶対に頂上をめざしたが・・・

犬連れに無理は禁物よ!(結局、引き返して良かった。結構、私の体力も限界だった。)


山歩きも3時間すれば、結構、汗びっしょり。

帰りは、美味しいお蕎麦やさんめざしてゴー!というか、ヘナヘナ、「私をお蕎麦やさんに連れてって」



待つのが大嫌いは私、二軒のお店をスルーして、たどり着いたのが、コテージにちかい「月舎」。


人気のお店らしいが、結構、回転がよくって、そんなに待たずに、美味しいお蕎麦が食べられ満足。


帰り道、やはりコテージ近くの、前から覗いてみたかった「dog goods EASY」へ。

値段は少々高いが、可愛いものばかりで、ほしい物ばかり。

お金があれば、もう、大変な事になっていただろう。

迷いに迷って、Tシャツにした。





実は、お蕎麦やさんで、すみちゃんと喧嘩。

あ〜、私は、なんと男運がないんだろう、名古屋に帰ったら、こんな男とは別れる!

と、本気で思った。そして、本気で怒った。


そしたら、あの、ケチな、もとい、ケチではなく、お金がない貧乏なすみちゃんが、

「そのTシャツは、お詫びの印ということで」だって!(Tシャツにしては高かったのです)


こんな事で許すのは、女がすたる、と思ったけど、結局、すぐ許した。


なんと、意志薄弱な私!




綺麗な山の空気で、心洗われ、澄んだ心の人間になったはずでは?、あいかわらず、俗っぽい私、

ま、いいか。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 春の湖、ひねもす、ノタリ、のたりかな・・・・

 山の頂上や中腹から見る、浜名湖の湖面は、本当に、のんびり、春の陽の下、ゆったりして・・・・

 しかし、今日は、よく歩いた、10時半から3時半、途中、写真を撮ったり、道を間違えたり、頂上では、お握りを食べ、コーヒーを飲み、そんな事をしながらも、ゆっくり、ゆっくりだが、よく歩いた。

 歩いていると、すぐそばに、色々な鳥の声。春だなぁ。

 最後に、下山した麓の民家のお庭で、本物の、大きなイノシシさんと遭遇。脅かさないように、そっと、立ち去った。

 惠里那、よく、歩いたね、短い脚で!頑張ったね!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 惠里那の手術後1ヶ月検診も済んで、山を歩きたい気持ちは、もう、押さえきれない。

 かといって、余り、惠里那の身体に負担はかけられないので、小一時間で、簡単に上れる山「三森山」に決めた。

 本当は、麓の日本三大山城で有名な「岩村城」から農村風景を楽しみながら歩くのが最高だそうだが、
今日は、登山口のある岩村ダムまで車で一気に行き、ダムの駐車場からすぐの登山口から登った。

 犬との山歩きは、涼しい事、人が極端に少ない所に限る。

 そこにふさわしい所だった。登山口に入ろうとしたら、ご夫婦が、犬2匹を連れて、丁度、登山口から出てみえたのに出会ったのを最後に、誰にも会わなかった。ゆえに、ずーっとノーリードで歩けたのだ。

 岩場が全くない、檜の落ち葉で柔らかい歩きやすい足場の道。小一時間も歩けば、頂上。そこで、お昼。本当に歩きやすいし、檜が多いから、森林浴がバッチリ。

 動物にこそ会わなかったが、鳥のさえずり、そして、木々からの風は、まだ、時折、冷たいと感じる程。頂上では、残念ながら、春霞か、眺望は今一つだったが、とにかく、心も身体も洗われる想い。

 帰りは、ルンルンで、まだ、エネルギーは余っていたから、麓の、女城主で有名な「岩村城址」や資料館を訪れた。日本の歴史には興味のある澄ちゃん、資料館には機嫌良く入ってくれて、ヤレヤレ。

 最後に、岩村町の町並みの中、以前飲んだ日本酒「女城主」は最高の美味しかったので、その酒屋さんに立ち寄った。代々のお雛様が飾ってあり、造り酒屋は、やはり、どこも雰囲気がある。

 山城の岩村城址は、今度、ここだけを、しっかり歩いてみたい所の一つとなった。

 やっぱり、山歩きは、大好きだ。特に、人が少ない、余り、重装備しなくてよい、低い山、手軽にいける山々に、これからも沢山行ってみたい!

 小梅は、とにかく私と同じで、山歩きが大好き。終始、笑顔。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 あるブログに啓発されて、「そうだ!今日は恵里那の病気平癒のお守りをもらいに行こう!」と決心。

 ネットで調べたら、奈良・吉野の吉水寺がいい感じ。境内にペットもOKだし、なにせ世界遺産だし。

 でも、とても遠い、という事で、急遽、犬山の「寂光院」へ。そこからは継鹿尾山登山も出来るし。

 もみじで有名な「寂光院」、シーズンオフだし、朝早く出たので、人が少なくて最高でした。

 ペットのお守りも、4種類ぐらいはありました。境内は山の斜面にあり、なかなか雰囲気がある。なにより犬連れでも、この時期、人が少ないので助かる。

 お寺の裏手より継鹿尾山(つぐおさん)に登りました。といっても、頂上まで20分位で行ける、今日の我々のコンディションにとっては、丁度いい山歩き。

 頂上で、暖かいホットコーヒーとバナナ。頂上からの景色は下に流れる木曽川が綺麗にみえ、やはり山歩きはいいなぁ。

 頂上で行き会ったご夫婦は、槍ヶ岳も何度も登っていらっしゃるベテランで、初心者向けの山情報をお聞きできました。小梅も可愛がってもらって、ご機嫌さん。

 名古屋から近いし、今の時期、朝早いなら、人は少ないし、GOOD SELECTION!

 ペット連れの山歩きは、人が少ない事!余り暑い季節でない事!この2つが重要と、再認識。

 自然は、今の私にとって、最高の贅沢品!小梅も笑顔、いっぱいでした!


 お〜っと、今日の主たる目的は、恵里那の病気平癒祈願のお守りでした。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 楽しい時間の過ぎるのは速いもの。今日は帰る日。

 またまた素晴らしいお天気ゆえ、蓼科経由で帰ることに。

 子供達が小さい頃にお正月を過ごした蓼科の東急リゾートホテルに寄りました。

 暖炉のそばで美味しいコーヒーを頂いて、フロントで犬連れ散策コースのパンフを頂いて、お散歩へ。

 誰も歩いていない新雪の上で、恵里那は野生の生き物のよう。たっぷりお散歩を楽しんで、ビーナスラインから霧ケ峰へ。

 さすが、スキー場が多いだけに、道路の積雪で、スピードは出せません。
 霧が峰のドライブインから、またまた、素晴らしい富士山を見ることが出来ました。

 このドライブインには、他にもたくさん富士山の写真が飾ってありました。白樺湖、蓼科山、八ヶ岳、富士山、南アルプス、北アルプスと、パノラマに拡がる景観は、素晴らしいの一語に尽きます。

 夏の霧ヶ峰もよいけれど、冬化粧した霧ヶ峰が、一番綺麗では・・・。

 それから、岡谷に出て、一路、名古屋へ。雪山歩きと、富士山に恵まれた、楽しい信州旅行でした。

 ワン達も、ご満悦!

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事