全体表示

[ リスト ]

あいのり・新月

イメージ 1

【プロポーズ大作戦】
ドラマは、健(山下智久)が、礼(長澤まさみ)の結婚披露宴に出席している場面から始まります。新郎(藤木直人)の隣で微笑む、あまりにもキレイなウエディングドレス姿の彼女を見て泣きそうになる健。そして新郎新婦の思い出をつづるスライドを見ながら、後悔する。「やり直したい。あの時に戻って…」。と、そこへ「戻してやる」と謎のオッサンが現れ、健はスライドに映った過去へタイムスリップした。健は、礼との人生を変え、新郎の席に座ることができるのか? そんなハラハラドキドキとともに、結婚式に至るまでの7年間に、健と礼に何が起こったのか、その過去が明らかになり、バカバカしくも、ほろ苦く切ない二人の恋物語がリプレイされていく…。という凝った仕掛けで、一味違ったラブストーリーをお届けします!


【あいのり】
#352 最果ての地で・・・ 2007.03.19 O.A.



 なぎさが告白を決意した頃、ISSYはひとり、ホテルの部屋で考え込んでいた。
ISSYの日記“最後になぎさから離れて 妙な違和感を感じた。なぎさとは合流の日も、スウェーデンの角探しも、ノルウェーの登山も、弾いてくれたピアノもどんな時も一緒だった。”
 そして、
ISSY「ちょっといいっすか?」
スタッフ「どうしたの?」
ISSY「まぁそう アレじゃないっすけど まあいろいろ考えて いろいろありましたけど 告白しよっかなって」
 なんだって!
 しかし、なぎさはすでにチケットを受け取っていた。
スタッフ「えっ?えっ?い・・・今か・・・今からってこと?」
ISSY「そうしよう そうします うん」
スタッフ「告白すると」
ISSY「どう どうしたんすか?スゲェ動揺してますけど」
スタッフ「そりゃだって ちょっと待って」
ISSY「ヤバイすか?それ」
スタッフ「はぇ?」
ISSY「今ヤバイ?」
スタッフ「違う違う いや いや いや全然ヤバくないんだけど ちょっ ちょっ ちょっ ちょっと待って ちょっ ちょっ ちょっ ちょっと落ち着こうか」
ISSY「いや俺 落ち着いてますよ だいぶ」
スタッフ「あぁあぁ だって あれだけキレて しかも聞け・・・聞けなければダメって自分で言ってたじゃん」
ISSY「でも あれ解決したんすよ(なぎさが)なんか自分のことで 自分でなんか解決したいことって言ってたから それを聞く必要ないなと思って なんのことか知らないですけど」
スタッフ「ちょっ ちょっ ちょっ ちょっと待って ちょっと待って ちょっと待って ちょっと待って どうしよう・・・」
ISSY「?」
スタッフ「これ どうすりゃいいんだろうなぁ」
AD「なぎさ もうチケット受け取ってますしねぇ」
 悩み抜いた結果・・・
スタッフ「もういいや 連れてっちゃおう」
スタッフ「じゃあ」
ISSY「はい」
スタッフ「行こうか」
ISSY「あ はい」
 とりあえずISSYをなぎさの告白場所へ連れていっちゃうことに。

 そして、
スタッフ「この道をすーっと真っ直ぐ行くとカメラマンさんがいるから」
ISSY「行っていいですか?えっ?(なぎさ)もういんの?あれ えっ?いるじゃんあそこに えっ?俺 チケットもらってない お前ずっといたの? マジで?」
なぎさ「寒い〜」
ISSY「マジむごいね」
なぎさ「寒いよ〜滝です」
ISSY「あぁ滝ですね うん」
 するとISSYが
ISSY「じゃあ ちょっと・・・ たいしたことじゃないんだけど話があってさ」
なぎさ「いやそれちょっと待って それちょっと待って 今日は 今日はなぎさが話をするからそれを聞いてください」
ISSY「おぉ わかったわかった」
なぎさ「はい」
ISSY「まぁじゃあその後でいいや なに?」
なぎさ「えーっとですね うーん あいのりに来た動機っていうのがチャラ男に引っかかることが私多くてですね」
ISSY「だめじゃん」
なぎさ「はい なぎさはすごい本気で好きでつきあってるつもりでも向こうにとっては・・・まぁ 身体だけだったりとか で 何度も何度もそれを改善しようと思ったけどそれが無理で・・・で あいのりに来たのね」
ISSY「うん うん」
なぎさ「旅をしてきて 3ヵ国 こう思い返してみると・・・いつも隣にいたのはISSYで 優しいなぁとか 周りに気を遣えてすごい大人だなぁとか そういう良い部分良い部分がたくさん見えてきてね でも いつも引っかかってたものがあって」
ISSY「うん」
なぎさ「やっぱ その今までの恋愛で うん・・・まぁ 身体だけだったりとか失敗してきたことを同じことをこのままだったら繰り返しちゃうかもしれないって怖くなって・・・一緒にいてもそれが見えてこないから」
ISSY「教えて下さいと?うん わかりました」
なぎさ「最後まで聞いてください」
ISSY「うん うん うん うん うん」
なぎさ「なにか違う行動を起こさなきゃと で・・・しばらく距離を置いてみようと」
ISSY「うん うん うん」
なぎさ「ISSYを避けてみた」
ISSY「お前 試した?」
なぎさ「はい はい」
ISSY「あっそう」
なぎさ「それを見ようとしました」
ISSY「あぁ へぇ〜 あっそう」
なぎさ「なぎさの予想ではね『もうマジこいつ めんどくせぇ!』っつって 離れていくと思ったさ」
ISSY「まいったな・・・」
なぎさ「でも実際は ISSYは何度も何度も『どうした?』って そば来てくれて」
ISSY「うん うん うん」
なぎさ「なぎさはISSYのことが好きだなと」
ISSY「は?ちょっと待って」
なぎさ「で・・・ちょっと待たない ちょっと待たない できたらこれからもISSYの隣で笑っていたいなと思いました はい」
ISSY「俺を試したのは気に入らねぇ」
なぎさ「ごめんなさい」
ISSY「いや いいけど 全然・・・」
なぎさ「これ チケット」
ISSY「あ・・・はい チケット・・・はい これ・・・ちょっと待って いや あの・・・」
なぎさ「で」
ISSY「はい はい はい・・・」
なぎさ「うん うん 一晩 今日一日考えて」
ISSY「あぁ あぁ」
なぎさ「明日の朝」
ISSY「はい」
なぎさ「返事ください」
ISSY「はい」
なぎさ「寒いとこ呼び出して聞いてくれてありがとう」
ISSY「はい はい はい いや あの・・・」
なぎさ「ん?」
ISSY「あっ いや・・・いいや」
なぎあ「うん」
ISSY「うん」
なぎさ「じゃあ また 明日」
ISSY「おう またな おう わかった」
なぎさ「ありがとう」
ISSY「わかった じゃあ また明日」
 告白を終え、なぎさは帰っていった。
ISSY「あれ?なんで?なんで・・・?あれ〜おかしいな こんなはずじゃなかったんだけどな」

 なぎさが告白を終えた後。
スタッフ「なぎさがISSYに告白をしました」
モリケン「おーっほほー!」
グラさん「なぎさがISSYにですか?」
バンビ「なぎさから言ったんや 頑張ったよなって思うよな いっぱい悩んだりしてたけど」
 そして三ちゃんの日記には
三ちゃんの日記“ISSYがいなくなるかもしれん・・・。でもよかった”

 その夜。
 思わぬ形で告白を受けたISSY
ISSY「いや すげぇ 準備いいなーって思ったんですよ(なぎさが)あっもうおるって い行って思って あぁ じゃあなんかチケットないけどまぁ言っちまうかって行ったら向こうが先に『ちょっと待って』って言って あら〜って・・・うん 正直あの・・・なんか うれしかったですね」
 一方なぎさは・・・本当の気持ちが知りたくてISSYを試したなぎさ
なぎさ「ISSYは自分が試されたってことに腹が立ってると思う うん 一緒に帰れないと思う」
 押し寄せる後悔の想い。

 運命の朝・・・。
 どこまでも続く黒い溶岩の大地で迎えた恋の最終章。
 あのワガママだったなぎさがこの日ばかりはテンパっていた。
 後悔のかたまりが押し寄せる。
 なぎさはどんどん不安に包まれていった。
 ラブワゴンでは残されたメンバーたちがなぎさの最後を見守る。
 その時!
モリケン「あ 来たんじゃない?」
 ISSYがやってきた。

 告白がOKならキスして帰国、YESならキスして帰国。
ISSY「おはよう」
なぎさ「おはようございます 昨日伝えた想いが全てです ISSYの全てをここで知ってから気持ちを伝えたかった 一緒に日本に帰りたいです ISSYの返事を聞かせてください」
ISSY「俺 最初スウェーデンに入って 正直恋愛とかそういう感じが全然なかった『俺もう恋愛できそうにないから』まで言って面談で で そのまま3ヵ国目に入って でも ちょっと革命みたいなことを起こしてくれた奴がいて そいつは俺にピアノを弾いてくれて歌ってくれて そこでスゲェ見方が変わった俺の中で だけど・・・やっぱこう様子がおかしいと思ってたから やっぱこう気になるじゃん あの時もうすげぇムカついて けっこうキレて 叫ぶわ 蹴るわ スタッフさんにはあたるわで 超ムカついて けど それでもやっぱ気になったから 俺もなぎさのこと好きだと思う だから一緒に帰りましょう」
バンビ「えっ いやぁ あぁ(フラれたと思ってる)うぅ・・・」
モリケン「OKじゃない!?」
バンビ「えっ?」
ISSY「顔上げろ」
なぎさ「恥ずかしい」
 キス。

メンバー「あー!あー!」
モリケン「おい!」
メンバー「おめでとう」
バンビ「よかったな ホンマに」
なぎさ「よかった」
バンビ「よく頑張ったな」
モリケン「よかったな ダメかと思った お前 しゃがみだすんだもん」
なぎさ「だって引っ張るんだもん こいつ」
モリケン「おーい!もう」
ISSY「三ちゃん 頑張ろうぜ ね!三ちゃん 三ちゃん そんなにそんなに好きか 俺のことが かわいいね かわいいね 三ちゃん」

 別れの時。
なぎさ「じゃあ 閉めます」
バンビ「ありがとうな」
宮ねぇ「じゃあね」
モリケン「またな!」
ISSY「おう!またな!」
グラさん「コノヤロー!」
モリケン「じゃあな!」
なぎさ「バイバーイ!」
メンバー「バイバーイ!」
なぎさ「頑張ってね 旅!」
ISSYの日記“こからはなぎさと 二人三脚でやっていこうと思っています”
なぎさの日記“いつか結婚、そしてあいのりベイビーが産めたらナ♥とか思ってます。”
 地球創生の大地にあいのり39組目のカップルが誕生した。
 ISSY&なぎさ、本当におめでとう。

 ISSY&なぎさと別れ、再び走り出したラブワゴン。
グラさん「えかったな」
モリケン「(キスを)ISSY強引にいったね」
バンビ「ISSY 強引やった」
モリケン「なっ強引やったね あれね」
バンビ「幸せな結末か・・・わぁ ウチも見つけたい 見つけるぞ」
 車窓を流れる景色は黒い大地が果てしなく続いていく。
 まるで、世界の果てへと続いていく道をひた走るかのように。
 そして・・・
メンバー「わー!キャー!」
バンビ「うぉ〜!」
宮ねぇ「怖い!怖い!」
グラさん「俺高いとこ苦手なんだから」
 すると
イーグルさん「アイスランドの旅はここまで」
バンビ「えーっウソーほらやっぱりそうじゃん そうなんですか?」
イーグルさん「ごめんね これで終わりなんだ」
バンビ「えっ?空港ないやんでも」
イーグルさん「ここはあいのり2周目の旅の終わりの場所でもあるんだ」
バンビ「えっ?えっ!?どういうこと?

閉じる コメント(2)

顔アイコン

なぎさが実際に旅した一ヶ月と少しのあいのりの旅の経験をこの先少しでもいかせれればいいですね。ISSYのなぎさを変えるという信念がなぎさに届くでしょうか?2周目 最後のカップルとしてかなり印象深い2人でしたがお幸せにって感じです。3周目にはどんなあいのりドラマが待ってるのか楽しみです。2週間後の新メンバー加入でも注目は三ちゃんですね!!

2007/3/21(水) 午前 8:17 yum*ta*yu* 返信する

告白の返事を聞くときのあの告白がOKならキスして帰国、YESならキスして帰国のテロップには笑えましたwそしてまさか同じタイミングで告白しようとしてたことにはビックリしましたよ。予想通りの結末でしたね〜!!

2007/3/21(水) 午後 4:17 RING 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事