過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

チタンフレーム

イメージ 1

試行錯誤、専用冶具製作が必要になり時間だけが過ぎていった今回のチタンフレーム製作。
溶接自体は、ガスレンズとバックシールドにより問題なく終わりました。
溶接は3パスして冷えるまで待ち、アルゴンガスが2本無くなるほど時間がかかりました。
とにかく硬いチタンは、仕上げもロータリーバーの耐久性を試すように、安いものはすぐに切れなくなりました。
今からお化粧に新潟へ旅たちます。

この記事に

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事