全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

みなさん、こんばんは。

曇天がつづいております。でも湿度はそんなに高くはないので、比較的過ごしやすいですね。

8月は隣の大きな公園から蝉の鳴き声が騒音と感じるくらい聞こえましたが、最近はさすがにもう、聴こえないです。かわりに毎晩、すずむしの鳴き声が響いてます。かなり風流。マンションだけれど、庭があるみたいです。

初のシルバーウィークも終わりましたが、みなさんいかがおすごしになりましたでしょうか?
我が家では旦那さんが火水は出勤でした。私も電車移動はまだ出来ないので、シルバーウィークは全然関係なかったです。
家でひっそりと過ごしておりました。薬のおかげか、そうでないかは分かりませんが、やっと体調が安定してきて(特にめまい)、それを崩さぬように様子をみながら日常生活を送ってます。

さてさて、いつも生理開始後14日以降はPMS(月経前症候群)に悩まされるのですが、今月も例にもれず。パターンが少し読めてきたんですけど。

PMSのはじめの1週間くらいは、頭痛・肩凝りなど筋肉系がしんどくなります。
次の数日はいつもより“不安がり”なかんじになります。
そして直前の数日は、身体全体がだるくて眠く、モヤモヤしてすっきりしない感覚と、下腹部痛があります。

そこでアロマセラピー。

はじめのうちの状態にはクラリセージが効きます。
中間の時期は、オレンジ、ベルガモット、マンダリン、マジョラムなど。
直前の数日には、ローズ。

です!

クラリセージもローズも両方とも、PMSや更年期障害など、女性系のトラブルにはとても有効な精油として有名です。ただ、クラリセージのほうがどちらかというと筋肉系から来ているものに特に有効な気がします。あと、ローズは値段が高いけれど、クラリセージは平均的な価格(笑)

中間の時期に挙げた柑橘系はリラックス(鎮静)と高揚、マジョラムはリラックスと精神強壮の薬理作用があります。身体の不調よりも、精神的に理由も無く不安なかんじがする時には、リラックスさせてくれ、かつ気分を少し上げてくれるのが良いのです☆

そしてローズ。高価なものだけあって、幸福感をもたらしてくれます。女性に人気のローズの香りですが、私は普段はローズはそんなに好きではないんです。なんだか甘った過ぎるように感じる。

でも、生理前だけは別(笑)ティッシュに精油を垂らしたものを枕元に置いて香りを嗅ぐとすごくしっくりきます☆ザワザワしてる感触が、“落ち着く”気がするんですよね。ほえ〜っとリラックスできます。
女性の体温は生理開始とともに通常に戻りますが、それまではいつもより高温。だから地に足がついていなくてフワフワしてる感じがするんですけど。ローズは香りが強く、ミドル〜ベースノートの重たい香りなので、地に足を着かせてくれる、という感覚もあります。

ん〜。香りの様子とその効果を文章で表現するのは難しいですね(笑)
試しに嗅いでもらうのが、一番早いんですけど!

ローズなんて高くて買えないよ〜!という方に裏技を。。
アロマショップでローズ精油をムエット(試香紙)に付けて持ち帰ってください。ローズでしたら、1日〜、長ければ3日くらい香りが持つかもしれません。それを、ここぞという時に使う!

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事