縁処日記

ビタミンB12の栄養補助食品「リブラ」を販売する『縁処』のブログです
イメージ 1
冷たい水が、温かい肌を作る 
 
●血流上昇の秘密は「冷やした後」にある
 
「肌を温めたほうが“ホルモンタンク”を浪費しないというなら、お風呂にじっくりつかって身体を温めればいいのでは?」
 
そう思う人もいるでしょう。
しかし、実は全く反対。
まず、冷たい水を肌に浴びせたほうが、肌の血流を高める効果が大きいのです。
ドイツのフリードリヒ・アレクサンダー大学のエアランゲン=ニュルンベルクが19名を対象に行った研究では、60秒間顔に冷たい水を当てるだけで、脳(中大脳動脈)血流が上がったといいます。
そして、アメリカで手軽な健康法として近年、「コールド・シャワー」という、冷たい水をシャワーに取り入れる方法が注目されています。
これは、なにも夏場のプールのような、冷たい水だけを浴びるものではありません。
冷たい水を浴びたあとで、温かいお湯で体を温めるのです
水のシャワーを10〜20秒浴びたあと、温度を上げて、普通のお湯を浴びる。
あるいはお風呂に入ったときに冷たい水をかけ、そのあと温かい湯船に入ってもいいでしょう。
 
なぜ、冷たい水と温かいお湯を交互に浴びるのか。
冷たい水を浴びると、毛細血管はキュッと締まります。
そのあとで温かいお湯をかけると、血管はパッと開きます。
この意図的に起こす急な変化が、血液中の老廃物を押し流すわけです
よく血圧を測るときに、腕のところをギューッと締め付けます。
その後、巻いたベルトをはずすと血液がサーッと流れます。
このとき、血管からも血管拡張作用のある一酸化窒素(NO)が出されて、血流が増すのです。
2014年には、中国の瀋陽軍区総医院が、肌に冷たい刺激を与えることで一酸化窒素が増えたという研究を発表しています。
こうしたことから、同じことを「冷たい水→温かいお湯」を肌に当てることは有効といえます。
 
●10秒試してもらいたい「顔だけコールド・シャワー」
 
しかし、正直にいえば、こうした冷たい水を使うコールド・シャワーは身体的にも精神的にもつらいものがあります。
気持ちよく実践できないことがストレスになり、“ホルモンタンク”を消費するのは、疲労をいたずらに増やすだけです。
そこで、提案したいのが「顔だけを冷たい水にさらす」というもの。
さすがに全身の効果は得られないものの、それでも一部分に擬似コールド・シャワーをすることで、血流を高めることが期待できます。
たとえば、洗面器に水を張って、そこに顔を10秒ほどつけるだけでもいいでしょう。
あるいは、お風呂やシャワーで、頭だけに水をかけるだけでも十分です。
慣れてきたら、顔に限らず、ふくらはぎや腕などにかけてみましょう
 
ただし、コールド・シャワー全般で気をつけていただきたいのは、高齢の人。
動脈硬化などが起こっていると、血管を広げたり締めたりする反応が遅れてしまうことがあります。
すると心臓が負担に耐えきれず、心筋梗塞などを引き起こしてしまう可能性も生じます。
顔や手足など、身体の一部だけなら問題ないですが、もし全身にコールド・シャワーをする場合は、その点を注意してください。
 
※抗ストレスホルモン(コルチゾール)は、「副腎」という器官から血管を通し、体中に運ばれていきます。
抗ストレスホルモンの貯蔵場所、ここでは“ホルモンタンク“と呼んでいる場所も、その副腎を指しています。
「最高の疲労回復法 より」
 
*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*
 
副腎が疲れている人に圧倒的な足りない栄養素は、ビタミンB群になります。
 
ビタミンB群は、抗ストレスホルモンを合成するときに必要な栄養素です。
そのため、ストレスが多く抗ストレスホルモンを大量に必要とする人などは、体内のビタミンB群が不足しがちになります。
その結果、抗ストレスホルモンが十分につくれなくなり、副腎がますます疲れてしまうのです。
 
また、ビタミンB群は、体を動かすエネルギーをつくりだすためにも必要な栄養素。
私たちの体を構成している細胞には、ミトコンドリアというエネルギー生成工場があり、摂取した食べ物を燃焼させて、「ATP(アデノシン三リン酸)」というエネルギー物質をつくっています。
このATPをつくり出す過程で必要なのがビタミンB群です。
 
ビタミンB群が不足すると、ミトコンドリアでATPが十分につくれなくなる。
ATPが足りなくなると、体がだるくて疲れが取れなくなったり、頭の回転が悪くなってきたりします。
 
からだが疲れやすいのは、エネルギー不足のこともあり、からだにたまった老廃物がうまく代謝されないためでもあります。
ほとんどのビタミンB群は、エネルギーの供給や老廃物の代謝にはたらいています。
いわば元気の素です。
B群は協力しあっていますから、どれが欠けても疲れやすくなります。
したがっていっしょにとるのが効果的です。
 
ビタミンB12について?
ちょっと使える身近な情報をお届けしています!

この記事に

開く コメント(1)[NEW]

イメージ 1
「冷え性」は、疲労蓄積の証拠 
 
●無自覚に進む疲労
 
疲れというのは、肌にダイレクトに現れます。くすみや乾燥など、肌が疲労のサインを出している段階では、それほど疲れを自覚していないことがほとんどです。
 
それは、疲労というよりも、「年をとったなぁ」と加齢のせいにしてしまう人がとても多いからで
 
しかし、もちろん肌の疲労も他の疲労と同じように、“ホルモンタンク”の不足によって起こります。
 
しかも、それは身体疲労や脳疲労よりもずっと初期の段階から現れます。
 
これを放置すると、しだいに体も疲れを感じ、心身の病にもつながっていく可能性は高くなります。
 
そこで肌の疲労の見抜き方ですが、まずわかりやすいのが、疲労の自覚がないのに出てくる「目の下のクマ」
 
クマというのは、毛細血管の流れが悪くなって、皮膚が低酸素状態になることから起こります
 
目の周りは毛細血管が多く、また皮膚が薄いためクマがすぐできてしまうのですが、これが疲れている自覚もないのに出てきたら“ホルモンタンク”の枯渇を疑いましょう。
 
●冷たい肌が示す血流の悪循環
 
もう1つ、チェックポイントとして、「肌が冷たくなる」ということもあります。
 
“ホルモンタンク”の枯渇で「毛細血管が収縮する」ということは、ようするに血のめぐりが悪くなることと同じ。
 
すると酸素や栄養が隅々までいかなくなるので、体温が低下してきます。
 
したがって肌に触ったとき、「冷たい」という感触が起こるようになります。
 
そのまま、放っておくと、代謝に関わる他のホルモンにまで影響が出始めます。
 
代謝を司るホルモンに、甲状腺から分泌される「甲状腺ホルモン」があります。
 
これが適切に分泌されているうちは身体の代謝が高まり、体温は平常に保たれます。
 
この甲状腺ホルモンの分泌を支配しているのは、脳。
 
ですが、“ホルモンタンク”の枯渇で脳の疲れがとれないと、甲状腺ホルモンの分泌も落ちていくわけです
 
結果として、身体の代謝も落ち、体温が下がって、肌が冷たくなります。
 
このような負のサイクルにはまってしまいます。
 
「疲れ」というのは、このように体の隅にまで作用するくらい、影響が大きいのです。
 
※抗ストレスホルモン(コルチゾール)は、「副腎」という器官から血管を通し、体中に運ばれていきます。
抗ストレスホルモンの貯蔵場所、ここでは“ホルモンタンク“と呼んでいる場所も、その副腎を指しています。
「最高の疲労回復法 より」
 
*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*
 
副腎が疲れている人に圧倒的な足りない栄養素は、ビタミンB群になります。
 
ビタミンB群は、抗ストレスホルモンを合成するときに必要な栄養素です。
そのため、ストレスが多く抗ストレスホルモンを大量に必要とする人などは、体内のビタミンB群が不足しがちになります。
その結果、抗ストレスホルモンが十分につくれなくなり、副腎がますます疲れてしまうのです。
 
また、ビタミンB群は、体を動かすエネルギーをつくりだすためにも必要な栄養素。
私たちの体を構成している細胞には、ミトコンドリアというエネルギー生成工場があり、摂取した食べ物を燃焼させて、「ATP(アデノシン三リン酸)」というエネルギー物質をつくっています。
このATPをつくり出す過程で必要なのがビタミンB群です。
 
ビタミンB群が不足すると、ミトコンドリアでATPが十分につくれなくなる。
ATPが足りなくなると、体がだるくて疲れが取れなくなったり、頭の回転が悪くなってきたりします。
 
からだが疲れやすいのは、エネルギー不足のこともあり、からだにたまった老廃物がうまく代謝されないためでもあります。
ほとんどのビタミンB群は、エネルギーの供給や老廃物の代謝にはたらいています。
いわば元気の素です。
B群は協力しあっていますから、どれが欠けても疲れやすくなります。
したがっていっしょにとるのが効果的です。
 
ビタミンB12について?
ちょっと使える身近な情報をお届けしています!

この記事に

開く コメント(1)[NEW]

イメージ 1
“ホルモンタンク”枯渇が毛細血管を曲げる 
 
疲れというのは、肌にダイレクトに現れます。
 
だから“ホルモンタンク”が枯渇し、ストレスをため込んだ結果、身体疲労や脳疲労を起こしていると、ずっと老けて見えてしまうのです。
 
一方で“ホルモンタンク”の貯蔵量をしっかりと維持し、疲労と無縁の生活をしていれば、生活だけでなく肌にハリが生まれ、年齢よりずっと若く見えるようになります。
 
肌のハリはただのアンチエイジングという意味以上に、疲労の蓄積度がわかるバロメーターの役割を果たしているのです。
 
肌の色つやは、医学の世界では「血色」という言葉でよく言われています。
 
血色がいい状態といいのは、毛細血管がしっかり開いていて、血液の流れがいい状態です。
 
ところが疲労がたまってくると、老廃物が血液の中に多くなり、真っすぐの毛細血管が曲がったりしてくるのです。
 
これはBスキャンという専門機器で毛細血管を肌の上から検査するだけで、すぐにわかります。
 
毛細血管が曲がってくると、血管は一部分が太くなったり、また逆に一部細くなったりと、大きく蛇行するようになります
 
すると、血液が滞りやすくなり、次第に血管も茶色く変色してきます。
 
最終的には、皮膚をつくる細胞の1つひとつに、血液を通して運ばれる酸素や栄養が足りなくなり、やがて肌がくすんでくるわけです。
 
“ホルモンタンク”が足りないことは、こうした肌のサインでわかります。
 
●シワは日光のせいだけではない
 
また、余談ですが、シワというのも実は疲労によって起こります。
 
もちろんシワは肌の老化によって生じるものですが、その原因には日光が関係しています。
 
日光はもちろん身体的にも精神的にも健康に欠かせない要素ですが、肌が日光に当ると、紫外線によって活性酸素が生じます。
 
つまり、日光はある意味、肌へのストレスとも言えます。
 
増えた活性酸素を除去するのにも抗ストレスホルモンが使われます
 
これが、“ホルモンタンク”がすっからかんだと、対処できなくなります。
 
そして、肌には活性酸素が残り、やがてシワができる。
 
肌の色つやが悪くなり、くすみやシワができていく……。
 
こんな血液循環の負のスパイラルを生み出すのが、“ホルモンタンク”の枯渇なのです。
 
※抗ストレスホルモン(コルチゾール)は、「副腎」という器官から血管を通し、体中に運ばれていきます。
抗ストレスホルモンの貯蔵場所、ここでは“ホルモンタンク“と呼んでいる場所も、その副腎を指しています。
「最高の疲労回復法 より」
 
*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*
 
副腎が疲れている人に圧倒的な足りない栄養素は、ビタミンB群になります。
 
ビタミンB群は、抗ストレスホルモンを合成するときに必要な栄養素です。
そのため、ストレスが多く抗ストレスホルモンを大量に必要とする人などは、体内のビタミンB群が不足しがちになります。
その結果、抗ストレスホルモンが十分につくれなくなり、副腎がますます疲れてしまうのです。
 
また、ビタミンB群は、体を動かすエネルギーをつくりだすためにも必要な栄養素。
私たちの体を構成している細胞には、ミトコンドリアというエネルギー生成工場があり、摂取した食べ物を燃焼させて、「ATP(アデノシン三リン酸)」というエネルギー物質をつくっています。
このATPをつくり出す過程で必要なのがビタミンB群です。
 
ビタミンB群が不足すると、ミトコンドリアでATPが十分につくれなくなる。
ATPが足りなくなると、体がだるくて疲れが取れなくなったり、頭の回転が悪くなってきたりします。
 
からだが疲れやすいのは、エネルギー不足のこともあり、からだにたまった老廃物がうまく代謝されないためでもあります。
ほとんどのビタミンB群は、エネルギーの供給や老廃物の代謝にはたらいています。
いわば元気の素です。
B群は協力しあっていますから、どれが欠けても疲れやすくなります。
したがっていっしょにとるのが効果的です。
 
ビタミンB12について?
ちょっと使える身近な情報をお届けしています!

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
活性酸素の除去に大活躍 
 
脳疲労の原因の1つに、活性酸素の蓄積があります。
 
活性酸素の除去のために“ホルモンタンク”が使われすぎてしまって、枯渇してしまっているからです。
 
もちろん、これは身体疲労も同じで、症状のひどい人にはビタミンやミネラルなど、まずは活性酸素除去のために、抗酸化物質のサプリメントを飲んでもらいます。
 
そのほかに今、抗酸化力の高い食品として注目されるものに「発芽食品」がります。
 
「発芽」というのは、文字通り芽が出ているということ。
もやしをイメージしていただければいいでしょう。
 
植物の成長過程の中で、発芽した瞬間というのは、もっとも栄養が凝縮しているときです。
 
成長のためにビタミンやミネラルも豊富に含まれるので、ストレスが多い人には、てっとり早くホルモンを生成してくれる、もっとも理想的な自然の食品になるのです。
 
●栄養だらけの「スプラウト」
 
発芽食品で現在、一番いいとされているのは、「ブロッコリー・スプラウト」と「ガーリック・スプラウト」です。
 
最近では、一般的なスーパーでも見かけるようになっています。
 
プロッコ・スプラウトは、見た限りでは「かいわれダイコン」にそっくりの野菜ですが、ブロッコリーに入っている「スルフォラファン」という抗酸化物質が、かいわれダイコンの7倍と言われます。
 
実際、2016年には中国の吉林大学第一医院とアメリカのルイビル大学の共同研究では、ラットに3ヶ月ブロッコリー・スプラウトを与えたところ、心筋症の発生や心臓の酸化ダメージ、そして炎症を抑えたと報告されています。
 
また、ガーリック・スプラウトもガーリックそのものより栄養分が高く、鉄などのミネラルが10倍近くあるといいます。
 
この2つの野菜は、脳疲労だけでなく、身体疲労の対策にもなりますから、ぜひオススメのものです。
 
※抗ストレスホルモン(コルチゾール)は、「副腎」という器官から血管を通し、体中に運ばれていきます。
抗ストレスホルモンの貯蔵場所、ここでは“ホルモンタンク“と呼んでいる場所も、その副腎を指しています。
「最高の疲労回復法 より」
 
*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*
 
副腎が疲れている人に圧倒的な足りない栄養素は、ビタミンB群になります。
 
ビタミンB群は、抗ストレスホルモンを合成するときに必要な栄養素です。
そのため、ストレスが多く抗ストレスホルモンを大量に必要とする人などは、体内のビタミンB群が不足しがちになります。
その結果、抗ストレスホルモンが十分につくれなくなり、副腎がますます疲れてしまうのです。
 
また、ビタミンB群は、体を動かすエネルギーをつくりだすためにも必要な栄養素。
私たちの体を構成している細胞には、ミトコンドリアというエネルギー生成工場があり、摂取した食べ物を燃焼させて、「ATP(アデノシン三リン酸)」というエネルギー物質をつくっています。
このATPをつくり出す過程で必要なのがビタミンB群です。
 
ビタミンB群が不足すると、ミトコンドリアでATPが十分につくれなくなる。
ATPが足りなくなると、体がだるくて疲れが取れなくなったり、頭の回転が悪くなってきたりします。
 
からだが疲れやすいのは、エネルギー不足のこともあり、からだにたまった老廃物がうまく代謝されないためでもあります。
ほとんどのビタミンB群は、エネルギーの供給や老廃物の代謝にはたらいています。
いわば元気の素です。
B群は協力しあっていますから、どれが欠けても疲れやすくなります。
したがっていっしょにとるのが効果的です。
 
ビタミンB12について?
ちょっと使える身近な情報をお届けしています!

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
日本人は水銀で疲労をためている 
 
EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)などの魚に含まれる油も、体にはいいとされているものです。
 
EPAは魚のほか、亜麻仁油やえごま油にも含まれ、血管を拡張し、心臓病の発生率を低くする効果が知られています。
 
DHAは脳の認知機能の一部(記憶力、注意力、判断力、空間認識力)を維持することが報告されています。
 
これらの機能を考えれば、両者とも脳疲労はもちろん、身体疲労にも効果を発揮することは確かです。
 
だから魚というのは、摂取できるタンパク質も含めて、いい食品であることは間違いありません。
 
ただ、気をつけなくてはいけないのは、魚が体内に取り込んでいる「重金属」です。
 
とくに日本人が気にすべきは、知らず知らずに摂取している水銀の毒性です。
 
じつは日本人は他の国の人々にくらべ、体内の水銀が多い傾向にあるというデータがあります。
 
これはマグロなど、日本人が好んで食べる魚に多く含まれるためで、実際自分自身も調べたら、基準値以上の水銀が体内で検出されました。
 
中毒レベルではないにせよ、これを除去するためには“ホルモンタンク”が使われます。
 
●キーワードは「アブラナ科」の野菜
 
そして、水銀を含む重金属を体から取り除くには、薬品を使う場合、かなりお金がかかります。
 
そこで、もっとも手軽に体から重金属を取り除いてくれる食物をご紹介しましょう。
 
それはアブラナ科の野菜です。
 
アブラナ科の野菜とは、代表はブロッコリーとカリフラワー、パセリやセロリ
 
また、一番効果があるのは、エスニック料理や韓国料理で使われる「パクチー」と言われています。
 
メキシコのファレス大学が中心となった研究では、乾燥粉末にしたパクチーで、実験したところ、鉛を排出することかがあると報告しています。
 
クセがあって苦手な人もいるかもしれませんが、抗酸化力も非常に高く、体内の毒をよく排除してくれます。
 
とくに魚料理をよく食べる人は、パクチーやアブラナ科の野菜も一緒に食べるようにするといいでしょう。
 
※抗ストレスホルモン(コルチゾール)は、「副腎」という器官から血管を通し、体中に運ばれていきます。
抗ストレスホルモンの貯蔵場所、ここでは“ホルモンタンク“と呼んでいる場所も、その副腎を指しています。
「最高の疲労回復法 より」
 
*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*
 
寒暖の差、生活の変化が激しい毎日は、私たちの身体にも大きなストレスを与えます。
そんな日々が続くと、自律神経は、その変化に対応しきれなくなって、やがて疲れやめまい、不眠、頭痛といった症状が現れてきます。
自律神経を整えるためには生活リズムを作るとともに栄養面も非常に大切です。
 
からだが疲れやすいのは、エネルギー不足のこともあり、からだにたまった老廃物がうまく代謝されないためでもあります。
ビタミンB1はエネルギーの供給だけでなく、老廃物の代謝にもかかわっています。
1だけではありません。
2、ナイアシンなどのほとんどのビタミンB群は、エネルギーの供給や老廃物の代謝にはたらいています。
いわば元気の素です。
B群は協力しあっていますから、どれが欠けても疲れやすくなります。
したがっていっしょにとるのが効果的です。
 
脳を酷使するときにも、たくさんのビタミンB群が消費されています。
B群は脳の働きに重要な役割を担っているのです。
糖質を分解するB1が不足すると、脳のエネルギーが不足し、とたんに頭が回らない状態になります。
脳の神経伝達物質の合成すべての段階に関わっています。
神経の働きを整えたり、傷んだ神経を補修したり、タンパク質をドーパミンやセロトニンといった神経伝達物質に作り替えるなど、「脳力向上」のためにもB群は欠かすことができないのです。
 
また、アルツハイマー型認知症の患者の脳脊髄中にはビタミンB12が少ないことが確認されています。
ビタミンB12は、脳細胞のタンパクと核酸(DNA)の生合成を司っています。
新しい核酸、タンパク質が生まれ、それによって細胞も新しく生まれ変わり、「こわれた組織、細胞」と「新生の組織、細胞」が入れ替わります。
その結果若さにもつながると考えられます。
ビタミンB12や葉酸の吸収が悪くなると、ホモシステインという老化物質が増え、動脈硬化を生じることもわかっています。
 
ビタミンB12について?
ちょっと使える身近な情報をお届けしています!

この記事に

開く コメント(1)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事